ブログトップ

candy&sarry&・・・

タグ:料理 ( 861 ) タグの人気記事

やっと熱も下がり、何とか復活~(^^;
・・・と言いたいところですが、まだ通常通りというわけにはいかず、咳と鼻水が酷く、高熱が続いたせいか、いや、まともにたべてないせいか、ちょっとフラフラしてます。

そんな時、少しでもまともに何か食べないと・・・と思い、風邪によいと言われる生姜を入れて作った一品。

d0122397_2091097.jpg


生姜には、血流改善や殺菌・消臭作用、免疫力UPといった様々な効果・効能がありますが、生と加熱したものでは成分も異なり、効果・効能も異なってきます。
一般的によく「生姜は身体を温める」と言われるのですが、それは加熱した生姜の場合。生では効果がないどころか、逆に身体を冷やしたりするので、冷え性に人などはご注意くださいね。

加熱した生姜の成分ショウガオールは、がん予防、美容効果も高いです。
冷え性の改善を望むなら、必ず生姜を加熱したものを摂ってください。

また、それに対して、生の生姜の成分ジンゲロールには、解熱・発汗作用、咳止め効果もあり、血行不良による肩こりや頭痛の改善、発熱の際の解熱効果、吐き気の改善等に、より有効に効果を期待できます。
生姜は、からだの内部から熱を送り出して、発汗を促してくれます。汗をかくので、熱を下げる効果もあります。また、生姜には、咳をやわらげる効果もあり、これらの効果から「風邪のときには生姜がいい」と言われるんですよ。

ですので、人それぞれ体調に応じた採り方をすると良いですね。

・・・と、いつになく前置きが長くなりましたが。
今回のレシピでは、風邪対策で生姜は火を止めてから加えてますが、タイトルの「カラダ温まる」効果を期待される方は、火を止める前(水溶き片栗粉を加えるタイミング)に加えてください。

【生姜あんかけ温麺】 1人分

◆材料◆
素麺・・・2束(100g)
マルトモこんかつまる(R)うどんつゆパック・・・1袋(10g)
土生姜(摩り下ろし)・・・耳かき1杯程度
片栗粉・・・小さじ1~1.5(大さじ1の水で溶いておく)
小松菜・・・葉3枚
エリンギ・・・大1/2本
刻みねぎ・・・適量
柚子皮・・・(あれば)適量

※ お好みで、他に鶏肉、海老、卵等を加えても◎

◆作り方◆
① 小松菜は3cm長さに切り、エリンギも食べやすい大きさに切っておく。
d0122397_2044911.jpg

② 素麺は袋の表示よりやや短めに茹で、ザルにあげ水でしめておく。
d0122397_2051280.jpg

③ 鍋に水300ccを入れて火にかけ沸騰させ、うどんつゆパックと小松菜の軸の部分、エリンギを入れる。
d0122397_2062817.jpg

④ 再度沸騰したら、弱火で5分煮出した後、箸で軽くしぼってからうどんつゆパックを取り出す。
小松菜の葉の部分を加え、しんなりしたら、水溶き片栗粉を加えて混ぜる。
d0122397_20142870.jpg

⑤ 再沸騰したら火を止め、生姜を加えて混ぜ、②の素麺を入れた器に加える。
d0122397_21305368.jpg

⑥ あればお好みで、刻みねぎと柚子皮を散らす。
d0122397_20174314.jpg


何だか青々していますが、お気になさらずに(笑)
材料では小松菜は葉3枚としていますが、これは大きな葉を5枚ほど入れてますからね(^^;
具材はお好きなものをお好きなだけ入れてくださって結構です。
私は風邪で食欲がない時に作ったので、これだけですが、あれば鶏肉や海老なんかを入れたり、最後に卵を落として月見にするのもバランスがよくなり、おススメです。

そうそう、生姜以外にも、もうひとつ大事なものが。
そもそもこれがあったから、風邪ひきでも頑張って作ろうと思えたし、ぱぱっと作れたんですから。
今回使用させていただいたマルトモ様の「こんかつまる(R)うどんつゆパック↓

d0122397_21334435.jpg


三角パックで、かつお、昆布の出汁素材に醤油等も入っており、本格的な出汁を採るのと同時に、味付けまで一度に出来てしまうという優れもの。お手軽でとっても使いやすいです。

d0122397_21363947.jpg


風邪をひいたカラダに、生姜の効いたうどんつゆが染みわたりました。。。

マルトモファンサイトファンサイト参加中


***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2017-01-21 14:01 | Cooking | Comments(0)

ファイン様から素敵なサプライズ。「スーパーフード詰め合わせセット」です。

d0122397_231237.jpg


と言っても、もう2か月以上前となる昨年のことで恐縮ですが、ふと気づけば・・・お知らせしそびれてました(><)

d0122397_2316286.jpg


モニターとしていただいた「金のローストキヌア」を使ったレシピにて、「ローストキヌアの梅塩にぎり 」(ブログ記事→、クックパット→)を優秀レシピとして選んでいただきました。

d0122397_23204813.jpg


ファイン様からは
”おにぎりという身近なものにキヌアを取り入れる発想が、すぐに試したくなるレシピで非常に魅力的だと感じました。”
とのコメントをいただくと共に、フェイスブックでもご紹介いただいてます。→

ちなみに、下記も一緒にご紹介いただいてますよ。
 「水茄子の豚肉のっけサラダ」ブログ→、クックパッド→
 「キヌア入りしめじとわかめのスープ」ブログ→、クックパッド→

d0122397_23293361.jpg


ありがとうございますm(_ _)m

ファイン様からはローストキヌア以外にも、本当にたくさんの商品をモニターさせていただいており、今回優秀賞としていただいたものもそうですが、どれもとっても魅力的な商品ばかりで、いつも使うのがとっても楽しみです。

ちなみに、今までのモニター商品は・・・
 ・アサイー&マキベリー→
 ・チアシード→★1★2★3
 ・スープ類→★1★2★3★4★5★6★7

今回のは・・・

「ドライ納豆キナーゼ」は届いてすぐ、そのままポリポリと美味しくってあっという間に完食^^
私の住む関西では(私は好きですが)納豆が苦手な方も多いのですが、そんな方でもこれならとっても食べやすいと思います。

d0122397_234627.jpg


次に「ゴールデンベリー」。
ゴールデンベリーって、”ほおずき”だったんですね。初めて知りました(^^;

d0122397_2348143.jpg


こちらはまずヨーグルトに入れて・・・甘酸っぱくてクセになる味。

d0122397_23531249.jpg


そして、とってもカラダに良さそうな「スピルリナ&乳酸菌x酵素」

d0122397_002590.jpg


最初はシンプルにお水で味見。大麦若葉が入ってるのでやはり青汁っぽい感じですが、スピルリナはもっと、とっても綺麗な青緑色です。裏面の成分にも興味津々。

d0122397_07267.jpg


他に、「タイガーナッツ」と「青みかん&シークワーサー」もあるのですが、実はこちらはまだ開けていません。賞味期限も長いので、あまり一度に全部開けてしまうより、ぼちぼち楽しみたいと思います。また、機会があればご紹介しますね!

ファインのファンサイトファンサイト参加中

***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、今日も↓下記バナーをポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2017-01-11 00:23 | Cooking | Comments(0)

年末年始にかけて、当ブログでの検索率ダントツ上位にきてるのが、柚子関連の記事。
柚子は大好きなので、”丸ごと使い切り”として毎年、ジャムやぽん酢、、料理、パン、ペクチン抽出等、何らかのレシピをUPしてるのですが、参考にしてくださってる方もいらっしゃるようで、作ったよー、美味しくできたよーと言ってもらえたり・・・嬉しい限りです。

d0122397_14404845.jpg


柚子は季節になると、産直等で見かけたら毎年まとめて買ってきます。
そして、ちょこちょことお料理に使ったりするのですが、やはりジャムとぽん酢作りもかかせません。昨年12月初めに作ったジャムは実家にお裾分けしたり、作った直後から食べているのですが、冷蔵庫でねかせてあったぽん酢も、今ちょうど食べごろです(*^-^)

d0122397_1446144.jpg


ポン酢もジャムも、もう何度もレシピUPしてて、基本的な作り方は変わらないものの、毎年その時々で加えるものや分量等が微妙に変わったりしてるので、今回の配合だけ少しご紹介しますね。

まずはジャム。柚子だけで作ったマーマレードも好きなのですが、ミックスジャムにするのも大好きで、今回は柚子と林檎、レモンという組み合わせで♪

d0122397_15351589.jpg


【柚子・林檎・レモンのミックスジャム】 小瓶4本分

◆材料◆
柚子・・・7個(正味量 皮255g)
林檎・・・1/2個(正味量 135g)
レモン果肉・・・大1個分(正味量 110g)
砂糖・・・230g

※ 柚子果汁(100cc)は別にとっておき、ポン酢に使用。

作り方は、こちらを参照→
(但し、今回は茹でこぼしは1回で、柚子果汁を入れず、代わりにレモン果肉を加えてます。)
レモンはこの時(→)と同じ・・・特大のちょっと小ぶりのものを使用してます(笑)

今までにも柚子以外にも色々なジャムのレシピをUPしてますが、ミックスジャムを作る際の失敗しない組み合わせは、柑橘なら柑橘、ベリーならベリーとし、林檎は比較的、何にでも合います。
そして、砂糖は果物の重量の50%を目安として、日持ちやお好みで加減するとよいです。
柑橘系の皮を加える際には苦味があるので、先にそれだけ茹でこぼししてから他のと一緒に砂糖で煮ます。(柚子皮は、苦みが穏やかで、皮自体も柔らかいので、柑橘系のなかでは一番扱いやすいと思います。)
他には、香りづけに洋酒や紅茶等を最後に加えることもあります。

d0122397_15141147.jpg


d0122397_1451357.jpg


そして、恒例の柚子ポン酢。

d0122397_151428100.jpg


【柚子ポン酢】 400cc位

◆材料◆
柚子果汁・・・100cc
米酢・・・50cc
醤油・・・150cc
本みりん・・・100cc
出汁昆布・・・10cm角1枚

作り方は、こちら→

こちらも基本的には毎年同じですが、柚子果汁の量によって、微妙に変化。他の柑橘系の果汁をプラスしたり・・・また果汁に火を通していないため、傷み止めの意味も込めて米酢も加えてます。
醤油も今回は濃口だけですが、薄口をプラスすることもあります。
できてすぐでも食べれますが、冷蔵庫で1か月程ねかせた方がまろやかになって、より美味しいです。

この他にも、柚子は種も利用できるし、ホント、捨てるところがないですよね?!
毎年、柚子仕事、楽しんでます♪ あっ、後は柚子パンも焼かないとね!

とりあえず・・・柚子ミックスジャムでの朝食(^^♪

d0122397_15344352.jpg


00000010_12221915.png



***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2017-01-07 15:40 | Cooking | Comments(0)

三が日も終わり、そろそろお正月気分から抜け出し、通常営業・・・かな?!

それはそうと、この時季は牡蠣が美味しいですよね?!
ただ、今シーズンは例年以上にノロウィルスも流行っており、特に生牡蠣なんかは要注意です!
火を通す場合も中心部が75℃以上になるように気をつけて・・・と言ってもあまり用心しすぎて火を通しすぎても牡蠣が縮んでしまって、残念なことに。その見極めが難しかったりしますよね?

今回はそんな失敗もなく、また保存もきくので、今日は牡蠣の気分じゃないけど、牡蠣が安売りしてる!なんて時にも、少しまとめて買って作り置きしておいてもいいですよ。

d0122397_22213357.jpg


ポイントはただ1つ!!!
牡蠣がぷっくりとパンパンに大きく膨らんだらすぐに火を止め、予熱で中までしっかりと火を通します。そうすることで、中が生だったり、逆に縮んで固くなってしまったりすることを防ぎます。

【牡蠣のオイル漬け】 

◆材料◆
牡蠣・・・100g
◎オリーブオイル・・・100cc
◎唐辛子・・・1本
◎GABANクローブ(ホール)・・・5本
◎GABANローズマリー・・・少々
◎GABANグリーンペパー・・・6~7粒
酒・・・大さじ2
塩・・・小さじ1

◆作り方◆
① 小鍋に水(分量外・100cc位)と酒、塩を入れて火にかけ、沸騰したら牡蠣を加えて茹でる。

② ①が再度沸騰して、牡蠣がぷっくりと膨らんだら火を止め、1分程そのまま置いて蒸らし、ザルにあげて水気を切る。
d0122397_22172151.jpg

③ 唐辛子は半分に切り、中の種を抜き、小瓶に他の◎と共に入れる。
  (辛いのがお好きな方は、唐辛子の種は取り除かなくてOK))
d0122397_22173418.jpg

④ ③に②を加えて、1時間以上おく。
d0122397_22174346.jpg


今回使用したスパイス類は、こちら↓(わさび以外)ですが、これ以外でもOKです。
是非お好みのスパイスで漬け込んでみてくださいね。

d0122397_22251235.jpg


このままの状態で、冷蔵庫で1週間は十分保存できます。
漬けてすぐより、むしろ1日位おいた方が味が馴染んで美味しいです。
但し、保存する場合は、オイルが少なければ足して、牡蠣が必ず全部浸かるようにしてください。
また、冷蔵庫で保管するとオイルが白く固まりますが、食べるときは常温に戻せば美味しくいただけます。

漬け込んで残ったオイルは、パスタや炒め物、サラダドレッシングなんかにも使えますよ。

d0122397_22215738.jpg


すっかり遅くなりましたが・・・この時(→)のです(^^;

パーティーの料理レシピ
パーティーの料理レシピ  スパイスレシピ検索

***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2017-01-04 22:44 | Cooking | Comments(0)

2017年 お正月

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

d0122397_23722100.jpg


実家のお節と白味噌仕立のお雑煮で迎えた朝。
昨年夏から、実家では父母と弟一家が同居を開始し、今年は一段と賑やかなお正月です。

d0122397_2384270.jpg


姪っ子、甥っ子の他に、フェレットも仲間入り。

d0122397_23115394.jpg


先住者のオカメインコも。

d0122397_2313261.jpg


皆で近所の神社に初詣に出かけたり、ゲームをしたり。。。

d0122397_23164065.jpg


夕食は鍋を囲み、今年はプレミアムモルツで乾杯~(^o^)/

d0122397_23203922.jpg

d0122397_23213071.jpg


干支デザイン缶は華やかでかわいらしく、お正月にぴったりですね?!

大切な方にプレミアムな贈りものを ザ・プレミアム・モルツ



00000010_12221915.png




***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2017-01-01 23:27 | その他 | Comments(0)

昨日予告した通り「ザ・ホテル」シリーズ、最後の1つはこちら。

d0122397_23412066.jpg


【アボカドトッピングの焼きカレー】 1人分
d0122397_23125587.jpg
◆材料◆
ザ・ホテル・カレー・・・1箱
雑穀ご飯・・・180g
アボカド・・・1/2個
卵・・・1個
ピザ用チーズ・・・適量


◆作り方◆
① 耐熱容器に雑穀ご飯を入れ、カレーをかける。
d0122397_23154152.jpg

② アボカドをスライスして①にのせ、チーズを散らす。
d0122397_2317506.jpg

③ 真ん中を少し窪ませ、先に卵の白身だけをのせてオーブントースタで焼き、一旦取り出して、黄身ものせて、さらに焼く。
d0122397_23211351.jpg

④ 黄身がお好みの火の通り加減になれば、出来上がり。
d0122397_23441465.jpg


せっかく後のせしたのに・・・ちょっと黄身に火が通りすぎてしまいました(^^;
今回は「ザ・ホテル・カレー」シリーズの中では一番辛い青い箱の「香りの中辛」を使いましたが、お好きなもので作ってみてくださいね。
一番辛いと言っても、このシリーズのカレーは、約6分の1になるまで炒めた玉ねぎとじっくり煮込んだブイヨンで、コクがあるので、どれもそんなに辛くは感じません。

d0122397_23364561.jpg


ちなみに、もう他のカレーはご紹介済ですが、赤い箱の「コクの中辛」はほうれん草と牡蠣フライのカレーに、緑の箱の「まろやか中辛」は茹で野菜たっぷりの彩りカレーに、「ハヤシ」は昨日のひよこちゃんにしましたよ。(その時の記事は★1★2

d0122397_23451145.jpg


「ザ・ホテル」シリーズをアレンジして、いつもとは違う”プチ・贅沢”なひとときを!ということで、どれもワインを添えていただきましたよ(*^-^)
このシリーズをいただくのは2回目(1回目はこちら→)ですが、やっぱりどれも美味しいですね♪



***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2016-12-30 17:00 | Cooking | Comments(0)

昨日で年内の仕事も終わり、年賀状も一気に仕上げて・・・。

で、思い出した! 年内にUPしたい記事があったことを(^^;

d0122397_23571469.jpg


「ザ・ホテル」シリーズは、今月初めに第一弾(→)として2種類だけをUPしたきりで、あとの2つがまだご紹介できてませんでした。
今日はその中の1つで、「ザ・ホテル・ハヤシ」(↓左手前)を使ったもの。

d0122397_024936.jpg


「ザ・ホテル」シリーズは、モニターさせていただくのは今回で2回目になるのですが、1回目はカレーでくまちゃんを作りました。(その時の記事は、こちら→
そのくまちゃんは、ハウス食品様のサイトでも一番にご紹介いただいてます。(こちらです→
今回はその第二弾として、ハヤシでひよこちゃんを作ってみましたよ(^m^)

【ザ・ホテル・ハヤシdeひよこちゃん】 1人分

◆材料◆
ザ・ホテル・ハヤシ・・・1箱
ターメリックライス・・・200g
人参(3mm厚さ輪切り)・・・3枚
アスパラ・・・2本
海苔・・・適量

◆作り方◆
① 人参はハート型で抜いて、塩少々(分量外)を加えた水から茹でる。
d0122397_0175891.jpg

② ①の鍋が沸騰したら、根元の硬い部分を落として、3等分に切ったアスパラも一緒に茹でる。
d0122397_01902.jpg

③ ターメリックライスは、2等分してラップを使って、ひよこ型に握る。
d0122397_016379.jpg

④ ③に人参で作ったくちばしとほっぺ、海苔で作った目をつける。
d0122397_026196.jpg

  ※くちばしは↓この部分を利用。ほっぺも残りで。。。
d0122397_027144.jpg

⑤ ザ・ホテル・ハヤシを箱ごと、レンジで加熱して温める。(箱に書かれた手順通り)
  ※レンジでの加熱方法はこの時にも記載してます→
d0122397_0211955.jpg

d0122397_0275754.jpg

⑥ 大き目のお皿に⑤をあける。
d0122397_0291184.jpg

⑦ ⑥に④のひよこを置く。
d0122397_0295812.jpg

⑧ バランスをみて、茹でた人参とアスパラを並べる。
d0122397_031458.jpg


ターメリックライスは、米2合にバター大さじ1とターメリックパウダー小さじ1/2強を加えて、普通の水加減で、炊飯器で炊いたものです。サフランライスでもいいです。
普通に白いご飯でもいいのですが、ちょっとしたことでとっても贅沢な気分に。。。
ターメリックライスはカレーだけじゃなく、ハヤシにもよく合いますよ。

でも、これ、後から思ったですが、白いご飯もあれば、ひよこ2羽ではなく、1羽は白いご飯でニワトリにして親子にしたら、さらに可愛かったかもぉ~!
来年の干支にちなんで・・・ね。(これが年賀状書いてて思い出した理由だったり^^;) 
よかったら、お試しくださ~い。

この「ザ・ホテル」シリーズは、そのままで十分美味しいのですが、こうして少し手を加えると楽しいし、より美味しくいただけますよね?!
明日はまた残りのもう1種類もご紹介できれば・・・と思います。



***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、今日も↓下記バナーをポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2016-12-29 20:33 | Cooking | Comments(0)

やっぱり年を越してしまうとそのまま埋もれてしまいそうなので・・・
クリスマス当日のプチパーティメニュー。
こちらはランチなので、ノンアルコール(→)で乾杯~です(^^♪

d0122397_21501163.jpg


3日間煮込んだビーフシチューをメインに、オードブルっぽい一皿やパスタ、バケット等。
上の画像には写ってませんが、一応ケーキもありますよ。

d0122397_21523361.jpg


ということで、まずはオードブル風の一皿からご紹介。

d0122397_2233951.jpg


 ・アボカドと玉ねぎのマリネ→
 ・牡蠣のオイル漬け→レシピは後日(年明け?)
 ・ポテトサラダ→イブのマッシュポテトにブロッコリーの軸と星形人参の残骸、スノーマンデコの残りのカニカマを具材として、マヨネーズで和えたもの。サニーレタスとプチトマト、星形人参を添えて。

次は、ドライトマトとエリンギのペペロンチーノ。

d0122397_2211576.jpg


オリーブオイル漬けのドライトマトを細かく刻んで使いました。
オリーブオイル漬けのドライトマトは、ドライトマトを瓶に入れ、ひたひたのオリーブオイルに、ニンニクとローリエ、鷹の爪を加えて1週間以上置いたもの。
このオイルで、刻んだドライトマトとエリンギを炒め、茹で上がったパスタとパスタの茹で汁を少し加えて乳化させ、塩こしょうで味を整えれば、出来上がり!

ビーフシチューのレシピは、また年明けにでもご紹介できれば・・と思います。

d0122397_2302495.jpg


そして、ケーキ。

d0122397_22335178.jpg


こちらはお手軽に市販品を使ってデコしただけです。しかも、その市販品と言うのがパンコーナーに売ってる↓これだったりします。ちょっと甘いけど、案外使えますよ。
サイズも小さめですが、4人くらいなら、これで十分です。

d0122397_22294819.jpg


これを半分にスライスして、砂糖を少し加えて泡立てた生クリームとバナナをはさみ、さらに生クリームをナッペして小粒の苺を散らします。
(中に挟んだバナナは少し余ったので、側面にも貼り付けてます。)

d0122397_22292580.jpg

  
***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2016-12-28 21:48 | Cooking | Comments(0)

もうクリスマスも終わり、一気に年末感が漂ってきましたね。
明日で年内の仕事も終わり、残るは大掃除に年賀状(><)

・・・ですが、こちらはまだクリスマスイブディナーの続きだったり・・・(^^;
せっかくなので、残りのレシピもUPさせてくださいね。

d0122397_20545487.jpg


メインががっつりなので、ガーリックライスには肉類は入れてません。
そして、マッシュポテトのデコなんかに案外時間がとられるので、こちらは炊飯器任せでお手軽に^^

【ガーリックライス】 1.5合分
 
◆材料◆
米・・・1.5合
玉ねぎ(みじん切り)・・・大さじ山盛り1(20g)
人参(みじん切り)・・・大さじ山盛り1
GABAN荒挽ガーリック・・・大さじ1/2
パセリ(フリーズドライ)・・・適量
バター・・・10g
コンソメ(顆粒)・・・小さじ1
塩・・・小さじ1/3~1/2
こしょう・・・適量
酒・・・大さじ2
水・・・270cc

◆作り方◆
① 米を研いで分量の水と酒に浸しておく。

② バターとパセリ以外の材料を加えて軽く混ぜ、普通に炊飯する。
d0122397_20422729.jpg

③ 炊き上がったら、バターとパセリを加えて混ぜ、味をみて塩こしょうで調節する。
d0122397_2042638.jpg


人参、玉ねぎ、ガーリックは、それぞれこんな感じ↓ですが、人参はマッシュポテトのツリーやローストチキンに添えたサラダの、星形に抜いた人参の周りの残骸(笑)を使い、ガーリックはフレッシュなものではなく、いつもお世話になっているGABAN荒挽ガーリックで手間を省略。

d0122397_2045408.jpg


ローストチキンに添えたサラダと言っても、サニーレタスをちぎって、パプリカ(赤・黄)をスライスして、茹でた星形人参を散らしただけです。ガーリックライスはココット型で抜いて、フリーズドライパセリ(これもGABAN様のもの)を散らしました。

d0122397_2152097.jpg


あとは、ポットシチューですが、具材は白菜、里芋、鶏肉と中途半端に残っていたキムチで、適当に作ったクリームシチューに市販のパイシートを被せて230℃のオーブンで鶏肉と一緒に焼きました。(鶏肉を取り出してから、250℃に温度を上げ、さらに5分程焼いてます。)
パイシートを被せる場合、シチューは冷めてからにしてくださいね。

d0122397_21244222.jpg


ちなみに、シチューのレシピは過去にも色々UPしてるのですが、キムチを入れたものや白菜と里芋で作ったものもありましたので、↓こちらは参考までに。。。
 ・キムチクリームシチュー→
 ・白菜と里芋の和風シチュー→ 
  ※ただし、今回のはシチューの素は使っていません。

・・・とイブディナーはこんな感じでした。
実は、まだクリスマスのプチパーティランチもあるのですが、他のモニターもあるし、こちらは年内にUPできるでしょうか?(^^;

***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2016-12-27 21:35 | Cooking | Comments(0)

珍しく朝からブログUP!
昨日の続きで、残りのガーリックライス等のレシピをUPしたいところですが、本日正午締め切りのモニター投稿があるので、今日はそちらを先にご紹介させてくださいね(^^;

d0122397_13204663.jpg


そう・・・今度はクリスマスではなく、お正月!
サントリープレミアムモルツの来年の干支がデザインされた缶。

d0122397_1323345.jpg


こちらに合わせた簡単お料理です。
いつもは脇役のおネギ。カラダを温め、免疫力UP効果もあるので、たくさん食べたいところ。じっくり炒めたネギはとろりと甘く、驚くほど嵩も減って、柚子の香りと共にたくさんいただけます。

【青ネギと豚バラの柚子ポン炒め】 2人分

◆材料◆
青ネギ・・・1束
豚バラ肉・・・100g
花柚子(小)・・・1個
柚子ポン酢・・・大さじ1
胡麻油・・・小さじ1/2
塩・・・適量
こしょう・・・適量

◆作り方◆
① ネギは根がついてれば切り落とし、根元の白い部分は斜め切り、青い部分は3~4cm長さに切る。豚バラも食べやすい大きさに切っておく。
d0122397_1341136.jpg

② 柚子は包丁で黄色い皮の部分を剥いて刻み、半分に切って種を取り除く。
d0122397_1341114.jpg

③ フライパンに胡麻油を熱し、まずネギの白い部分をしんなりするまで炒め、豚バラ肉も加えて炒め、軽く塩こしょうする。
d0122397_13442160.jpg

④ ネギの青い部分も加えて炒め、しんなりしたらポン酢と柚子果汁も絞りながら加えて炒め合わせ火を止める。
d0122397_13475470.jpg

⑤ 皿に盛り、柚子皮を散らす。
d0122397_13482379.jpg


実は以前にも似たようなお料理をUPしてます。(こちら→
今見たら、ちょうど1年程前のやはり同じくプレミアムモルツでした(^^;
似たような内容ですみません(><)
でも、ホント、これはネギが美味しいんですよ! 青ネギ、下仁田ねぎ、九条ネギ・・・関西じゃないと手に入りにくいのかな??? もし、ネギがたくさんあれば、簡単なので是非お試しくださいね。

d0122397_13545293.jpg


クリスマスのお料理もいいけど、こういった和食って、何だかほっとしますよね?!

***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2016-12-26 08:00 | Cooking | Comments(0)