ブログトップ

candy&sarry&・・・

<   2016年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

美容と健康に・・・最近ブームのスーパーフード。

d0122397_22424049.jpg


スーパーフードとは?

•栄養バランスに優れ、一般的な食品より栄養価が高い食品であること。あるいは、ある一部の栄養・健康成分が突出して多く含まれる食品であること。
•一般的な食品とサプリメントの中間にくるような存在で、料理の食材としての用途と健康食品としての用途をあわせもつ。

はっきりと特定の食品を定義したものではなく「一般の食品よりビタミン、ミネラル、クロロフィル、アミノ酸といった必須栄養素や健康成分を多く含む、おもに植物由来の食品」という大前提のもと、提唱者によって異なる食品があげられています。

先日からご紹介しているアマニもそうですし、今日ご紹介するチアシードもそんなスーパーフードの一種です。

d0122397_23101822.jpg


チアシードは、メキシコ原産のシソ科の一年草、チアの種子。
30~40%が食物繊維で出来ているうえ、オメガ3系脂肪酸、ミネラル、アミノ酸までも含む栄養価の高い食材。浸水させると10倍くらいに膨らんで表面がジェル状になるのが特徴。このジェル状の成分はこんにゃくにも含まれるグルコマンナンという食物繊維で、空腹時やダイエットのサポートにもおすすめなのだとか。

胡麻よりも小さな粒で、ほとんど無味無臭。
これは黒い粒ですが、実はずっと以前(2年以上も前)には既に白い粒のものをご紹介してたりします。(こちら→

そのままなら、プチプチした食感。

d0122397_23105092.jpg


これが水を含むと、こんな風になります↓ ぷるぷる~!

d0122397_23165253.jpg


プチプチとぷるぷるの2種類の食感を味わえます。楽しい♪

ミネラルウォーターのペットボトルに入れて、冷蔵庫で一晩置いたもの↓
このまま飲んで水分と栄養分の補給に・・・。
またTOPの画像は、自家製の10年ものの梅酒をこれで割ったものです。

d0122397_23203074.jpg


チアシードは、1日に10g(大さじ軽く1杯)を目安に採るのがいいようで、飲み物やヨーグルトに入れたりして食べるのが一般的ですが、お料理にだって使えるんですよ。
ほとんど無味無臭ですが、プチプチぷるぷるな食感が楽しいので、今度はそれを活かしたお料理もご紹介したいと思います。

以前には、チアシードを使った【食物繊維たっぷり!ごぼうサラダ】をご紹介してます→

ファインのファンサイトファンサイト参加中

ちなみに、TOPのおつまみは餃子の皮でチーズと納豆を包み、オーブントースターで焼いただけで、これにはチアシードは使ってませんがね(^m^)

d0122397_23301539.jpg

d0122397_23302892.jpg


***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2016-01-30 23:42 | Cooking | Comments(0)

神戸三田と言えば・・・

先日から小出しにしている神戸三田(^m^)
めんたいパーク(→)にキリンビール工場(→)、そしてもうひとつ!

d0122397_2359470.jpg


そう!この小山ロール(→)で有名な「es koyama エス コヤマ」(→
これ、前から一度食べてみたいと思ってたんですよね?!

d0122397_01350.jpg


・・・と言いつつ、お店が三田にあるって実は知らなくて・・・(^^;
なので今回寄る予定もなかったのですが、たまたまmapを見てたら、あっ!ここ・・・って感じで、急きょこれは行かなきゃ!って。
そしてまた、あんなに並んでるとは思わなくて・・・。でもここまで来たらやっぱり食べてみたい!
「es koyoma」は通販(お取り寄せ)もやってるのですが、小山ロールはそちらでは売ってませんからね。
もちろん、がんばって並んでみましたよ^^ 待ち時間30~40分って言われたのですが、実際は寒空の中、外で待つこと1時間以上かかりましたがね(><)

その甲斐あって、お目当ての小山ロールを無事get!  わぁ~い (^o^)/

d0122397_0124718.jpg


ついでに、小山ぷりん(普通のと期間限定のショコラ)もねっ♪

d0122397_0185683.jpg


帰るまで待ち切れず、小山ぷりんはすぐ車の中でいただいちゃいましたよ。
焼プリンですが、卵の割合が極限まで少ないので、本当にとろっとろで美味しい^^
柔らかくてあっさりとした感じなので、これ、いくらでも食べれそうな感じでした。
期間限定のショコラも美味しかったけど、個人的には普通の方が好みです。

そして、小山ロールは帰ってからいただきました。

d0122397_0253633.jpg


ロール生地は、とってもキメが細かくて、ふわっふわ(^^♪
少量のカスタード入りの生クリームは、こちらも案外あっさりとした感じで、中に入ってる栗も絶品。
全体的に甘さも控えめで軽いので、これまたいくらでも食べれそうで危険!

d0122397_0254880.jpg


並んでいるときに可愛くて思わず撮ったもの↓ 後でお店の外観も撮ろうと思ってたのに、ロールケーキを購入したら、それだけで嬉しくてもうすっかり忘れてました(^^;;

d0122397_0305745.jpg


この後、本当はアウトレットにも寄りたかったのですが、思わぬところで予定外の時間をとってしまい、時間切れ(><)
かろうじて産直だけ寄って帰ったのですが、こちらも時間が遅かったので、目ぼしいものはほとんど残ってなくて・・・。それでも、やっぱり少しは購入して帰ってきましたがね。(これとか→

結局、今回は行ったところも買ったものも、食べ物ばかりという結果に(^^;
あはは・・・まぁーそれもいいかぁ~?!

そうそう・・・小山ロールのお取り寄せはありませんが、予約はできるみたいですよ!
もし今度行くことがあれば、予約していくに限りますね。
そして、今度は是非チョコも食べてみたいなぁー。

***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2016-01-28 23:56 | Sweets & Bread | Comments(0)

先日ご紹介した「めんたいパーク神戸三田」(こちらの記事→)
せっかく三田まで来たのだから・・・と、このすぐ近くにあるキリンビール神戸工場にも行ってきましたよ。
こちらは予約が必要なのですが、当日電話しても大丈夫でした(^o^)v

d0122397_21361519.jpg

d0122397_21401940.jpg

d0122397_22365414.jpg

d0122397_21425921.jpg


まずは、ビール作りのお勉強から。。。

工程① 製麦(モルトづくり)

ビールの原料となる麦芽(モルト)。
麦芽は、良質な二条大麦に水をたっぷりと含ませ、発芽させ、乾燥室に入れて成長を止め、根の部分を除去したもの。
この麦芽は、そのまま食べると、とっても香ばしかったです。

d0122397_2255045.jpg


工程② 仕込(糖化・ろ過)

砕いた麦芽と湯を仕込み釜(top画像の糖化釜)に入れ、副原料を加えて煮込み、「もろみ」という麦のおかゆを作り、でんぷん質を糖分に分解。
この「もろみ」をろ過機に通して、最初に流れ出たものが「一番搾り麦汁(ばくじゅう)」です。

d0122397_2143311.jpg


一番搾り麦汁と二番搾り麦汁を味見。
この時点ではまだアルコール分はないので、お子様でも大丈夫です。麦芽だけだと、あのビールの苦みは全くなく、冷やし飴のような味わいで甘いんですよ。一番搾り麦汁と二番搾り麦汁は色や香りだけでも一目瞭然なんですが、味も全然違います。

d0122397_21433991.jpg


一般的なビールは、この一番搾り麦汁と二番搾り麦汁でできているんですが、「キリン一番搾り」は、一番搾り麦汁だけで作られたビールなんですよ!

工程③ 煮沸

麦汁にホップを加えて煮沸し、ビール独特の香りと苦みを引き出します。

d0122397_2235769.jpg


工程④ 発酵

十分に冷やした麦汁に酵母を加え、低温発酵。糖分がアルコールと炭酸ガスに分解され、約1週間で若ビールが誕生するのだそう。

工程⑤ 貯蔵・ろ過

若ビールを約0℃で1~2か月じっくりと低温貯蔵。この間に、調和のとれた風味と香りが生まれます。
熟成の終わったビールをろ過機に通し、酵母やたんぱく質を取り除くと、透き通った琥珀色のビールが出来上がり!

工程⑥ パッケージング

缶・瓶・樽詰め。そして、箱・ケース詰め。出荷。

d0122397_21435559.jpg

d0122397_2144115.jpg

d0122397_21442543.jpg


d0122397_2144153.jpg


ビール作りのお勉強と工場見学が終われば、待ちに待った試飲コーナーへGo!

d0122397_2242124.jpg


お一人様3杯までOK。(試飲時間は20分間)
ちょっとしたおつまみ(チーズ味の柿の種)までいただいて、至れりつくせり。
もちろん最初は、お目当ての一番搾りプレミアム。

d0122397_22464335.jpg


そして、普段あまり飲むことのない黒ビールをいただいてみましたよ。

d0122397_22465827.jpg


試飲と言っても、しっかり中ジョッキ量。
せっかくなので、もう1杯飲みたいところでしたが、私には2杯が限度でした(^^;

試飲は、ビール5種類に、アルコールに弱い方やドライバー、お子様用にとノンアルコールビールやソフトドリンクも含め、↓これだけの種類が用意されてました。

d0122397_21443540.jpg
d0122397_21444543.jpg


この内容で、見学から試飲まで全て無料って、すごくないですか?!
動画や録音はNGでしたが、写真撮影は全てOKとのことで、遠慮なく撮らせていただきました。

いやぁー、思った以上に何だか楽しかったです。
ビール工場の見学は今回初めてだったのですが、キリンビール様だけでなく、他のところへも行ってみたくなりました(^m^)

d0122397_23234838.jpg


↑工場見学でいただいたクリアファイル(左)と、入口のショップで可愛くて思わず買ってしまったビールゼリー入りのチョコレート(右)

***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2016-01-25 23:01 | その他 | Comments(0)

なんてことはないチャーハンですが・・・。
具材はハム、卵、人参、玉ねぎ、青ねぎに、バターとマヨネーズの風味を組み合わせたしょうゆ風調味料「おちょぼ口 バタマヨ正油」で味付けし、ブラックペパーを多めにきかせました。

d0122397_21495353.jpg


これ、しっかり味がついてるので冷めても美味しいし、バタマヨしょうゆの風味にピリッときいたペパーが食欲をそそります。

この「おちょぼ口 バタマヨ正油」は本当にこれだけで味が決まり、とっても便利!
最近のお気に入り調味料です(^m^)

d0122397_21574193.jpg


正田醤油のファンサイトファンサイト参加中

以前にはパスタもご紹介(こちら→)してますが、他にはお弁当のおかず用に、ぱぱっと簡単にできる炒め物なんかも。。。

d0122397_21591730.jpg


豚切り落とし肉と人参、小松菜をやはり「おちょぼ口 バタマヨ正油」で味付けして炒めただけ。
ついでに、これまた最近お気に入りのアマニ粒も加えてみました(^o^)/
アマニ粒も香ばしくクセもないので、案外何にでも合わせられていいですよ。(アマニ粒については、こちら→

日本製粉株式会社のファンサイトファンサイト参加中

d0122397_223415.jpg


そうそう・・・この日のお弁当に入れた明太子は、↓ここで買ってきましたよ(^^♪

More
[PR]
by candy-sarry | 2016-01-22 22:41 | Cooking | Comments(0)

お正月の暖かさは一体何だったの?って思うくらい、寒い毎日(><)
北日本では大雪だそうですが、こちらでは散らつく程度。
それでも昨日今日は風も強くて、一段と寒さが堪えます。

d0122397_22162989.jpg


さて最近、当ブログで度々登場するローストアマニ粒。
今日のパスタは、そのアマニ粒と一緒にいただいたパスタソースで作りましたよ。
(日本製粉様のモニターでは、いつもモニター予告商品以外にも、サプライズで何かしらおまけ的な商品が同封されているのですが、実はそれも密かな楽しみだったりします。いつもありがとうございます。)

d0122397_229825.jpg


『和パスタ好きのための 和風ジェノベーゼ』

和パスタ好きのために作ったちょっと贅沢なパスタソース。
和のこだわり素材が織りなす、絶妙な味わい。
ごろごろとしたじゃがいもと一緒に楽しむ和風のジェノベーゼソースは、バジルペーストに風味のよい青じそと、コク深いねり胡麻を加えて、和風に仕上げたというもの。

d0122397_2284982.jpg


パスタを茹でるついでに、一緒にパスタソースも湯せんして温めます。
パスタが茹で上がったら、ソースをあえてから器に盛り、青じそ風味のソースにさらに千切りにした大葉(青しそ)と乾燥の小エビをトッピング。
青じそ風味のソースにフレッシュな青じそが合わないはずはありません。また、小エビは(桜エビと言いたいところですが)お好み焼きに入れるような乾燥のお安い小エビを使用しましたが、和風食材同士なので、これまたよく合うし、彩り的にもいいですよね?!
小エビの他には、ちりめんじゃこやしらすなんかでも、よく合うと思います。

d0122397_2201179.jpg


ホント、このソースには、ごろごろと角切りのじゃがいもがたっぷりと入ってます。
バジルの代わりに青じそでジェノベーゼを作ることはあるのですが、このソースには両方が入ってるのですねぇ^^
食べるとじゃがいもはソースの味が染みすぎて、個人的にはちょっと辛いかなぁーという気がするのですが、ソース自体の味は程よく、他にシャキシャキとした食感のものが入っていて、これがアクセントになり、とってもいい感じで美味しい! 食べるまで気が付かなかったのですが、ソースをよく見てみると、じゃがいもの他にみじん切りの何かが入ってるみたい(^^;

そこで、箱の裏面にある原材料表記を見てみると、このシャキシャキ食感の正体は、どうやら「くろぐわい水煮」のようでした。
そして、この和風ソースの美味しさは、ねり胡麻以外にも「みそ」や「昆布粉末」という和風の調味料が入ってて、素材をうまくまとめてるからだと思いました。
美味しいレトルトや冷凍食品に出会うと、いつも原材料名を見てしまうのですが、なるほどねぇ~。とっても勉強になります(^-^)

d0122397_23193270.jpg


 ニップンネットモール
日本製粉株式会社のファンサイトファンサイト参加中

***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2016-01-20 23:08 | Cooking | Comments(0)

産直でとっても色の濃い美味しそうな人参を見つけました(*^-^)
その人参をシンプルに味わってみたくて作ったもの。

d0122397_2223287.jpg


キャロットラぺにはオレンジやレーズンなんかを入れると美味しいのですが、今回は本当にシンプルに味わいたくて・・・。
材料もシンプルなら、作り方もいたってシンプル!
たったこれだけの材料ですが、ミントの爽やかな風味に人参の甘さが引き立ちます。

【シンプル☆キャロットラぺ】   2人分

◆材料◆
人参・・・100g
GABANペパーミント・・・適量
オリーブオイル・・・小さじ1
すし酢・・・小さじ1

◆作り方◆
① 人参を千切りにして、塩少々(分量外)をふりかけて5分程おき、水気をしぼる。
② ボウルに①を入れ、その他の材料を加えて和え、10分以上おいて味が馴染ませる。

d0122397_22231058.jpg


今回使った人参は↓こんなに小さなもの。これを皮を剥かずに千切りして、4本分です。

d0122397_22303936.jpg


そして、ミントはこれっ!↓↓↓(右端のもの)

d0122397_22325380.jpg


手作りバレンタインにお役立ちのスパイスとして、レシピブログ様からいただいたものです。
ホント、どれもバレンタインスイーツに合いそうなスパイスですよね?!
そう言いつつ、それを今回はスイーツではなく、あえてお料理に使ったわけですが・・・
さわやかな清涼感のある香りのペパーミントは、スイーツだけではもったいない! 野菜や肉料理にもとってもよく合うんですよ。
こんなシンプルなお料理なら、バレンタインのお料理の付け合わせにも、箸休めにもOKですし、
よかったら、お試しくださいね!

バレンタインの料理レシピ
バレンタインの料理レシピ  スパイスレシピ検索

d0122397_21215577.jpg


↑ヘルシーおうちモーニング♪ この紫の大根も人参と一緒に買ってきたもの(^m^)

***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2016-01-19 22:45 | Cooking | Comments(0)

今すっかりはまっているローストアマニ粒。
そのまま食べても香ばしく、そんなにクセもないので、どんなお料理にも使えます。

d0122397_13353969.jpg


そんなアマニ粒を入れたシンプルな蓮根のきんぴら♪ 
地味だけど、やっぱりアマニ粒が香ばしくて、しみじみ美味しい一品^^

d0122397_12594275.jpg


【蓮根のアマニ入りきんぴら】 2~3人分

◆材料◆
蓮根・・・100g(皮を剥いた正味量)
ローストアマニ粒・・・適量
醤油・・・小さじ1
みりん・・・小さじ1
胡麻油・・・小さじ1
鷹の爪(または一味唐辛子)・・・1/2~1本

◆作り方◆
① 胡麻油で輪切りにして種を除いた鷹の爪とローストアマニ粒を、弱火で香りがたつまで炒める。

② いちょう切りにした蓮根を加えて炒め、醤油とみりんも加えてさらに炒め、水分がなくなったら火を止める。

鷹の爪ではなく、一味唐辛子を使う場合は、火を止める直前に加えてくださいね。
甘めの味付けがお好きな方は、砂糖をほんの少し加えてもOKです。
また、普通の味付けに飽きた方は、クミン(ホールでもパウダーでも可)等のスパイスをほんの少し加えると違った風味を楽しめます。
ちなみに、クミンパウダーを使ったレシピはこちらにも→
この白胡麻をアマニ粒に変えて作ってもいいですよ!n

この日の献立は、こんな感じに↓

d0122397_130669.jpg


メインは牛肉と玉ねぎのソテーをおろしポン酢でいただいたのですが、そこに添えたポテトサラダ。
ここにもローストアマニ粒が入ってます。

d0122397_130198.jpg


レンジでチンしたじゃがいもに軽く塩こしょうしてざっくりとつぶし、ハムと春菊を加え、マヨネーズとヨーグルト、コンソメ少々で味付けしました。
そこに、ふと思い立ってローストアマニ粒も加えてみたってわけです。
食べると胡麻より大粒で固め食感のローストアマニ粒は、案外存在感がありますよ。

d0122397_13375842.jpg


アマニ粒は、毎日大さじ1杯(5g)を目安に採るといいそうです。
(アマニの栄養価については、こちら→
こうして毎日のお料理に取り入れることで、効率よく採りたいものですね!

ニップン 「アマニ」ブランドサイト
日本製粉株式会社のファンサイトファンサイト参加中

***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2016-01-16 13:42 | Cooking | Comments(0)

使い切り!柚子活用法として、<その1>ではまず皮の黄色い部分のみお料理用にそぎ取り、果汁でポン酢を作り、種からはペクチンを抽出しました。(→
<その2>では、残った皮の白い部分と内袋で柚子茶を作りました。(→

そして、今回の<その3>では、柚子茶からのジャム(マーマレード)作り。
ジャムは毎年作ってますが、一旦柚子茶を作り、そこからさらにジャムを作るのは初めてです。
柚子茶とジャム(マーマレード)の違いについては前回<その2>で書きましたが、要は火入れをするかしないかなので、柚子茶からのジャム作りとは・・・すなわち、柚子茶に火を入れたら、ジャムになるというわけです(^^;
柚子茶から作ると、火入れの時間をぐっと短縮できますよ。

d0122397_23492585.jpg


本来、柚子ジャムは柚子を丸ごと使って作る方が、断然美味しいに決まってます。
皮の黄色い部分も加えた方が色味も香りもよく、果汁(果実)を加えた方が酸味も加わり風味豊かに仕上がります。
でも、私は欲張りなので、フルブラ(→)に始まり、あれもこれも作りたいということで、たいがいは最終的に残った白い皮と内袋だけで作ることになります。
ですので、正確にはジャムではなく、マーマレードなのですが・・・ね。

d0122397_2350473.jpg


今回はそんなマーマレードですが、2種類作ってみましたよ。
1種類目(↑真ん中とtopの画像)は果汁が入ってない分を、市販のオレンジジュースで補い、もう1種類(↑右端)は紅茶で風味づけしてみました。
前回、柚子茶を作ったときに紅茶に柚子茶を入れて飲んだら美味しかったので、今回は逆に柚子茶に紅茶をいれてみた次第です。
いつもは香りづけの洋酒等も何かしら加えるのですが、既に柚子茶にはフルブラが入っているので、ここでは必要ありません。
そして、前回の柚子茶(↑左端)と違い、こちらは火入れするためアルコール分は飛んでますので、お子様やアルコールの弱い方でも大丈夫です(^ー^)v

【2種の柚子マーマレード】 それぞれ小瓶2本分

◆材料◆
柚子茶(→)・・・800g(400g+400g)
濃いめに淹れた紅茶・・・80cc
100%オレンジジュース・・・80cc
ペクチン抽出液(→)・・・100cc(50cc+50cc)

◆作り方◆
① 鍋を2つ用意し、それぞれ柚子茶を400g、ペクチン抽出液を50ccずつ入れ、一方にはオレンジジュース、もう一方には紅茶を加える。
d0122397_2333488.jpg

② ①を火にかけて弱火で時々かき混ぜ、底が焦げ付かないように15~30分程煮込む。
d0122397_23342434.jpg

③ ②が熱いうちに、清潔な瓶(できれば煮沸消毒したもの)にギリギリいっぱいまで詰める。
d0122397_23331991.jpg

④ フタをして逆さまにし、冷めるまでそのままおく。 
d0122397_23333892.jpg


冷めるとさらにトロミがつくので、かなりゆるいかな?と思うくらいで火を止めても大丈夫です。
瓶に詰める際は、火傷しないように気を付けてくださいね!

d0122397_2359225.jpg


柚子茶は火入れしていない分、マーマレードに比べると柚子のフレッシュ感がありますが、マーマレードは火入れしているので柚子茶より日持ちもし、糖分を減らすこともできます。
(今回は柚子茶から作っているので、柚子茶としては日持ちさせる意味ではもう少し糖分を多くして、逆にマーマレードはもう少し減らしても大丈夫です。)
そのあたりは、お好みでどうぞ。

d0122397_23584537.jpg


柚子茶やマーマレードは、リプトン イエローラベルの紅茶と共に、朝食のパンやヨーグルトに添えて(^^♪
紅茶に入れて飲んでも美味しいですよ。

d0122397_015496.jpg


ひらめき朝食の料理レシピ
ひらめき朝食の料理レシピ


***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2016-01-15 23:59 | Sweets & Bread | Comments(0)

やっとお正月休みのボケボケ(笑)も抜け初め、頭を切り替えて、毎日のお仕事頑張ってます。
簡単ではありますが・・・ちゃんと毎日お弁当も作っていってますよ。

d0122397_2242384.jpg


最近すっかりはまっているニップン(日本製粉)様のローストアマニは、そんな毎日のお弁当にも大活躍!
ローストアマニは、香ばしくローストしたゴールデン種のアマニ粒です。

d0122397_22374627.jpg


「亜麻」という植物の種子(仁)が「亜麻仁(アマニ)」で、英名は Flax Seed (フラックスシード)。
外見は胡麻に似ていますが、粒は胡麻より少し大きめかな?
n-3系(オメガ3)脂肪酸のひとつであるα-リノレン酸、水溶性・不溶性のバランスがとれた食物繊維、さらにポリフェノールの一種であるアマニリグナンが豊富に含まれ、近年その栄養価が世界的に注目を集めています。

↑のお弁当では、もやしのナムルに入ってるの、わかりますか?

d0122397_22464198.jpg


レンジでチンしたもやしの水気を絞り、ローストアマニを加えて、ごま油とラー油、塩でシンプルに味付けしたものです。
いつもは白胡麻を使うところをローストアマニで。
また胡麻とはちがった香ばしさで、粒も大きいので存在感がありますよ。

d0122397_22495343.jpg


↑こっちのお弁当でもやはり、胡麻の代わりにご飯にトッピング。
これもいけます(笑)

こうして気軽に使えて、美味しく栄養も採れるって、最高ですね^^
以前には↓こんなレシピもご紹介してます。

・チーズ入りアマニ丸パン →
d0122397_13482039.jpg


・菊菜(春菊)のローストアマニ和え →
d0122397_13484242.jpg


よかったら、皆さんもお試しくださいね。

日本製粉株式会社のファンサイトファンサイト参加中

***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2016-01-13 23:00 | Cooking | Comments(0)

寒くなりましたねぇー。 でも、これで平年並みなのだとか。
お正月もかなり暖かかったので、急に寒くなると平年並みと言えども、やっぱりこたえますね(><)

さて、今日は先日ご紹介しかけた柚子活用法の続きです。
先日は柚子果汁でポン酢を作り、種からはペクチンを抽出しました。
(「柚子活用法<その1>ポン酢とペクチン抽出」はこちら→

今回、残りの柚子皮の白い部分と内袋を使って作ったのは、まずは柚子茶(↓左端)・・・そして柚子ジャム(マーマレード)2種類(↓真ん中と右端)です。
柚子ジャム(マーマレード)は毎年必ず作るのですが、柚子茶を作ったのは、実は初めてだったりします。

d0122397_19561482.jpg


えっ?! 柚子茶と柚子ジャムはどう違うのって?
あまり区別なく、どちらも同じように売ってたりしますが、簡単にいうと、柚子茶は火を入れずに作ったもの、柚子ジャムは火を入れたものといった感じです。そして、マーマレードは皮の部分で作ったジャムというわけ。

d0122397_1958128.jpg


以前に作ったフルブラに漬け込んだ後の柚子&みかん(→)も使って、今回はまずは火入れせず、柚子茶から作ってみました。
火を入れなくても、こんなにとろっとろになるんですよ^^

d0122397_19554186.jpg


【フルブラ入り柚子茶】

◆材料◆
◎柚子皮(白い部分と袋)・・・8個分(400g)
◎フルブラ漬け柚子・・・1個分
◎フルブラ漬けみかん・・・1個分
フルブラ・・・50cc
ザラメ糖・・・400g

◆作り方◆
① ◎を細かく刻み、清潔なフタ付きの保存瓶等に入れ、フルブラとザラメ糖も加えて混ぜる。

② ①を毎日かき混ぜて、3日程おくと出来上がり。

氷砂糖で作れば1週間ほどかかりますが、ザラメ糖なので3日程でOK。
但し、柚子茶にしては糖分が控えめなので、冷蔵庫で保存の上、お早目にどうぞ。
また、火入れをしていないため、フルブラのアルコール分もそのままですので、アルコールに弱い方やお子様はお控えくださいませ。(もしくは、フルブラ抜きで作っても。。。)

d0122397_2165795.jpg


この柚子茶、お湯を入れて飲むのもいいのですが、紅茶に入れても美味しいんですよね?!
フルブラの風味がきいてます(^m^)

そもそも、紅茶にブランデーを少し落としていただくのが好きなので、色々なフルブラを作る度に紅茶に入れて飲んだりしていました。そして、柚子茶も大好き!
だったら、この柚子と蜜柑のフルブラで柚子茶を作って、それを紅茶に入れて飲めば、さらに美味しくなるんじゃないかと。。。

d0122397_2191218.jpg

d0122397_2124634.jpg


底に沈んでるものも、スプーンですくって食べます(^m^)

d0122397_2194971.jpg


朝からこんなスペシャルな紅茶を飲めば、元気でますよぉ~^^
また、ジャムの代わりにパンに塗ったり、ヨーグルトに入れたりしても美味しい♪
(既にこの時にも→ これ、いつ作ったのぉ?って感じですね。随分前の話ですみません。)
但し・・・くれぐれもアルコールの弱い方はご注意くださいませ~^^;

ひらめき朝食の料理レシピ
ひらめき朝食の料理レシピ


***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2016-01-12 21:35 | Sweets & Bread | Comments(0)