ブログトップ

candy&sarry&・・・

昨日、桜の開花が待ち遠しい・・・と書いたところなんですが、今朝、ふと気づけば、桜もうかなり咲いてました! 今週は暖かい日が多かったので、一気に咲いたのかな? それにしても・・・私は一体どこ見てたんでしょうか?(^^;

お天気がよければ今週末はお花見かな?という感じですが、あいにく今日も雨・・・。
週末も雨予報なので、どうなることやら・・・。

d0122397_21453914.jpg


3/14発売のサントリー 新 ザ・プレミアム・モルツ

d0122397_21531469.jpg


ビールと言えば、もう最近ではすっかりプレモル派なのですが、新プレモルは華やかな香りと深いコクと旨味をさらに追求したというだけあって、期待度大!
そして、その期待を裏切ることなく、やっぱりさらに美味しくなってるぅ~♪

d0122397_2204959.jpg


今回は、昨日のミモザサラダや豚肉ともやしのハーブソルトソテーなんかと共にいただきました。

d0122397_2242916.jpg


これからの時期は、ちょうどお花見のお供にもいいですよね?!

大切な人と、プレモルで、素敵に乾杯! SUNTORY×モラタメ



***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
# by candy-sarry | 2017-04-07 22:07 | Cooking

4月に入り暖かくなってきて、桜の開花も待ち遠しい今日この頃。
関東ではもうかなり桜が咲いてるみたいですが、こちら関西ではまだかなぁ~?といった感じ。
そして、今日も少し雨が降っていたのですが、この週末も何だか雨っぽい・・・。

う~ん・・・? せめて気持ちだけでもと思い、春っぽいサラダを作ってみました。

d0122397_078100.jpg


春の花畑をイメージしたサラダです。
茹で卵の黄身をミモザの花に見立てて散らし、蓮根やおくらのお花に、スモークサーモン風味のかまぼこのお花など、色とりどりの花を咲かせました。

【ミモザサラダ】 1人分

◆材料◆
サモかま・・・2本
卵・・・1個
レタス・・・1枚
春キャベツ・・・1/2枚
きゅうり・・・輪切り10枚
おくら・・・1本
蓮根・・・薄切り5枚
さやえんどう・・・3個
プチトマト・・・1個

◆作り方◆
① 小鍋に卵とかぶるくらいの水を入れ、火にかける。
d0122397_015685.jpg

② 蓮根は皮を剥いて2mm位の薄切りにし、穴に沿って、花型になるように切込みを入れる。
  さやえんどうは筋を取る。
d0122397_0151411.jpg

③ ①が沸騰したら、塩少々(分量外)を加え、②も入れてさっと茹で、取り出しておく。
卵はそのまま沸騰してから、10分位茹でる。
d0122397_0144830.jpg

④ レタスは食べやすい大きさにちぎり、キャベツは千切り、きゅうりは輪切りにする。
  トマトはヘタを取り、4等分に切る。
  茹で上がったおくらはヘタをとり、2mm位の輪切りにし、さやえんどうは斜めに2つに切る。 

⑤ サモかまは、長さを3等分に切り、手で開いて、それぞれ4等分に切る。
  それをバラの花の形になるように、緩めに隙間を開けて巻いていく。
d0122397_0203991.jpg

⑥ 卵が茹で上がったら、冷水にとり、皮を剥いて、黄身と白身に分ける。
  白身は粗みじん切りにし、黄身は細かくつぶす。

⑦ 皿にレタス、キャベツ、きゅうり、卵の白身を順に盛り、黄身を散らす。
  オクラ、蓮根、トマトもバランスよく盛り付ける。
  ⑤を飾り、さやえんどうは葉っぱに見立てて、⑤の横に飾る。 
d0122397_08226.jpg


お好みのドレッシングをかけて、どうぞ♪

ところで、↓このオレンジの花、何だかわかりますかぁ?

d0122397_0221925.jpg


使ったのは↓こちらの一正蒲鉾様の「サモかま」
「サモかま」は、スモークサーモン風味のスティック状のかまぼこです、広げてシート状にもなるので多様なアレンジができます。
カニかまは大抵の方がご存知だと思いますが、そのサーモン版といったところでしょうか?

d0122397_023149.jpg


一正様からはモニターとして、この他にも、こんなにたくさんの商品をいただきました。
お題は「わくわくイースター料理」ってことなので、また色々作ってみたいと思います。

d0122397_0275214.jpg


イースターと言えば、卵!ってことで、今回作ったサラダは、卵を使ってみた・・・というわけです。いかがでしたでしょうか?(^^;

いちまさファンサイト参加中

卵を使ったイースターのお料理としては、以前にご紹介したデビルドエッグ(→)なんかもおススメです。この卵の中に細かく刻んだ「サモかま」や「オホーツク」(かにかま)を混ぜ込んでも色あいもキレイだし、いいですよね?!

d0122397_081468.jpg


***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
# by candy-sarry | 2017-04-06 23:45 | Cooking

もういつの間にか、4月ですね! 早いなぁー。
さすがに昼間は暖かくなってきたものの、朝夕はまだまだ寒いですね。桜の開花も例年に比べてると少し遅れてるのかな?  

d0122397_2259192.jpg


さて、今日はそんな春先にもぴったりの、やさしい色合いと味わいのパスタのご紹介です。

生パスタ専門店ポポラマーマ様のポポラマーマホームクッキングシリーズから、生スパゲティ&トマトクリームソースを使って(^^♪

d0122397_225410100.jpg


ポポラマーマホームクッキングシリーズは、「誰でも簡単調理で本格生パスタを食べられる」ように、茹でたパスタに湯煎をしたソースをかけるだけで出来上がるというもの。
それに、ちょっとひと手間アレンジを加えて、おもてなし料理にもいかがですか?

今回は、具材に白菜ときのこ類を加えて、ちょっぴりボリュームUPしてみました。
生パスタはすぐに茹で上がるので、時間配分を考えて、同時にパスタソースを温め、具材の準備をします。

【紅ズワイガニのトマトクリームパスタ】 1人分

◆材料◆
ポポラマーマ 生スパゲティ・・・1袋
ポポラマーマ トマトクリームソース・・・1袋
白菜・・・1枚
しめじ・・・小1/3パック
えのき・・・小1/3袋
ペパーソース・・・適量
パルミジャーノチーズ・・・適量
バジル(ドライ)・・・適量

◆作り方◆
① 大きめの鍋に、生スパゲティを茹でるお湯を沸かす。別の鍋にはパスタソースを温める湯を沸かす。

② えのきとしめじは石突を落とし、えのきは長さを半分に切り、それぞれ手でほぐしておく。

③ ①のお湯が沸いたら、一方の鍋でソースを湯煎で温め、もう一方の鍋では白菜としめじ、えのきを茹でる。
  ※しめじとえのきは柄付のざる等に入れ、取り出しやすくする。白菜は刻まずにそのまま茹でる。
d0122397_2332480.jpg

④ 白菜としめじ、えのきが茹で上がったら、湯はそのままで中身だけ取り出し、その湯で引き続き、生スパゲティをほぐしながら入れ、袋裏面の調理法に従って3分ほど茹でる。
  (パスタソースは、そのまま湯煎しておく。)
d0122397_2335997.jpg

⑤ 茹でた白菜は水気を絞り、食べやすい大きさに切る。しめじとえのきはザルで水気を切っておく。
d0122397_2344135.jpg

⑥ パスタが茹で上がったら、器に盛り、⑤をのせる。
d0122397_236356.jpg

⑦ 温めたパスタソースをかけて、バジルをトッピングすれば出来上がり。
  お好みでパルミジャーノをすりおろし、ペパーソースをかける。
d0122397_236318.jpg


パルミジャーノがなければ、粉チーズでも。
パルミジャーノチーズは、少し高価ですが、あれば断然本格的な味になります。うちでは大きなブロックのものをそのまま保存袋に入れて冷凍保存してます。使うときは冷凍庫から取り出して、そのまま摩り下ろすことができるので、ダメにすることもなく、こういった時にとっても重宝しますよ。

d0122397_2384338.jpg


生パスタはもちもちで美味しくて、一口食べるとトマトクリームソースのやさしい味わいとかにの風味がふわっと口の中に広がります。
白菜ときのこ類もかにの風味を消すこともなく、そんなやさしいトマトクリームソースに溶け込みます。

ポポラマーマ ファンサイト参加中

***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、今日も↓下記バナーをポチっとしていただけたら嬉しいです。


 
[PR]
# by candy-sarry | 2017-04-03 23:16 | Cooking

何だかとっても長いタイトルになってしまいましたが・・・(^^;
(そして、タイトルだけでなく、記事も画像が少なく、文章が若干長めだったりしますが、ご容赦くださいませ。)

さて、本日は・・・と
市販のルゥを使わずに(但し、小麦粉も使ってますが)、スパイスから作るカレーです。クミンライスも添えてみました。
カレーとご飯の両方にクミンだけでなく、ココナッツオイルを使って、甘いエスニックな香りもプラスしています。

d0122397_23194557.jpg


【チキン&ほうれん草のカレーwithクミンライス】  4人分

<カレー>
◆材料◆
鶏モモ肉・・・300g
玉ねぎ・・・大1個
じゃがいも・・・2個
ほうれん草・・・お好きなだけ
カレーパウダー(オリジナルブレンド )・・・大さじ2~3
ガラムマサラ・・・適量
ココナッツオイル・・・大さじ2
梅酒・・・50cc
小麦粉・・・大さじ1.5
◎トマト水煮缶・・・1/2缶(200g)
◎ヨーグルト・・・1/2カップ(100cc)
◎醤油・・・小さじ1
◎ソース・・・小さじ
◎トマトケチャップ・・・大さじ1
◎塩・・・小さじ1/2
◎水・・・1/2カップ(300cc)
 
<クミンライス>
米・・・3合
水・・・540cc
クミン(ホール)・・・大さじ1/2
ココナッツオイル・・・大さじ1

◆作り方◆
<カレー>
① 玉ねぎは皮を剥いて薄切りまたは粗みじん切り、じゃがいもは皮を剥いて一口大に切る。
 鶏肉は一口大に切り、塩こしょう(分量外)しておく。 ほうれん草は茹でて、細かく刻んでおく。

② 厚手の鍋にココナッツオイル(大さじ1)を熱し、中火で鶏肉を皮目から両面、焦げ目がつくまで焼いて一旦取り出す。(中まで火が通ってなくても可)

③ ②の鍋で玉ねぎをしっかりと炒め、じゃがいもも加えてオイルがまわったら、さらに小麦粉とカレーパウダーを加えて炒める。

④ ③に②の鶏肉を戻し入れ、梅酒を加えて混ぜ、沸騰したら◎を加えて、再度沸騰したら弱火にして20~30分程煮込む。

⑤ ガラムマサラとココナッツオイル(大さじ1)を加えて、(足りないようなら)塩で味を整え、最後にほうれん草を加えて、火を止める。

<クミンライス>
① お米を研いで、通常の水加減にして30分程おく。

② フライパンにココナッツオイルとクミンを入れ、弱火でクミンの香りがたつまで炒める。

③ ①に②をオイルごと加えて軽く混ぜ、普通に炊飯する。

④ 炊き上がったら、底からさっくりと混ぜあわせる。

工程画像もなくて、すみませんm(_ _)m

ココナッツオイルは、↓こちらを使用しました。

d0122397_23295282.jpg


トランス脂肪酸0のココナッツオイルは、70%が「中鎖脂肪酸」という、摂取後すぐ エネルギーに変わる成分で、コレステロールフリー。カラダにもやさしいオイルです。
香りは優しいココナッツですがオイルに味はなく、マイルドでお料理の調理油にもぴったりなので簡単に取り入れることができます。

BeGarden~ビー・ガーデン~ファンサイト参加中

ちなみに、今までにもココナッツオイルを使ったレシピは何度かご紹介しています。

 ・ひじきの煮物~ココナッツジンジャー風味~ →
 ・かぼちゃのワイン煮~ココナッツ風味~ →
 ・かぼちゃのポットシチュー→
 ・ごぼうと人参のエスニック塩きんぴら →
 ・きんぴらごぼう→ 
 ・蓮根のカレー風味きんぴら →
 ・ゼラチン不要!濃厚! ココナッツ香る♪ バナナヨーグルトムース→
 ・ゼラチン不要!濃厚!ミロバナナムース→
 ・タイガーナッツxココナッツオイルdeフォンダンショコラ→
 ・蜂蜜漬けナッツとバナナのフレンチトースト →

こうして書き出すと、結構ありますね。

また、カレーパウダーは、9種類のスパイス(クミン1、ターメリック1、コリアンダ1、カルダモン1/2、フェヌグリーク1/2、レッドペパー1/4、ガーリック1/4、ジンジャー1/4、シナモン1/4)をブレンド。
配合については、もう何度もご紹介してますが、その時々にあるスパイスや気分で異なります。
私自身、まだ「これっ!」という配合を見つけられていないのですが・・・とりあえずは、参考までに。以前のスパイスセミナー記事などどうぞ →

そうそう、スパイスと言えば、本日、レシピブログさんより嬉しいお知らせがありました。
2017年度のスパイス大使に選んでいただけたとのことで、4月からの1年間活動させていただきます。ますます当ブログでスパイスに関する記事が増えることかと思いますが、どうぞよろしくお付き合いくださいませ。

・・・と、話が少し脱線してしまいましたが、本日のカレーに戻って。。。

これ、画像ではわかりませんが、実はとっても激辛~!だったりします。
ホント辛いのなんのって・・・調子にのって、(上記の配合よりも)少々(かなり?)レッドペパーを入れすぎてしまいました(><) 

なので、苦肉の策で、次の日にはこんなアレンジも。

d0122397_013774.jpg


ご飯にカレーを混ぜて、ピザ用チーズをトッピングし、真ん中を少しくぼませて卵を割り入れます。
黄身が破裂しないように、爪楊枝で3~4カ所穴をあけ、レンジで、チーズが溶けて卵の白身に火が通るまで加熱します。白身だけ火が通って、黄身はほぼ生の状態がベスト!彩りにパセリ(ドライ)をトッピングすれば、出来上がり♪
激辛カレーがマイルドになって、食べやす~い(^o^)/

d0122397_032614.jpg


どうぞ、皆さんはお気を付けくださいね。何事も控えめが肝心です(><)

***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
# by candy-sarry | 2017-03-31 00:14 | Cooking

朝から甘いものも平気な私。最後は甘~いスイーツ仕立てのクリスケットで(^^♪

d0122397_2216062.jpg


【スイーツ仕立て☆自家製苺ソースのクリスケット】 1人分

◆材料◆
クリスケット・・・1個
クリームチーズ・・・30g
自家製苺ソース・・・適量
バナナ・・・1/3~1/2本
シナモンパウダー・・・適量

◆作り方◆
① クリスケットは上下2つに割り、オーブントースタで軽く温める。(1000wで1分程度)
d0122397_22252095.jpg

② 下側のクリスケットにクリームチーズをのせ、苺ソースをかけ、星形(または花形)に抜いたバナナを散らす。
d0122397_2224182.jpg

③ シナモンパウダーをふりかけ、クリスケットの上側をのせる。
d0122397_22242938.jpg


小粒の苺をことこと炊いて作った苺ソース♪
苺は形を残したまま、ほとんどペクチンを加えてないので、ジャムというよりソース?さらさらな仕上がりです。

d0122397_22283039.jpg


こちらも簡単にかいておくと・・・

◆材料◆
苺(小粒)・・・2/3パック(120g)
砂糖・・・60g
レモン・・・薄切り4~5枚(特大2枚)
ブランデー・・・大さじ1

◆作り方◆
① 苺は洗ってヘタをとり、大きければ半分に切って鍋に入れ、砂糖をふりかける。
② ブランデーを加え、レモンの輪切りをのせて、弱火で炊く。
③ お好みの加減になったら、レモンを取り出し、熱いうちに煮沸消毒した瓶に詰める。

d0122397_2247479.jpg

d0122397_22465050.jpg


苺ソースがなければ、市販の苺ジャムを少しのばしたものをかけても◎
バナナはこの季節なら、星形より花形の方がいいかもしれませんね。

d0122397_2216062.jpg


クリスケットは軽く温めることで、バターの風味が増し、サックサクになって美味しいです♪
また、逆に卵液につけてしっとりと、フレンチトースト風にしてトッピングしてもいいですよ。

甘くないデニッシュ クリスケットでカンタンおしゃれな朝ごはん♪
甘くないデニッシュ クリスケットでカンタンおしゃれな朝ごはん♪


d0122397_22565148.jpg


***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
# by candy-sarry | 2017-03-28 00:05 | Sweets & Bread