ブログトップ

candy&sarry&・・・

タグ:お菓子 ( 241 ) タグの人気記事

残業だった本日の晩御飯は、昨夜 夜な夜な焼いたチーズケーキと紅茶で・・・(^^;

d0122397_2338587.jpg


ビスケットを砕いて溶かしバターを加えて、型に敷き詰める・・・なんて面倒なことはしません!
極力手間を省いた簡単(・・・と言えば聞こえはいいけど、要は究極の手抜き)チーズケーキ。

【シナモン香る♪チーズケーキ】 15cm丸型 1台分

◆材料◆
クリームチーズ・・・200g
ヨーグルト(無糖)・・・100cc
卵・・・2個
砂糖・・・70g
薄力粉・・・大さじ2
シナモン・・・小さじ1/2~1
オレオ(お好みのビスケット)・・・9枚(ビスケットにより、分量は異なる)

◆作り方◆
① 底の抜ける型に、適当に手で割ったオレオ(ビスケット)をなるべく隙間がないように敷き詰める。
 ※型には、できればクッキングペーパーを敷いておく(その方が取り出しがスムーズ)
d0122397_23414410.jpg

② ボウルにクリームチーズと砂糖、シナモンを入れ、滑らかなクリーム状になるまですり混ぜる。
 ※クリームチーズは常温に戻しておくか、レンジで少し加熱して柔らかくしておくとやりやすい。
d0122397_23421072.jpg

③ ヨーグルト、卵を順に加え、都度、滑らかになるまで泡立器でよく混ぜ合わせる。
d0122397_23441984.jpg

④ 薄力粉を加えて、ゴムべらに持ち替え、さっくりと混ぜ合わせる。
d0122397_2343515.jpg

⑤ ①の型に④を流し入れ、180℃に予熱したオーブンで35~40分程焼く。
 ※途中で様子を見ながら、焦げそうなら170℃に下げる。
d0122397_23464265.jpg

⑥ オーブンから取り出して型のまま冷まし、粗熱がとれたら、そのまま冷蔵庫で一晩おいて、型から取り出す。
d0122397_23511113.jpg


この時(→)のタカナシ乳業様のクリームチーズを使いました。

d0122397_23411218.jpg


タカナシ乳業ファンクラブファンサイト参加中

実は、このチーズケーキ・・・ビスケットを敷き詰める工程だけを省略したのではなく、型にペーパーも敷いてないので、取り出すのもちょっとボロボロに(--; でもまぁー、まだそれはいいとして・・・
さらに、都度よく混ぜる!という肝心なところで手を抜いたので、冷蔵庫から出したての冷たいクリームチーズがちゃんと混ざりきらずにダマだらけだったりします(><)
タカナシ乳業様のクリームチーズ自体が美味しいので、味に間違いはないのですが、せっかく良い材料を使っても、混ぜ方が雑だとやはり口当たりが悪くなってしまいます。
なので、そこのところだけは、くれぐれもお気をつけを・・・>自分(^^;
あっ、ビスケット部分はこの手順でも、全く問題なしですよ!

***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2017-04-21 23:52 | Sweets & Bread | Comments(0)

きんつば(→)の残りの粒あんを使って・・・。
残りというよりも、これが作りたくて(食べたくて)、わざと残したのですが(^^;

d0122397_0161081.jpg


「抹茶あんこティラミス」レシピは、こちら→

タカナシ乳業様から届いた素敵な品々。。。

d0122397_018538.jpg


この中から、今回は「純生クリーム35」と「北海道マスカルポーネ」を使いました。
タカナシ様の乳製品は、説明するまでもなく皆さんご存知の通り、間違いのない美味しさですよね?!

その他の材料ですが・・・
タカナシ様のレシピではカステラを使うのですが、なかったので食パンで代用しました。
そして、カステラだと甘いのですが、食パンは甘くないので、しみこませる抹茶ソースには、玉露園様の加糖タイプの濃いグリーンティを、最後にふりかけるのは月ヶ瀬で購入した粉末煎茶と使い分けました。

d0122397_0335651.jpg


むずかしい工程はなく、混ぜて重ねていくだけ!
だからこそ、マスカルポーネや生クリームそのものの、素材の美味しさが決め手となります。

d0122397_0161081.jpg


トップには、もう少したくさん抹茶(粉末煎茶)をふればよかったですね。
それでも、マスカルポーネと生クリームのクリーミーさに粒あんの甘み、抹茶(粉末緑茶)の苦みが程よくマッチし、思った通りとっても美味しくいただくことができました。

これを作るのに、マスカルポーネは全部使ってしまったのですが、生クリームが半分残ったので、残りの生クリームを使って、次の日の朝食用にフルーツサンドも作りましたよ。

d0122397_043114.jpg


萌え断には程遠く・・・お恥ずかしいのですが(><)
たっぷりの生クリームと共に、苺とバナナ、キーウィをサンドしました。

見かけはどうあれ・・・もちろんこちらも美味しくて食べ応えもあり、大満足でした。

こちらもちょっと迷ったのですが、やはりタカシナ様のレシピで、作ればよかったかな?
タカシナ様のレシピには、他にも素敵なレシピがたくさん掲載されていますので、下記バナーをクリックして、のぞいてみてくださいね^^

タカナシ乳業【ありがとうレシピ】

タカナシ乳業ファンクラブファンサイト参加中

***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2017-04-17 23:53 | Sweets & Bread | Comments(0)

たまには、和菓子なんかを作ってみたくなりました。・・・と言ってもこれ作ったのは、少し前のお話ですがね(^^;
形は少々いびつでも、手作りの粒あんで作ると、やっぱり美味しいですね!

d0122397_21561432.jpg


皮は白玉粉がなかったので、片栗粉で代用してます。

【きんつば】 12個分(1個 4x3x2cm)

◆材料◆
粒あん(自家製)・・・250g
粉寒天・・・小さじ2/3
水・・・80cc
砂糖・・・10g 

<皮>
薄力粉・・・大さじ3
片栗粉・・・大さじ2
水・・・60cc

◆作り方◆
① 鍋に水と粉寒天を入れて火にかけ、木べらで混ぜながら粉寒天を完全に溶かし、砂糖も加えて溶かす。 
d0122397_2152533.jpg

② 粒あんを加えて静かに混ぜ、木べらで鍋底をこすると鍋底が見えるくらいになるまで煮詰める。
d0122397_21524778.jpg
 
③ 水でさっとぬらした流し缶に2を入れて表面を平らにならし、底をポンポンとたたいて中の空気を抜く。
  そのまま半日以上おいて固める。 
d0122397_21531914.jpg

④ 流し缶から取り出し、12等分に切り分ける。 
d0122397_21533956.jpg

⑤ ボウルに薄力粉と片栗粉を入れ、水を少しずつ加えてグルテンを引き出すようによく混ぜ、10分ほど休ませる。 
d0122397_2154448.jpg

⑥ ④の一番広い面に⑤をつけ、180℃に温めたホットプレートで焼き色をつけないように注意しながら焼く。 
d0122397_21544074.jpg

⑦ 同様にして、順に⑤をつけながら6面を焼く。 
d0122397_21554193.jpg


粒あんは予め作っておき、③までも前日にしました。
流し缶はちょうといい大きさのがなくて、本当は4x4cmの正方形にしたかったのですが、ちょっと小ぶりのきんつばです。

d0122397_22121783.jpg


使った流し缶はこれ↓

d0122397_22133565.jpg


キュキュットCLEAR泡スプレーで洗って、ぴっかぴか~(^o^)/

d0122397_22143265.jpg


前回(→)はオレンジの香りでしたが、今回のはグレープフルーツの香り。
どちらも爽やかな香りで、汚れ落ち抜群です。

スポンジフリー!キュキュットCLEAR泡スプレー☆洗いにくいキッチンツールがラクラクキレイ!
スポンジフリー!キュキュットCLEAR泡スプレー☆洗いにくいキッチンツールがラクラクキレイ!


***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。



粒あんのレシピ
[PR]
by candy-sarry | 2017-04-14 21:17 | Sweets & Bread | Comments(0)

大きめのお豆腐1丁(500g)を使って、モニターでいただいたグリーンティもあったので、どうせなら・・・と思い、同時進行で2種類のガトーショコラを作ってみました。順番に混ぜていくだけで、簡単!
バレンタインはもう済んでしまったけど、今からならホワイトデーにでもいかがですか?

d0122397_2314493.jpg

d0122397_2321198.jpg


ミルクチョコをホワイトチョコに、ココアをグリーンティに替えただけで、作り方はどちらも同じです。

【2種類のお豆腐ガトーショコラ】 各パウンド型1本分

<豆腐ガトーショコラ> 

◆材料◆
豆腐・・・250g(水切り後220g)
ミルクチョコ・・・1枚(50g)
純ココア・・・30g
砂糖・・・40~50g
卵・・・1個
薄力粉・・・30g
牛乳(豆乳)・・・大さじ1
ブランデー・・・大さじ1

仕上げ用ココア・・・適量

<抹茶とホワイトチョコの豆腐ガトーショコラ>

◆材料◆
豆腐・・・250g(水切り後220g)
ホワイトチョコ・・・1枚(45g)
濃いグリーンティ(加糖タイプ)・・・45g
砂糖・・・20~30g
卵・・・1個
薄力粉・・・30g
牛乳(豆乳)・・・大さじ1

仕上げ用グリーンティまたは抹茶・・・適量

d0122397_073928.jpg


◆作り方◆
① 水切りした豆腐を裏ごし、泡立て器でクリーム状になるまでよく混ぜる。
d0122397_233833100.jpg

② 刻んだチョコと牛乳を耐熱容器に入れ、レンジで加熱(600w 30秒位)して溶かして混ぜる。(湯煎でも可。)
d0122397_23391653.jpg

③ ①と②、砂糖、卵、(ブランデー)、ココア(グリーンティ)、薄力粉を順に加え、全体がなじむまでよく混ぜる。
d0122397_072236.jpg

④ クッキングペーパーを敷きこんだ型に流し込む。
d0122397_2333281.jpg

⑤ 表面を平らにし、180℃で予熱したオーブンで、30~40分焼く。
d0122397_23331620.jpg

⑥ ペーパーごと型から取り出し、荒熱が取れたらラップに包んで半日~1日冷蔵庫で寝かせる。
d0122397_2333357.jpg

⑦ 茶こしでココア(グリーンティ)をふりかける。
d0122397_23375342.jpg


今回使用したグリーンティは、創業100周年の玉露園様のものです。

d0122397_2314191.jpg


玉露園ファンコミュニティファンサイト参加中

これ、かなり前にいただいてたのですが、すっかりご紹介が遅くなってしまいました(><)
グリーンティは前にもいただいたことがある(こちら→)のですが、今度のはそれよりも「濃い」タイプ。
ちなみに、前のものでは↓こんなものを作ってUPしてます。

 ・抹茶と黒ごまの丸パン→


今回のは、小さめにカットして、実家へも差し入れ(*^-^)↓

d0122397_2331361.jpg


そうそう、実家では姪っ子のために、お雛様が飾られてました。

d0122397_23514551.jpg


実は、この雛人形は私の初節句の時に祖父母が買ってくれたもの。かなりの年代物でございます(^^;
それでもほとんど傷んでなくて・・・父母の保管方法もよいのだと思いますが、やっぱり昔のものはいいですね。
これを見ると、子供の頃、このお道具の引き出しの中に、髪留めやキャンディなんかを入れて遊んでいたのを、懐かしく思い出します。

今日はきっと実家では散らし寿司を作って、姪っ子のお祝いしてたのかな?

d0122397_0192267.jpg


***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2017-03-03 23:24 | Sweets & Bread | Comments(0)

今日はバレンタインでしたね。皆さんは誰かにチョコあげましたか?それともいただいた方?^^
最近ではチョコも女性から男性へあげる(本命or義理)だけでなく、友チョコや自分へのご褒美チョコなんかも主流になってきてるような・・・。それもまた楽しくていいですよね?!

今年は久々の平日ということもあり、職場でお世話になっている方々にちょこっと気持ちだけ・・・。 (画像はそのうちの一部)

d0122397_22563656.jpg


ホントはいつものブラウニー(レシピ→)かガトーショコラ(レシピ →)でも焼く時間があればよかったのですがね。そもそもバターを買い忘れてる時点でアウトでした(--;
結局、昨日ご紹介したチョコ(レシピ→)を大量生産。というか、試作をそのまま配った・・・みたいな(><)

↓メインの材料は(分量も)ほぼ同じで、マシュマロの溶かし具合や、ミントとブランデー(ラム酒)の量を変えたり、形を変えたりして、何パターンか作ってみました。

d0122397_2312812.jpg


↓これはほぼチョコが冷めてからマシュマロを加えて、マシュマロの形がほとんどそのまま残っているもの。ラム酒使用。ざっくりとふんわりした食感の違いが楽しくていいのですが、成形が・・・バラバラになってまとめづら~い(--;

d0122397_2351150.jpg


↓こちらは、チョコが熱いうちにマシュマロを加えて、ほぼ全部溶かしたもの。
ブランデー多め(昨日のレシピの2倍)。 ハート型の製氷皿(シリコン製)に入れて固めました。

d0122397_23135430.jpg


ふと思いついて最後に作ったものなんですが、ちょうどハート型でかわいらしいし、大きさもそろって出来上がりの見栄えもいいかも。何より、やっぱり成形が楽(^^♪ 全部こうすればよかったかな?

d0122397_23282924.jpg


他には、きっとお家に持って帰って、お子様が食べるのではないかと思われる人には、ミントや洋酒を入れないバージョンも作りました。後はドライフルーツを入れたホワイトチョコバージョンも作ろうかと思ったのですが、面倒になってきたので、もういいかと(^^;

d0122397_23501329.jpg


で、参考までに結果。
お好みではありますが、個人的にはマシュマロの形が7割くらい残っているくらいのものが一番、ざっくりとした中にところどころふんわりとした部分もありで、食感的にもバランスがよく、それくらいであればまだ成形もしやすくてよいのではないかと思いました。
マシュマロを加えるタイミング。。。まぁー、どれくらいでも失敗はないのですが、何気に重要ですね。

***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2017-02-14 23:52 | Sweets & Bread | Comments(0)

明日はバレンタイン♪ もうチョコの準備はお済ですか?
遅くなりましたが、先日予告したチョコレシピです。 これなら、今からでも間に合いますよ!

d0122397_0413263.jpg


洋酒と共に、ミントが爽やかに香ります。
このざっくりしたチョコの中身は、(きっと大抵のお家にある)アレだとは、誰も気づかないかも(*^-^ 

【チョコクランチ】  15~20個

◆材料◆
ミルクチョコ(割れチョコ、板チョコ等)・・・120g
カカオニブ・・・30g
マシュマロ(小粒もしくは普通サイズを6等分位に刻んで)・・・30g
パン粉(生パン粉じゃないもの)・・・30g
GABANスペアミント・・・小さじ1~2
お好みの洋酒(ブランデー、ラム酒等)・・・大さじ1
アラザン、カラーシュガー等(飾り用)・・・適量(なくても可)

◆作り方◆
① チョコはざっくりと刻み、耐熱ボウル等に入れ、レンジで加熱して溶かす。(600W 1分30秒~2分)
d0122397_0392585.jpg

② 洋酒を加えて混ぜ、カカオニブ、パン粉、ミントも加えてしっかり混ぜ合わる。
d0122397_0393668.jpg

③ マシュマロも加えて混ぜ合わせる。
d0122397_0394856.jpg

④ 大さじに別のスプーンでぎゅっと押えてまとめ、クッキングシートの上に落とす。
  お好みでアラザンやカラーシュガーを飾り、冷蔵庫で冷やし固める。
d0122397_0395629.jpg


スペアミントはいつものGABAN様のスパイスの中から・・・

d0122397_0535567.jpg


今回は頂き物のカカオニブがあったので、贅沢に使用しましたが・・・

d0122397_045639.jpg


カカオニブを入れなければ、コスパも抜群! 職場等、お配り用の大量生産にはもってこいです。
中に入れるものは、お好みで分量を加減してください。但し、パン粉は減らすのはOKですが、これ以上は増やさないでくださいね。コスパ重視で、既にパン粉はまとまる極限まで増やしてますから。
混ぜた段階では本当にこんなのでまとまるの?って感じで少々まとめづらいかもしれませんが、ぎゅっと押えれば、マシュマロもつなぎの役目を果たしてくれるので大丈夫! (2/14 追記:こちらも参考までにどうぞ→
この分量だと容器にもチョコがつかず(↓こんな感じです)、無駄も少ないし、洗い物も楽ちん(^^♪ お湯で洗えばすぐ落ちますよ。

d0122397_1115360.jpg


また、洋酒とミントを入れずに、お子様の友チョコにもおススメです。
簡単なので、是非お子様と一緒に作ってみてくださいね。

d0122397_0435093.jpg


↓ラッピングはこんな感じに・・・(^^♪

d0122397_22422610.jpg


これまた、100均にある透明の袋やシール、紙ナプキンなんかで簡単にできますよ。
(今回のは紙ナプキンだけが100均ではありませんが・・・^^;)

d0122397_049206.jpg


バレンタインスイーツの料理レシピ
バレンタインスイーツの料理レシピ  スパイスレシピ検索

***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2017-02-13 01:14 | Sweets & Bread | Comments(0)

もうすぐバレンタイン。最近では自分用や友チョコがメインだったりも・・・。
そんな時にも市販のパイシートを使ってお手軽に、こんなのはいかがですか?

バナナとチョコはてっぱん、バナナとシナモンも相性抜群!そんな2つを組み合わせて、美味しくないはずがないですよね?!

d0122397_23573184.jpg


シナモンシュガーは、↓いつものGABAN様のスパイスの中から・・・。

d0122397_0141339.jpg


焼きたてを食べれば、外はさっくさく、中はとろ~と(^^♪
一口サイズで食べやすく、ついつい手がのびちゃいます。

【シナモン風味の一口チョコバナナパイ】 10個分

◆材料◆
パイシート(冷凍)・・・1枚
板チョコ・・・1/2枚位
バナナ・・・小1本
GABANシナモンシュガー・・・適量

◆作り方◆
① パイシートを冷凍庫から取り出し、半解凍状態で5等分してさらに1つを斜めに三角になるように切る。
d0122397_23465151.jpg

② バナナは皮を剥き、10等分に斜め切りにする。チョコは1かけづつ割っておく。
d0122397_23523071.jpg

③ パイシートの三角の広い方の幅が、バナナの幅と同じ位になるように少しのばし、チョコ1かけとバナナ1切をのせ、シナモンシュガーをふりかける。
d0122397_2353375.jpg

④ チョコとバナナが芯になるようにパイシートを巻いて成形する。
d0122397_23554556.jpg

⑤ オーブントースターの皿の上にアルミ箔またはクッキングシートを敷き、④を並べ、シナモンシュガーをふりかける。
d0122397_2355305.jpg

⑥ オーブントースターで12~15分程焼く。(上が焦げそうなら、途中でアルミ箔を被せる。)
d0122397_23561957.jpg


成形した後、溶き卵を塗ってからシナモンシュガーをかけて焼けば、もっと綺麗な艶のある焼き色がつきます。

d0122397_23574391.jpg


焼いてる時は、甘~いとってもいい香りがしますよ♪

バレンタインスイーツの料理レシピ
バレンタインスイーツの料理レシピ  スパイスレシピ検索

***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2017-02-08 23:58 | Sweets & Bread | Comments(0)

今週はまた一段と寒いですねぇー(><) 
先週は暖かいお家の中でずっとゴロゴロしていたので、病み上がりにこの寒さが堪えます。

d0122397_21153878.jpg


これは風邪をひく前に、まだ元気だった休日のブランチにと作ったもの。

d0122397_21212131.jpg


お気に入りのブルーノと義妹に貰ったパンケーキミックスを使って。。。
このパンケーキミックスを使うと、ホントふわっふわにできるのですが、今回は牛乳の代わりにギリシャヨーグルトを入れて焼いてみました。

d0122397_2125717.jpg


ギリシャヨーグルトは、もう当ブログではお馴染みのHiro Japan様のもの。
もう何度かモニターさせていただいてるのですが、今回はヨーグルトメーカーの箱がリニュアルされた?いつもと違いますね!(ちなみに、前回の記事はこちら→
でも、箱だけで、中身のメーカー自体は同じでした。そして、ヨーグルトパウダーもいつもと同じものです。なので、ヨーグルトの作り方ももちろん変わりなし!(詳細はこちら→

d0122397_214212100.jpg


ブルーノ、とってもかわいいんだけど、左右の焼け具合にかなり差があります(苦笑)
なので、途中で真ん中と入れ替えて・・・(↑右下の画像は、右側と中央を入れ替え後。)

d0122397_21462511.jpg


バターとメイプルシロップたっぷりに、シナモンシュガーもふりかけて。。。
みかんとキーウィのスライスを添えて、いただきまぁ~す♪

d0122397_21513121.jpg


ヨーグルト効果でさらにふわふわしっとりに焼きあがりましたよ(^^♪

ヒロネットショップ ファンサイトファンサイト参加中

このプレートもかわいいですよね?! オプションですが、思わず買っちゃいました。
キレイな丸い厚みのあるパンケーキが焼けます。

d0122397_21574515.jpg


また別の日には、バナナで^^

d0122397_21545822.jpg


***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2017-01-24 21:12 | Sweets & Bread | Comments(0)

年末年始にかけて、当ブログでの検索率ダントツ上位にきてるのが、柚子関連の記事。
柚子は大好きなので、”丸ごと使い切り”として毎年、ジャムやぽん酢、、料理、パン、ペクチン抽出等、何らかのレシピをUPしてるのですが、参考にしてくださってる方もいらっしゃるようで、作ったよー、美味しくできたよーと言ってもらえたり・・・嬉しい限りです。

d0122397_14404845.jpg


柚子は季節になると、産直等で見かけたら毎年まとめて買ってきます。
そして、ちょこちょことお料理に使ったりするのですが、やはりジャムとぽん酢作りもかかせません。昨年12月初めに作ったジャムは実家にお裾分けしたり、作った直後から食べているのですが、冷蔵庫でねかせてあったぽん酢も、今ちょうど食べごろです(*^-^)

d0122397_1446144.jpg


ポン酢もジャムも、もう何度もレシピUPしてて、基本的な作り方は変わらないものの、毎年その時々で加えるものや分量等が微妙に変わったりしてるので、今回の配合だけ少しご紹介しますね。

まずはジャム。柚子だけで作ったマーマレードも好きなのですが、ミックスジャムにするのも大好きで、今回は柚子と林檎、レモンという組み合わせで♪

d0122397_15351589.jpg


【柚子・林檎・レモンのミックスジャム】 小瓶4本分

◆材料◆
柚子・・・7個(正味量 皮255g)
林檎・・・1/2個(正味量 135g)
レモン果肉・・・大1個分(正味量 110g)
砂糖・・・230g

※ 柚子果汁(100cc)は別にとっておき、ポン酢に使用。

作り方は、こちらを参照→
(但し、今回は茹でこぼしは1回で、柚子果汁を入れず、代わりにレモン果肉を加えてます。)
レモンはこの時(→)と同じ・・・特大のちょっと小ぶりのものを使用してます(笑)

今までにも柚子以外にも色々なジャムのレシピをUPしてますが、ミックスジャムを作る際の失敗しない組み合わせは、柑橘なら柑橘、ベリーならベリーとし、林檎は比較的、何にでも合います。
そして、砂糖は果物の重量の50%を目安として、日持ちやお好みで加減するとよいです。
柑橘系の皮を加える際には苦味があるので、先にそれだけ茹でこぼししてから他のと一緒に砂糖で煮ます。(柚子皮は、苦みが穏やかで、皮自体も柔らかいので、柑橘系のなかでは一番扱いやすいと思います。)
他には、香りづけに洋酒や紅茶等を最後に加えることもあります。

d0122397_15141147.jpg


d0122397_1451357.jpg


そして、恒例の柚子ポン酢。

d0122397_151428100.jpg


【柚子ポン酢】 400cc位

◆材料◆
柚子果汁・・・100cc
米酢・・・50cc
醤油・・・150cc
本みりん・・・100cc
出汁昆布・・・10cm角1枚

作り方は、こちら→

こちらも基本的には毎年同じですが、柚子果汁の量によって、微妙に変化。他の柑橘系の果汁をプラスしたり・・・また果汁に火を通していないため、傷み止めの意味も込めて米酢も加えてます。
醤油も今回は濃口だけですが、薄口をプラスすることもあります。
できてすぐでも食べれますが、冷蔵庫で1か月程ねかせた方がまろやかになって、より美味しいです。

この他にも、柚子は種も利用できるし、ホント、捨てるところがないですよね?!
毎年、柚子仕事、楽しんでます♪ あっ、後は柚子パンも焼かないとね!

とりあえず・・・柚子ミックスジャムでの朝食(^^♪

d0122397_15344352.jpg


00000010_12221915.png



***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2017-01-07 15:40 | Cooking | Comments(0)

今日は一日中雨でしたね。。。

さて、今日はまた昨日に引き続き、ゼラチンを使ったレシピです。
市販のマシュマロもいいけど、たまには手作りしてみるのもいいですよね!

d0122397_0364170.jpg


口に入れると、しゅわしゅわモチモチな食感が楽しいマシュマロです♪

【抹茶とチョコのマシュマロ】 各16個分

◆材料◆
卵白・・・2個分
砂糖・・・60g
水・・・100cc
ゼラチン・・・10g
抹茶ミルク(加糖)・・・大さじ2 + 仕上げ用(大さじ1)
ココア(加糖)またはミロ・・・大さじ2 + 仕上げ用(大さじ1)
コーンスターチまたは片栗粉・・・大さじ2

◆作り方◆
① 耐熱容器に水を入れ、ゼラチンをふり入れてふやかす。
d0122397_0534993.jpg

② 卵白と砂糖をボウルに入れて、角がたつまでしっかりと泡立てる。
d0122397_0541923.jpg

③ ①をレンジで60℃位まで加熱し、取り出して、ゼラチンを加えて混ぜ、溶かす。

④ ③を2つの器に分け、それぞれ抹茶ミルクとココアを加えて混ぜる。
d0122397_0554763.jpg

⑤ ②も2つのボウルに分け、それぞれに④を加えてさっくりと混ぜ合わせる。
d0122397_0562014.jpg

⑥ バットやタッパー等の容器にラップを敷き、⑤を流し広げて、冷蔵庫で冷やし固める。
d0122397_0564112.jpg

⑦ ⑥をラップごと容器から取り出し、茶こしでそれぞれコーンスターチ大さじ1と抹茶ミルク、ココア各大さじ1を混ぜてふりかける。
d0122397_112981.jpg

⑧ 包丁で適当な大きさ(16等分位)に切り分け、くっつかないように全体に抹茶ミルクとココアをまぶす。
d0122397_114213.jpg

抹茶とココアはもちろん無糖のものでもいいのですが、今回は残っていた加糖タイプのものを消費したくて・・・。 使用したのは↓これです。
お使いのものにより、お砂糖は加減してくださいね!

d0122397_041174.jpg


そして、ゼラチンは昨日と同じ、ニッタバイオ様の「ニューシルバー」(↓右)です。

d0122397_0484627.jpg


コラーゲンのニッタバイオラボファンサイト参加中

***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2016-12-14 00:52 | Sweets & Bread | Comments(0)