ブログトップ

candy&sarry&・・・

<   2015年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

一般的に筍と言えば、春先に出る孟宗竹ですが、春の終わり~初夏に出る淡竹(はちく)も最近ではよく見かけますよね?!

d0122397_1434030.jpg


春先の筍(孟宗竹)に比べて、断然アクが少なくて柔らかく、扱いやすいですよ。
下茹でも糠がなくても大丈夫! 唐辛子を1本加えて、圧力鍋で10分茹でて冷めるまで放置。
それでも、基本的には春先の筍と同じような扱い方で、下茹でからお料理、保存までOkです。
詳しくは、以前ご紹介してるこちらを見てくださいね→

d0122397_1461310.jpg


こうして、下茹でした淡竹。 まずは、ベーコンや舞茸と共にバター炒めにしましたよ。
散らしてるのは、山椒の若葉。 筍に山椒って、合いますよねぇー。

d0122397_14154938.jpg


こちらも季節ものの豆ご飯や煮魚と一緒にいただきました。

d0122397_14155892.jpg


そして、やはり姫皮部分は、ささっと梅かつお和えに。(レシピはこちら→
適当なレシピにもかかわらず、ちょこちょこつくレポもいただいてて・・・ありがとうございますm(_ _)m
他には、姫皮や穂先で作るこちらもお奨めです→

d0122397_14205574.jpg


これはお弁当にも入れちゃいました。

d0122397_14211375.jpg


最後は、天ぷら。 柔らかくて美味しい♪
天ぷらは、いつもほとんど野菜のみ。 気が向いたら海老やキス等が登場しますが、基本野菜が好きなもんで・・・ね。 天つゆではなく、お塩でいただきます(^m^)
薄めの衣には、卵は入れません。 からっと揚がりますよ。
天ぷらをカラッと揚げるコツは、衣の濃度、油の温度も重要ですが、腕より何よりも新しい油を使うことかな? 
d0122397_14234984.jpg


酢の物や塩鯖と共に。 何だか、またしても青々とした食卓(^^; 

d0122397_14235714.jpg


いつも山菜のことを書き出すと、長くなってしまう(><)
本当はあともう一品作ったものがあるのですが、それはまた別の機会に。。。

そして・・・孟宗竹、淡竹と続けば、次は真竹もありますね♪^^ 
まだまだ筍の季節は終わらない!

***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2015-05-31 10:30 | Cooking

休日のブランチに、こんなサンドイッチはいかがですか?^^

d0122397_2317656.jpg


生ハムではなく、チーズがメインのサンドイッチ。 濃厚なチーズとバジルの香りがたまりません~!

【チーズと生ハムのバケットサンド】  1人分

◆材料◆
バケット・・・6~7cm位
明治北海道十勝贅沢スライスチーズ3wayタイプ
(うまみ濃厚チェダーブレンド/かおり濃香パルメザンブレンド)・・・各1枚
生ハム・・・4枚
サニーレタス・・・1枚
バジル・・・4枚
オリーブオイル・・・適量
粗挽きブラックペパー・・・適量

◆作り方◆
① バケットは、7~8mmの厚さの下を少しつなげた状態で切り込みを入れたものを4つ作る。
d0122397_23233522.jpg

② バケットの切り込みの内面にスプーン等でオリーブオイルを少し塗る。

③ 適当な大きさにちぎったレタス、半分に切ったスライスチーズ、生ハム、バジルをはさみ、ブラックペパーをふりかける。
d0122397_23272969.jpg


使ったのは、↓こちらの明治北海道十勝贅沢スライスチーズ3wayタイプ うまみ濃厚チェダーブレンド/かおり濃香パルメザンブレンドの2種類。

d0122397_23394695.jpg


これっ、今までのスライスチーズのイメージとはまったく違う!!!
ほどよい厚みもあって、とにかく濃厚。 
見た目はそれほど変わらないけど、食べるともう チェダーとパルメザン、どちらもそれぞれのチーズの味と香りがしっかりします。 

スライスチーズの料理レシピ
スライスチーズの料理レシピ


***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2015-05-30 11:00 | Cooking

モニターでいただいた冷麺・・・最後の一品は、ざるラーメン^^

d0122397_22265165.jpg


「北の味わいざるラーメン」
なめらかさとコシのある中太麺と、かつおだしと利尻昆布の旨みが利いた和風つゆが特長のざるラーメン

d0122397_22532812.jpg


ざるラーメンって、最近もう普通に出回ってる感じなのですが、実は私は初めて食べました(^^;
なので、今回はそのものを味わうべく・・・つゆのアレンジはせず、具材や薬味を色々用意して楽しみました。

【薬味で楽しむ♪ ざるラーメン】  1人分

◆材料◆
北の味わいざるラーメン・・・1食分
豚バラ薄切り肉・・・40g
新たまねぎ・・・小1/4個
生わかめ(乾燥でも可)・・・適量
キムチ・・・適量
青しそ・・・3枚
白胡麻・・・適量
柚子こしょう・・・適量
すりおろし生姜・・・適量

◆作り方◆
① 豚バラ肉を焼いて、粗熱がとれたら細切りにする。
  玉ねぎは半分に切って、さらに繊維を切るように薄切りにする。
  わかめはさっと水洗いし(乾燥ならもどして)食べやすい大きさにカット。
  青しそは重ねて巻いて、千切りにする。

② ざるラーメンは袋の表示通り茹でて、冷水でしめておく。

③ 具材を皿に盛り付け、ざるラーメンに付属のつゆも器にいれておく。 
  ざるラーメンは水気をきって盛り、薬味(柚子こしょう、生姜、胡麻)を添えて、青しそをトッピングする。

色々な味を楽しむため、柚子こしょうや生姜、キムチ等はつゆに混ぜてしまわず、順に麺だけにちょこっとつけて、つゆに混ざらないようにするといいです。
その他は、あらかじめ つゆに入れておいてもいいですよ。

d0122397_22523155.jpg


・・・と言いつつも、ざるラーメン初体験の私は、最初はシンプルに↓これだけでいただきましたよ。
和風のつゆに、らーめんが新鮮! 麺がもちもちしてて美味しい♪

d0122397_22474657.jpg


その後、↓こちらの具材も投入~! 色々な味が楽しめます。

d0122397_22482162.jpg


冷し中華の料理レシピ
冷し中華の料理レシピ


***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2015-05-29 22:57 | Cooking

ご飯食べ比べ♪

ある日の晩御飯 (*^-^)

d0122397_22592385.jpg


そして、またある日の晩御飯。

d0122397_231829100.jpg


肉ばかり? いえいえ・・・注目するのは、そこではなく・・・(^^;  こっち↓

d0122397_23194536.jpg


テーブルマーク様のパックごはんです。

d0122397_23204057.jpg


テーブルマーク様のパックごはんは、発売を開始して今年で20年目になるのだそう。
そこで、おススメパックごはん詰め合わせ、4食分x5袋=20食分もいただいちゃいました。
20周年おめでとうございます&ありがとうございますm(_ _)m

1袋の中には、↓こんな感じで4食分入っています。 1食分は150g、ちょうどお茶碗1杯分です。
たくさんあって、どれから食べようかと思いましたが、まずは、一番メジャーな「新潟産 こしひかり」から。。。

d0122397_2328758.jpg


点線まで開けて、レンジで1分30秒ほどチンするだけで、炊きたてご飯のようにほかほかのご飯ができます。
うちで炊くよりも少し柔らかめかな? でも、美味しい♪

次に、開けたのは「秋田県産 あきたこまち」

d0122397_23361319.jpg


こっちも美味しい♪ レンジでチンしただけのパックごはんと言っても、つやつやモチモチです。

d0122397_2338345.jpg


う~ん。。。 「プレミアム 魚沼産 こしひかり」は何だかもったいなくて、なかなか開けれそうもありません(笑)
一度にこれだけ色々食べ比べできるなんて、嬉しいですね!
順番にゆっくり味わいたいと思います。

テーブルマークファンサイトファンサイト参加中

d0122397_2346722.jpg


***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


レシピブログに参加中♪

[PR]
by candy-sarry | 2015-05-28 23:48 | Cooking

まだ5月だというのに、今週のこの暑さ。 参りますね。。。(><)
モニターでいただいた冷麺が大活躍です。

d0122397_011736.jpg



言うまでもなく・・・アボカドとトマトの組み合わせはてっぱんですよね?!^^
パスタやサラダだけでなく、冷麺にだって合うんですよ。

【アボカドとトマトのサラダ冷麺】  2人分

◆材料◆
マルちゃんの冷し中華 極細・・・1袋(2食分)
鶏ささみ・・・1本
アボカド・・・1個
トマト・・・1個
サニーレタス・・・2枚
イタリアンパセリ・・・あれば適量
マヨネーズ・・・お好みで適量

◆作り方◆
① 鶏ささみは、塩こしょうして酒をふりかけ、レンジで加熱して酒蒸しにする。
  粗熱がとれたら、手で裂いておく。

② 冷麺を茹でる湯を沸かしてる間に、野菜の準備をする。
  ・レタスは洗って手でちぎる。
  ・トマトは適当な大きさの角切り(ざく切り)
  ・アボカドは半分に切って種を外し、皮を剥き、トマトと同じくらいの大きさに切る。

③ お湯が沸騰したら、冷麺を90秒ほど茹で、冷水でしめる。

④ 器にレタスを敷き、冷麺を盛り付け、アボカドとトマトを散らし、ささみもトッピングする。

⑤ 付属のたれをまわしかけ、あればイタリアンパセリを飾り、お好みでマヨネーズを細く絞る。

d0122397_015961.jpg


冷し中華の料理レシピ
冷し中華の料理レシピ


今回使用した「マルちゃんの冷し中華 極細」は、なめらかでのどごしの良い極細麺と、りんご酢を使用したマイルドでさわやかな酸味の醤油だれが特長の冷し中華。
暑くて食欲がないときでも、極細麺でつるつると食べやすい。
茹でる時間も90秒とあっという間なので、先に段取りよく具材を用意しておいてくださいね!

d0122397_23584324.jpg


さて・・・たくさんあると思っていた冷麺も、あと残すところは、ざるラーメンのみです。

d0122397_093251.jpg


***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2015-05-27 23:58 | Cooking

今年も作りました(^o^)/
きゃらぶき、大好きなんですよね。 当ブログでも、この時期の検索率No1レシピです。 
最近は山菜採りに行く機会はなかなかないのですが、それでもやっぱり産直等で仕入れてきてでも作ります。 そんなに遠くまで行かなくても、最近は産直があちこちにあるし、山蕗は比較的手に入れやすいので、助かります。

d0122397_0312465.jpg


レシピは以前にもUPしていますが、ふきの量や細さ(固さ)等によって、毎年微妙に異なります。
ちなみに、今年はこんな感じ↓

d0122397_0384687.jpg【きゃらぶき(山蕗の佃煮)】 

◆材料◆
山蕗(細めのもの)・・・600g
かつお節・・・10g
醤油・・・60cc
本みりん・・・100cc
酒・・・100cc
はちみつ・・・大さじ1.5


◆作り方◆
① 蕗は綺麗に洗い、皮ごと3cmくらいに切る。
d0122397_0332117.jpg

② 水から下茹で(沸騰してから10分位)し、1時間位水にさらす。
d0122397_0342658.jpg

③ ざるにあげて蕗の水気をしっかりときり、鍋に戻し、はちみつ以外の材料を加え、火にかける。
 (始めは強火で、沸騰したら弱火に。)
d0122397_0355723.jpg

④ 30分位すると、かなり水分があがってくるので、ひと混ぜし、極々弱火で2時間位煮る。 
d0122397_036851.jpg

⑤ はちみつを加えて軽く混ぜて、ほぼ水分がなくなるまで、極々弱火でさらに煮込んで出来上がり。
d0122397_0371399.jpg


蕗はこの時(→)の細い方のものを使いましたよ。 
これで、小瓶3本分できました。 うち一瓶は実家へお裾分け^^

以前UPしているもの(→)に比べると、蕗の量も少ないし、水切りや煮込みもかなり時短です。
一度にたくさん、じっくりと煮込んだ方がより良いのですが、それでもそれなりに工夫して美味しくできましたよ (^-^)v
蕗の量が少ないと、どうしても水分が早く無くなり勝ちです。なので、今回は本みりんと酒の量を多めにして、砂糖は加えてません。

急ぐからと言って、強火で早く水分をとばしてしまうと蕗が筋っぽくなって仕上がりが固くなってしまうので、じっくり極々弱火でゆっくりじっくりと水分をとばしながら煮るのがポイントです。
時間がない時は、一気に煮込むのではなく、朝夕30分とかに分けて行うといいです。
実際、私はそうして2~3日かけて仕上げてます。 案外その方が美味しくできますよ(^m^)

***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2015-05-26 23:59 | Cooking

太陽の恵みいっぱいのカリフォルニア・レーズンを使って、久しぶりにパンを焼きました (*^-^)

d0122397_2222100.jpg


"カリフォルニアの太陽のもとみずみずしく育ったぶどうを、自然な天日干しして作るカリフォルニア・レーズンは、小さな一粒に美味しさも、栄養もギュッと詰まっています。
カリフォルニアの気候だから出来る天日干しレーズンは、まさに「太陽の贈り物」です。"


d0122397_2225469.jpg【レーズンバンズ】  10個分

◆材料◆
強力粉・・・280g
カリフォルニア・レーズン・・・60g
牛乳・・・180cc
バター・・・20g
砂糖・・・大さじ2
塩・・・小さじ1
ドライイースト・・・小さじ1
ザラメ・・・適量

◆作り方◆
① HBにレーズン以外の材料を入れ、途中レーズンも加えて、捏ね~一次発酵まで行う。

② HBから取り出し、濡れ布巾をかけてベンチタイム(10分)をとり、ガス抜き後、10等分する。
  軽く丸めなおし綺麗な面を出して、さらに10分ベンチタイムをとる。

③ 丸く成形後、オーブン発酵機能を用い、二次発酵する。(40℃で35分位)
d0122397_2223096.jpg

④ 約2倍くらいの大きさになれば取り出して、上部にキッチンバサミで切り込みを入れ、バター少々(分量外)をのせ、ザラメをふりかける。
d0122397_2223845.jpg

⑤ オーブンを230℃で予熱後、210℃に下げて、12分程焼成。
d0122397_2224761.jpg


使用したのは、モラタメ様からいただいた↓こちらのカリフォルニア・レーズン。

d0122397_2242099.jpg



"カリフォルニア・レーズンは、食物繊維、豊富な鉄分やカリウムなどのミネラルや他の栄養素をバランス良く含んでいます。
脂質は低く気になるコレステロールはゼロ。原料となるぶどうに由来する食物繊維に加え、乾燥工程で生成する食物繊維「イヌリン」を多く含みます。
またカリフォルニア・レーズン協会米国本部調べによると、虫歯菌の餌となるショ糖を殆ど含まず、皮に存在する成分や乾燥工程で生成される成分が、虫歯菌育成を阻害します。"


と、まさに、いいことずくめのレーズン (^-^)v
レーズンはパンやお菓子作りに使うことが多くて、いつも常備しているのですが、今後はお料理なんかにも活用したいな♪

d0122397_22311435.jpg


今回は、レーズンの小袋(30gx5袋)と、カリフォルニア・レーズン協会のロゴ、キャラクターの「ズンちゃん」がプリントされたオリジナル商品の鍋つかみと鍋敷きもセットでいただきました。
レーズンは袋にサンプル品とかかれたものなのですが、普通は30g入りのものって、売ってないのかな?
小袋だと携帯にも便利だし、ちょっと食べたいって時にもいいのですがねぇー^^
ちなみに、ちょうど↑のココットに入れたものが1袋(30g)です。 写真を撮った後、ちょっと味見と思ったら美味しくて、そのまま一気に全部食べちゃいました(^m^) そして、パンには別に2袋を使用。

d0122397_2261688.jpg


この鍋敷きと鍋つかみは、イタリア料理の達人マリオ・フリットリさんの人柄・考え方・生き方に惹かれて商品化されたものだそう。

d0122397_2273019.jpg


黒と赤があって、色は選べなったのですが、うちには黒が届きましたよ^^



***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2015-05-25 22:35 | Sweets & Bread

今日は雨の予報だったのですが、お天気もってますね!
お天気がいいと、もう昼間は暑いのですが、それでもまだまだ気持ちのいい季節。
お出かけされている方も多いのでしょうか?

d0122397_13465655.jpg


大阪 泉南市 花咲ファーム(→)にあるデビッド オースチンのイングリッシュローズガーデン。

d0122397_13231796.jpg


本格的英国風ローズとして人気を博している、デビッド・オースチン社の本国の英国を含めて世界で2箇所目の公式ガーデンで、7500㎡にも及ぶガーデンには、3000株を超えるバラが植えられているそう。
世界で有数の大きさを誇り、最新のイングリッシュローズコレクションを持つガーデンです。

d0122397_13271172.jpg

d0122397_1323116.jpg


↓全景を撮りたかったのですが、広すぎてカメラに収まらない(^^; これでも、半分も収まってないくらい(><)

d0122397_13372219.jpg


もうホント辺り一面彩りどりのバラ薔薇ばらで、とぉ~ってもいい香りです♪

d0122397_13321660.jpg

d0122397_1347822.jpg


そんな素敵なローズガーデンにもかかわらず、なんと入園も駐車場も全て無料なのは嬉しい限り。 
ローズショップも併設されてますが、食事が出来るお店や食べ物等が売ってるような場所はありません。
でも、場内には芝生広場なんかもあり、そこでお弁当を広げることもできますよ。

・・・って、ことで、お弁当持参ですぅ~(^o^)/

d0122397_13303857.jpg


薔薇の香りに包まれて、お弁当を食べながらのんびりと・・・そんな一日もいいですよね?!
今月いっぱい開放されているようなので、お時間のある方はいかがですか?

d0122397_13461263.jpg


ただ、電車だとバスもでてますが、駅から遠いのと、車だと園に入る道が1本なので、かなり渋滞して時間がかかります。なので、朝早くに行くか、なるべく時間に余裕を持って、渋滞覚悟で行かれることをオススメします(^^;

でも、これだけの薔薇の花ですから・・・。 それでも行く価値は十分あると思いますよ^^

d0122397_13225797.jpg

d0122397_13455654.jpg


***
レシピブログのランキングに参加しています。
今日はお料理ではないけど・・・励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2015-05-24 13:53 | その他

今の時期ならではのご飯♪
この時の残りのわらび(→)とふき(→)を使って、炊き込みご飯?いや、混ぜご飯?にしました。

d0122397_2358123.jpg


ふきの色と香りを活かすように、白だしで味付けも控えめに。

【ふきとわらびのご飯】 2合分

◆材料◆
米・・・2合
ふき・・・100g
わらび(アク抜きしたもの)・・・40g
白だし・・・大さじ4
酒・・・大さじ1
本みりん・・・大さじ1

※ わらびのアク抜き方法はこちら→

◆作り方◆
① 鍋に湯を沸かし、板ずりしたふき(まな板の上にふきを置き、塩をふりかけて転がすようにする)を3分茹でて、皮を剥く。
ふきを茹でた後の湯に、わらびを入れ、再度ふっとうしたら取り出す。

② 器に水(100cc)+白だし(大さじ2)を入れ、適当な長さに切ったふきを浸けて置く。
d0122397_23564082.jpg

③ 別の器に水(50cc)+白だし(大さじ1)を入れ、わらびも浸けて置く。
d0122397_23565082.jpg

④ 米を研ぎ、30分ほど水に浸けて置く。

⑤ 一旦、米をざるにあげて水をきって、炊飯器に入れる。
  わらびとふきの漬け汁+白だし(大さじ1)+酒(大さじ1)+本みりん(大さじ1)に水を足して360ccになるようにして、炊飯器に加える。
d0122397_2357615.jpg

⑥ ⑤を普通に炊飯し、ふきとわらびは5~10mm位の長さに切っておく。
d0122397_2357163.jpg

⑦ 米が炊けたら、ふきとわらびを加えて混ぜ、10分ほど蒸らす。
d0122397_2357296.jpg


こってり醤油味も美味しいけど、あっさり塩味も素材の色や香りを楽しみことができて、しみじみと美味しい♪
これなら、おかずも一緒に楽しめますよね?!

d0122397_23581490.jpg


***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


レシピブログに参加中♪

[PR]
by candy-sarry | 2015-05-22 23:58 | Cooking

普通に食べても美味しいごまだれの冷麺ですが、いつも同じじゃ~つまらない!
そんな時は、具材にもたれにも一工夫 (^m^)

d0122397_015352.jpg


野菜たっぷり! ヘルシー♪ 
乾煎りしてカリカリのちりめんじゃこと、しゃきしゃきの千切り野菜の食感がたまらなくいい感じ♪
付属のごまだれにひと手間加えて・・・。 梅肉とわさびがよく合います。

【カリカリじゃこと千切り野菜の梅わさごまだれ冷麺】 1人分

◆材料◆
マルちゃんの冷し中華 ごまだれ・・・1食分
人参・・・25g
きゅうり・・・25g
レタス・・・25g
筍(茹でたもの)・・・50g
ちりめんじゃこ・・・30g~
梅肉(チューブ)・・・2cm位
わさび(チューブ)・・・2cm位
白いり胡麻・・・適量

◆作り方◆
① ちりめんじゃこはフライパンで乾煎りし、野菜は全て千切りにする。

② 袋の表示通りに麺を茹で、冷水でしめておく。

③ 器に麺を盛りつけ、千切り野菜とちりめんじゃこをトッピングする。

④ 梅肉とわさびを混ぜたごまだれをまわしかける。

わさびの量は、お好みで加減してくださいね!

d0122397_0131079.jpg


↑具材で麺が全く見えないですね(^^;

d0122397_0134055.jpg


今回使ったのは、先日(→)レシピブログ様からいただいた中から・・・

d0122397_0184230.jpg


こちらの「マルちゃんの冷し中華 ごまだれ」
「マルちゃんの冷し中華 ごまだれ」は、なめらかでモチモチとした食感のストレート麺と、練りごまにすりごまを加えた風味豊かなごまだれが特長の冷し中華だそう。

d0122397_0191634.jpg


今回は、そんなごまだれに梅肉とわさびを加えたのですが、この梅わさごまだれは、カリカリじゃこの他にも、食感は全く異なりますが、しっとり酒蒸しした鶏ささみや胸肉なんかにも、とってもよく合います。 他には、半熟の茹で卵や温たまなんかも美味しいと思います。
千切り野菜は、その時あるもので・・・何でもOKですよ (^o^)/

冷し中華の料理レシピ
冷し中華の料理レシピ


***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2015-05-21 23:57 | Cooking