ブログトップ

candy&sarry&・・・

タグ:お菓子 ( 241 ) タグの人気記事

レシピブログさんのくらしのアンテナでご紹介いただきました。(こちらです→

"春風に誘われて、よもぎが新芽を出す季節です。草餅やお団子といった和菓子で食べるイメージが強いよもぎですが、今回は「よもぎ×あんこ」の定番の組み合わせに洋風の要素を加えた和洋折衷なおやつレシピをご紹介します。"ということで・・・

* よもぎのムース →
d0122397_21295653.png


* よもぎのアイスクリーム →
d0122397_22125044.png


なんと、一度に2品も! ありがとうございますm(_ _)m

”和菓子で食べても美味しいよもぎですが、少し加えるだけで定番以外のアレンジおやつを作ることが出来ます。よもぎは糖質を抑える効果もあるので、スイーツに使用するには適した素材です。是非試してみてください♪” と書かれているとおり、ホント よもぎって結構使えるんですよ^^

ご紹介していただいた以外にも、↓こちらもおススメです。

* よもぎのWシュークリーム →
d0122397_22435169.png


* よもぎ味噌のお団子 →
d0122397_22462356.png


スイーツ以外に、お料理にも使えます。

* 万能よもぎ味噌 →
d0122397_22324851.png


* よもぎ味噌アレンジ →
(筍のよもぎ味噌&よもぎ味噌のせふろふき大根)
d0122397_22521792.png

(鱈のよもぎ味噌のせホイル包み焼き)
d0122397_22523086.png

(よもぎドレッシングの生ハムサラダ)
d0122397_22524255.png


* よもぎ和風ジェノベーゼ →
d0122397_22344291.png


今回は、手軽によもぎパウダーを使ったレシピばかりですが、この時季、積んできたフレッシュなよもぎの柔らかい新芽をそのまま天ぷらにしても美味しいですよ。
色々お試しくださいね。

***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2016-04-11 23:01 | Sweets & Bread | Comments(0)

クックパッド様の明治おいしい牛乳<つくれぽ>企画です。
この中(→)から2点作ってみましたよ^^

まず真っ先に作ったのは、「5分で作れるおやつ ミルクフラン 」→

d0122397_0261524.jpg


ほんと、ぱぱっと簡単に5分で出来ちゃいましたよ。
レシピでは仕上げにふりかけるのは粉砂糖だけなんですが、シナモンもプラスしていただきました。
甘さ控えめで素朴なお味。おやつだけでなく、朝食やブランチにもよさそう(^m^)

d0122397_0275160.jpg


そして、お次が「パーフェクトスープ」→

d0122397_031432.jpg


お野菜たっぷりで栄養満点!こちらもとっても簡単にできます。
味付けも塩こしょうのみで、牛乳や野菜本来の甘さが引き立ちます。

d0122397_0322989.jpg


今回は、鮭のホイル包み焼きなんかと共に、夕食の一品としていだだきましたが、こちらもパンを添えて朝食やブランチとしてもいいですね♪

d0122397_0363677.jpg


明治おいしい牛乳は、スーパーで購入し普段からもよく利用させていただいてるものなので、特に目新しさはないけど、その分、安心して利用できますね。

d0122397_043763.jpg


自分でレシピ等色々考えるのも楽しいけど、こうしてプロが考案してくださったレシピを試してみるのも勉強になっていいですね。

ご馳走様でしたぁ(*^ー^)

ちなみに・・・
私のクックパットでのキッチンはこちらです→
ブログでご紹介したものの中から、自分で特に気に入ったレシピ等(自身の記録がてら)、ぼちぼちUPしていってます。
最近さぼり気味なので、また頑張ってUPせねば・・・(^^;

***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2016-03-26 16:30 | Cooking | Comments(0)

先日はアガーで作った水ゼリーのご紹介(こちら→と、こちら→)をしたのですが、今日はゼラチンで作った水ゼリーです。
モニター投稿期日が今日なので、本当にぎりぎり滑り込みで、すみません(^^;

d0122397_23561960.jpg


ゼラチンとアガーの違いって? まずはそこから・・・。
簡単には、ゼラチンは、動物性(コラーゲン)、アガーは植物性(海藻)で、ゼラチンの方が低温で溶けだし、一度溶けると固まりにくく、それに対してアガーは高温で溶けるため、常温でも溶けだすことはありません。また一度溶けても再度固めることができます。
口当たりや食感もそれにより異なり、体温でも溶けるゼラチンは口に含むとすぐに溶けだします。

d0122397_23503829.jpg


ちょうど今回ニッタバイオ様からいただいた冊子に、わかりやすくまとめて書いてくださってますので、そちらを見た方が、一目瞭然ですね!

d0122397_0253343.jpg


コラーゲンのニッタバイオラボファンサイト参加中

では、簡単ではありますが、ゼラチンで作った水ゼリーのレシピです。

【ゼラチンの水ゼリー】

◆材料◆
ゼラチン・・・5g
水・・・300cc

◆作り方◆
① 耐熱容器に水を入れ、レンジで60℃位に加熱する。
② ①にゼラチンをふり入れ、よく混ぜて完全に溶かす。
③ 器に入れて、粗熱がとれたら、冷蔵庫で冷やし固める。

これだけです(^m^)はい。 ねっ?!簡単でしょ?!
アガーは鍋で煮溶かしましたが、ゼラチンは煮沸すると固まりにくくなるので、要注意です。
45℃くらいで溶けるので、まぁーあまり低すぎても完全に溶けきらないのですが、60℃もあれば十分です。

d0122397_06348.jpg


さて、こうして作ったゼラチンの水ゼリー。今回は色々な容器で固めて遊んでみました。

d0122397_23555453.jpg


そして、まずはグラスで固めた水ゼリーが↑top画像になるのですが、水ゼリー入り珈琲フロートにしてみましたよ。

グラスの中の水ゼリーをスプーンでかき混ぜてざっくりと崩し、アイスコーヒーを注ぎ、バニラアイスをトッピングすれば出来上がり(^^♪

↓氷じゃーありませんよぉ~! キラキラして、とっても綺麗(*^o^)

d0122397_23592488.jpg


同じ要領で崩した水ゼリーをグラスに入れて、オレンジジュースを注いだものがこれ↓
飲むゼリーです。

d0122397_021175.jpg


他の容器で固めたものは、そのままアイスとフルーツをトッピングしていただいたり・・・
ゼラチンでゼリーを作る際には、生のトロピカルフルーツ(パイナップル、キウイ等)を入れると固まらないのですが、こうして後乗せならだいじょうぶですよねっ(^ー^)v
     ただ・・・これじゃ、肝心なゼリーが見えてませんが・・・(^^;
ここに、さらにオリーブオイルをたら~りとひとまわししてもGood!

d0122397_0452931.jpg


アガーの時と同じように、黒蜜ときなこをトッピングしても美味しいです。
     こちらもゼリーが・・・見えない(><)

d0122397_064822.jpg


↓これは、自家製の柚子茶をたっぷりトッピングしただけのもの。
これだけでも美味しいんですよぉ~^^

d0122397_073284.jpg

d0122397_074234.jpg


水ゼリーはそれ自体には何の味もついてないので、トッピングや混ぜるものによって、色々な味を楽しむことができます。
人が集まる時なんかにも、水ゼリーは話題性があっていいですし、色々トッピングを用意しておけば、お好みに合わせて味や甘さを調節できていいですよね?!

今までは、ゼラチンにしろ、アガーにしろ、ゼリー自体に何かしら加えて、水だけでゼリーを作ろうなんて思ったこともなかったのですが、実際やってみると、なかなか奥が深く、面白いです(^^♪
皆さんも一度作ってみてはいかがですか? ゼリーの認識が変わりますよ(^m^)
たかが水!と言っても、ゼラチンやアガーの量を調節すれば、固さや食感も自由自在。水だけで作れば、調節もしやすく失敗することもないし、是非お好みの分量を見つけてくださいね!

***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2016-03-18 23:59 | Sweets & Bread | Comments(0)

先日(→)は水ゼリー入りのフルーツポンチをご紹介したのですが、実はあの時の水ゼリーは倍量で作ってまして・・・その同じアガーを使った水ゼリー。残りの半分はこんな風に、黒蜜ときなこをかけていただきましたよ。

d0122397_22551284.jpg


水ゼリー自体のレシピは同じなのですが、おさらいがてらもう一度。。。

【水ゼリー】 2人分

◆材料◆
アガー・・・大さじ1(約6g)
水・・・250cc

きな粉・・・適量
自家製黒蜜・・・適量

◆作り方◆
① 小鍋に水を入れ、アガーを撹拌しながら徐々に加え、よく分散させる。

② 中火でかき混ぜながら、沸騰直前(80~90℃位)まで温めて煮溶かす。

③ 粗熱がとれたら容器に流し入れ、冷やし固める。
 (常温で完全に冷めてから、冷蔵庫に入れて冷やすとよい。)
d0122397_23193717.jpg

④ 容器から取り出し、適当な大きさに切り分けて器に盛る。
d0122397_23214687.jpg

⑤ お好みで黒蜜やきな粉をかけていただく。(きなこには、砂糖を混ぜても。)
d0122397_2322756.jpg


そして、黒蜜は市販品を利用してもいいのですが、水ゼリーを冷やしている間に、こちらも黒糖さえあれば簡単に手作りできますよ。冷蔵庫で1か月ほど保存もできますので、作り置きしても◎

d0122397_23225620.jpg


【自家製黒蜜】 作りやすい最低分量

◆材料◆
黒砂糖(粉末)・・・50g
水・・・50cc

◆作り方◆
① 小鍋に砂糖と水を入れ、よく混ぜて火にかける。

② 沸騰したら中火~弱火にして、アクをとりながら7~8分煮て、冷ます。
d0122397_23232450.jpg


本当はもう少し多めの方が作りやすい・・・というか、アクを取り除きやすいです(^^;
黒砂糖は半量を白砂糖やザラメ糖に代えてもOKです。黒砂糖だけの方がコクはありますが、白砂糖やザラメを混ぜた方がアクが少なく、甘みは強くなります。

水ゼリーは、もう少しアガーの量を増やして作って、細く麺状にカットすれば葛切り風にもできますよ。それに、黒蜜ときなこではなく、三杯酢をかければ、ところてん風にもなります。

水を固めただけの無色透明の「水ゼリー」は、アレンジ次第でどんな風にもできるので楽しいですね♪

d0122397_23403741.jpg


もちろん、使ったアガーは前回と同じニッタバイオラボ様のクールアガーなのですが、ニッタバイオラボ様からはゼラチンも一緒にいただきました。
なので、、時間が許せば今度はゼラチンを使った水ゼリーも作りたいと思っているのですが・・・モニター投稿期日までに間に合うかな?(^^;

d0122397_23312424.jpg


コラーゲンのニッタバイオラボファンサイト参加中

d0122397_025145.jpg


***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2016-03-14 23:00 | Sweets & Bread | Comments(0)

水を固めただけの無色透明の「水ゼリー」をご存じですか?
水ゼリーは、ゼラチンやアガーで作る水分補給ゼリーやダイエットスイーツとして、話題のゼリーです。

d0122397_23224623.jpg


手軽に作れてローカロリーなので、ダイエット中のデザートや、また、冬の水分補給にも「水ゼリー」はぴったりなんですよ。
特に寒い季節は、水がなかなか飲めないですよね。
水とは異なるトロンとなめらかなのど越しを楽しみながら「水ゼリー」で水分補給してみませんか?

d0122397_23232038.jpg


無色透明でとっても綺麗な水ゼリー。
こちらは、コラーゲンの専門店ニッタバイオラボ様のクールアガーで作ったものです。

d0122397_23255997.jpg


粉末タイプのゼリーの素【クールアガー】
海藻から生まれたゼリーの素。
海藻抽出物(カラギーナン)と豆科の種子精製物(ローカストビーンガム)を主成分としたゼリーの素(ゲル化剤)です。
ゼラチンと寒天の長所を併せ持ち、弾力感のある食感とクリアーな透明感が特徴です。ふやかす手間不要、軽く煮るだけ(80度~70度)。
※商品の詳細はコチラ→


でも、やっぱり水を固めただけのゼリーだと味気なく、ちょっと物足りないですよねぇー(^^;
そこで、こんなアレンジを。。。

d0122397_01855100.jpg


【水ゼリー入りフルーツポンチ】 2人分

◆材料◆
クールアガー・・・大さじ1(約6g)
水・・・250cc

りんご・・・1/4個
バナナ・・・1/2本
キーウィ・・・1/2個
フルーツ缶詰(パイン、みかん)・・・小1/2缶
レモン汁・・・適量

※フルーツ缶はシロップも利用、もしくはサイダーでも◎

◆作り方◆
① 小鍋に水を入れ、アガーを撹拌しながら徐々に加え、よく分散させる。
② 中火でかき混ぜながら、沸騰直前(80~90℃位)まで温めて煮溶かす。
③ 粗熱がとれたら容器に流し入れ、冷やし固める。
 (常温で完全に冷めてから、冷蔵庫に入れて冷やすとよい。)
④ 容器から取り出し、適当な大きさに切り分けて、一口大に切ったフルーツ、レモン汁、シロップやサイダーと共に器に盛る。

d0122397_0192039.jpg
d0122397_0192932.jpg


普通、アガーはそれだけではダマになりやすいので、あらかじめ砂糖などの粉末材料と混ぜあわせてから、水に加えるのですが、ニッタバイオラボ様のクールアガーはそれだけでも大丈夫でしたよ。
クールアガーなら、つるんとなめらか、つややかで透明感のある口溶けの良いゼリーができます。

コラーゲンのニッタバイオラボファンサイト参加中

***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2016-03-10 00:35 | Sweets & Bread | Comments(0)

明日はバレンタインデー。
今年は日曜日ということで、職場用の大量生産は結局パスとしようと思っているのですが、やっぱり友チョコ用には少し作ってみましたよ。

昨年、大量生産したカップdeガトーショコラ。
今年も基本は同じものなのですが、チョコっと遊んでみました♪

d0122397_2304439.jpg


まずは基本のガトーショコラを焼いて冷ましたら、溶かしたホワイトチョコを接着剤代わりに、ピンクのチョコペンでハートを作り、ナッツ(アーモンド、クルミ、カシュナッツ)とアラザン、スプレーチョコ、市販のチョコ菓子(小枝)、ミックスゼリー等をトッピング。

d0122397_2314565.jpg


このガトーショコラはクックパット様に方にもUPしているのですが、この2月だけで8件のつくれぽをいただいて、おかげさまで私の中では一番人気のレシピとなっています。
作ってくださった皆さん、本当にありがとうございます。
皆さんのバレンタインのお役に立てたなら、嬉しいです^^



d0122397_23152925.jpg


そうそう、今日は久しぶりに学生時代のお友達が遊びにきてくれて、我が家で女子会ランチでした。また、その様子(作ったもの等)もおいおいUPしますね!
本当は、このケーキもプレゼントしようと思ってたのですが、色々準備してたら、ラッピングまで間に合わず、お友達お持たせのスイーツもあったので、結局出さず仕舞いでした(><)

***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2016-02-13 23:16 | Sweets & Bread | Comments(0)

最近流行りのスーパーフード。
ありがたいことに、当ブログでも色々とモニターさせていただく機会があり、以前にはアマニ、チアシード等、ご紹介させていただいたのですが、今日もそんなスーパーフードの一種です。
(スーパーフードについては、こちらをご覧くださいね→

d0122397_0273730.jpg


世界のヘルシーでユニークなオーガニック食材を扱っておられるブリリアントアース株式会社様からいただいたバオバブパウダー。
バオバブパウダーは、ビタミン、ミネラル、食物繊維、ポリフェノールなどを豊富に含んでおり、抗酸化力に優れ、世界でもっとも栄養価の優れたフルーツの一つとして知られています。美肌、アンチエイジング、ダイエット、健康増進作用と女性に嬉しい効果が盛りだくさん!!!

d0122397_23542760.jpg


星の王子様にも出てくるバオバブの木ってご存知ですか?
地球上に存在する最も大きな樹木ともいわれ、また、アップサイドダウンツリー(上下さかさまの木)として、ユニークな形でも知られています。

d0122397_2355123.jpg


そのバオバブの木になる実は、世界で唯一、木の上で果実が乾燥する果物なのだとか。。。

外側は、ココナッツのような硬い殻に覆われており、約6カ月間太陽に照らされ、木の上になったまま果実は、完全に乾燥します。
そのため、他の自然食品やサプリメントと異なり、製品化する際、スプレードライ、フリーズドライなどの乾燥工程が必要なく、それらの工程により品質が劣化することがありません。


d0122397_0648.jpg


ADUNAバオバブスーパーフルーツパウダーは、セネガル(アフリカ)で自生しているバオバブの実を収穫し、種子を取り除き、ふるいにかけるだけのシンプルな方法で出来上がります。
添加物を一切加えることなく、製造過程において、熱を加えることもありません。
そのため、ADUNAバオバブパウダーは、アフリカの大自然で育った栄養価の高いありのままの状態(ローフード&ホールフード)を維持しています。


グレープフルーツのような甘酸っぱい味で、1日にティースプーンに2杯程度採るのがよいのだとか。 初めての食材に、果たしてどんなものか・・・興味津々な私。

まずは、そのまま指先につけて舐めてみました。
確かに甘酸っぱいお味で、かすかにクセがある感じです。

お次は、おススメされていた簡単な使い方ということで、牛乳に混ぜて飲んでみましたが、う~ん・・・。
とっても粒子の細かいサラサラのパウダーなのですが、牛乳には溶けず、よく混ぜてみたのですが、ダマになってしまいました(^^; そのせいか、やっぱりうまく馴染まず少々粉っぽい感じがします。

d0122397_0214732.jpg


そしてその次は、topの画像にありますように・・・
これもおススメのフルグラと共にヨーグルトに混ぜていただいてみましたが、こちらはなかなかいい感じ♪ わずかなクセもそう気にはなりません。

グリーンモーニング公式ファンサイト参加中

さて・・・後はどうやっていただきましょうか?(^m^)
色々と妄想は膨らんでいるので(・・・というか、既にもう他にも試してみたので)また続きは今度改めてご紹介しますね!

***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2016-02-08 23:59 | Sweets & Bread | Comments(0)

使い切り!柚子活用法として、<その1>ではまず皮の黄色い部分のみお料理用にそぎ取り、果汁でポン酢を作り、種からはペクチンを抽出しました。(→
<その2>では、残った皮の白い部分と内袋で柚子茶を作りました。(→

そして、今回の<その3>では、柚子茶からのジャム(マーマレード)作り。
ジャムは毎年作ってますが、一旦柚子茶を作り、そこからさらにジャムを作るのは初めてです。
柚子茶とジャム(マーマレード)の違いについては前回<その2>で書きましたが、要は火入れをするかしないかなので、柚子茶からのジャム作りとは・・・すなわち、柚子茶に火を入れたら、ジャムになるというわけです(^^;
柚子茶から作ると、火入れの時間をぐっと短縮できますよ。

d0122397_23492585.jpg


本来、柚子ジャムは柚子を丸ごと使って作る方が、断然美味しいに決まってます。
皮の黄色い部分も加えた方が色味も香りもよく、果汁(果実)を加えた方が酸味も加わり風味豊かに仕上がります。
でも、私は欲張りなので、フルブラ(→)に始まり、あれもこれも作りたいということで、たいがいは最終的に残った白い皮と内袋だけで作ることになります。
ですので、正確にはジャムではなく、マーマレードなのですが・・・ね。

d0122397_2350473.jpg


今回はそんなマーマレードですが、2種類作ってみましたよ。
1種類目(↑真ん中とtopの画像)は果汁が入ってない分を、市販のオレンジジュースで補い、もう1種類(↑右端)は紅茶で風味づけしてみました。
前回、柚子茶を作ったときに紅茶に柚子茶を入れて飲んだら美味しかったので、今回は逆に柚子茶に紅茶をいれてみた次第です。
いつもは香りづけの洋酒等も何かしら加えるのですが、既に柚子茶にはフルブラが入っているので、ここでは必要ありません。
そして、前回の柚子茶(↑左端)と違い、こちらは火入れするためアルコール分は飛んでますので、お子様やアルコールの弱い方でも大丈夫です(^ー^)v

【2種の柚子マーマレード】 それぞれ小瓶2本分

◆材料◆
柚子茶(→)・・・800g(400g+400g)
濃いめに淹れた紅茶・・・80cc
100%オレンジジュース・・・80cc
ペクチン抽出液(→)・・・100cc(50cc+50cc)

◆作り方◆
① 鍋を2つ用意し、それぞれ柚子茶を400g、ペクチン抽出液を50ccずつ入れ、一方にはオレンジジュース、もう一方には紅茶を加える。
d0122397_2333488.jpg

② ①を火にかけて弱火で時々かき混ぜ、底が焦げ付かないように15~30分程煮込む。
d0122397_23342434.jpg

③ ②が熱いうちに、清潔な瓶(できれば煮沸消毒したもの)にギリギリいっぱいまで詰める。
d0122397_23331991.jpg

④ フタをして逆さまにし、冷めるまでそのままおく。 
d0122397_23333892.jpg


冷めるとさらにトロミがつくので、かなりゆるいかな?と思うくらいで火を止めても大丈夫です。
瓶に詰める際は、火傷しないように気を付けてくださいね!

d0122397_2359225.jpg


柚子茶は火入れしていない分、マーマレードに比べると柚子のフレッシュ感がありますが、マーマレードは火入れしているので柚子茶より日持ちもし、糖分を減らすこともできます。
(今回は柚子茶から作っているので、柚子茶としては日持ちさせる意味ではもう少し糖分を多くして、逆にマーマレードはもう少し減らしても大丈夫です。)
そのあたりは、お好みでどうぞ。

d0122397_23584537.jpg


柚子茶やマーマレードは、リプトン イエローラベルの紅茶と共に、朝食のパンやヨーグルトに添えて(^^♪
紅茶に入れて飲んでも美味しいですよ。

d0122397_015496.jpg


ひらめき朝食の料理レシピ
ひらめき朝食の料理レシピ


***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2016-01-15 23:59 | Sweets & Bread | Comments(0)

寒くなりましたねぇー。 でも、これで平年並みなのだとか。
お正月もかなり暖かかったので、急に寒くなると平年並みと言えども、やっぱりこたえますね(><)

さて、今日は先日ご紹介しかけた柚子活用法の続きです。
先日は柚子果汁でポン酢を作り、種からはペクチンを抽出しました。
(「柚子活用法<その1>ポン酢とペクチン抽出」はこちら→

今回、残りの柚子皮の白い部分と内袋を使って作ったのは、まずは柚子茶(↓左端)・・・そして柚子ジャム(マーマレード)2種類(↓真ん中と右端)です。
柚子ジャム(マーマレード)は毎年必ず作るのですが、柚子茶を作ったのは、実は初めてだったりします。

d0122397_19561482.jpg


えっ?! 柚子茶と柚子ジャムはどう違うのって?
あまり区別なく、どちらも同じように売ってたりしますが、簡単にいうと、柚子茶は火を入れずに作ったもの、柚子ジャムは火を入れたものといった感じです。そして、マーマレードは皮の部分で作ったジャムというわけ。

d0122397_1958128.jpg


以前に作ったフルブラに漬け込んだ後の柚子&みかん(→)も使って、今回はまずは火入れせず、柚子茶から作ってみました。
火を入れなくても、こんなにとろっとろになるんですよ^^

d0122397_19554186.jpg


【フルブラ入り柚子茶】

◆材料◆
◎柚子皮(白い部分と袋)・・・8個分(400g)
◎フルブラ漬け柚子・・・1個分
◎フルブラ漬けみかん・・・1個分
フルブラ・・・50cc
ザラメ糖・・・400g

◆作り方◆
① ◎を細かく刻み、清潔なフタ付きの保存瓶等に入れ、フルブラとザラメ糖も加えて混ぜる。

② ①を毎日かき混ぜて、3日程おくと出来上がり。

氷砂糖で作れば1週間ほどかかりますが、ザラメ糖なので3日程でOK。
但し、柚子茶にしては糖分が控えめなので、冷蔵庫で保存の上、お早目にどうぞ。
また、火入れをしていないため、フルブラのアルコール分もそのままですので、アルコールに弱い方やお子様はお控えくださいませ。(もしくは、フルブラ抜きで作っても。。。)

d0122397_2165795.jpg


この柚子茶、お湯を入れて飲むのもいいのですが、紅茶に入れても美味しいんですよね?!
フルブラの風味がきいてます(^m^)

そもそも、紅茶にブランデーを少し落としていただくのが好きなので、色々なフルブラを作る度に紅茶に入れて飲んだりしていました。そして、柚子茶も大好き!
だったら、この柚子と蜜柑のフルブラで柚子茶を作って、それを紅茶に入れて飲めば、さらに美味しくなるんじゃないかと。。。

d0122397_2191218.jpg

d0122397_2124634.jpg


底に沈んでるものも、スプーンですくって食べます(^m^)

d0122397_2194971.jpg


朝からこんなスペシャルな紅茶を飲めば、元気でますよぉ~^^
また、ジャムの代わりにパンに塗ったり、ヨーグルトに入れたりしても美味しい♪
(既にこの時にも→ これ、いつ作ったのぉ?って感じですね。随分前の話ですみません。)
但し・・・くれぐれもアルコールの弱い方はご注意くださいませ~^^;

ひらめき朝食の料理レシピ
ひらめき朝食の料理レシピ


***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2016-01-12 21:35 | Sweets & Bread | Comments(0)

一時期流行ったカスピ海ヨーグルト。
うちで手作りされたことがある方もいるのではないでしょうか?
種となるヨーグルトをとりわけ、そこに牛乳を足して常温発酵させて作るもの。
実はいまだに実家ではこの方法で、カスピ海ヨーグルトを作りつづけていて、行った時にはできたものをもらって帰ってきます。
えっ?自分では作らないのか?って(^^; はい・・・以前は作ったこともあるのですが、最近はもっぱら貰ってくるのみ。。。

d0122397_21373212.jpg


そんな私の元に今回届いたものは、カスピ海ヨーグルトではなく、ニュージーランド生まれのEasiYoヨーグルト。
正規輸入代理店のHiro Japan様から届いたヨーグルトの手作りキットです。

d0122397_21352489.jpg


なんとこれ、牛乳がなくても作れるというもの。
ヨーグルトメーカーとヨーグルトの元となるパウダーがセットで送られてきたので、用意するものはお水とお湯だけ!で、すぐ作ることができます。
ちゃんと丁寧な作り方の説明書も同封されています。

d0122397_21371872.jpg


パウダーは色々な種類があるようなのですが、今回届いたのはプレーン・ギリシャヨーグルトタイプのグリーク。

では、早速作ってみましょう!^^
①まずは、ジャー(内部容器)の中に半分くらいまで水を入れ、パウダーを入れます。

d0122397_214559100.jpg


②ジャーのフタをしっかりと閉めて上下によく振って混ぜ合わせ、再度フタを開け一番上の線まで水を足し、もう一度フタをしてよく振ります。

d0122397_2149391.jpg


➂メーカー(外部容器)の赤い調整板の上部まで熱湯を入れ、ジャーを入れます。

d0122397_2153410.jpg

d0122397_21532446.jpg


④メーカーのフタをして、今の時期なら10~14時間静置して、ヨーグルトが固まれば出来上がり♪

d0122397_21571060.jpg


完成したヨーグルトは冷蔵庫で2週間保存できるそうです。

d0122397_21572346.jpg


冷蔵庫で冷やすとさらに少し固まり、まるで生クリームのようで、とっても濃厚。
色もパウダーの時からそうでしたが、普通のものよりクリーム色感が強いです。

自家製の柚子茶を添えていただきました。

d0122397_2203515.jpg

d0122397_22144656.jpg


牛乳も要らないので、パウダーさえ常備しておけば、食べたい時にいつでもすぐ作れていいですね!
今回もたくさんできたので、これでまた何か作ってみたいと思います。

ヒロネットショップ ファンサイトファンサイト参加中

***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2015-12-16 22:11 | Sweets & Bread | Comments(0)