ブログトップ

candy&sarry&・・・

<   2014年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ブランデーに季節のフルーツを漬けて作る「自家製フルーツブランデー」
自家製フルーツブランデーは、ブランデーに好みのフルーツやスパイスを加えて1~3日漬けるだけというお手軽さで、自分好みのオリジナルブランデーができちゃいます。

d0122397_22405496.jpg


その中で、最近あちこちのブログで見かけ、気になっていた「大葉(青しそ)のフルーツブランデー」を作ってみました。
材料は、ブランデーと大葉のみというシンプルさ。どんな味になるのか、興味津々。

d0122397_22424014.jpg


出来上がった大葉のフルブラを、早速トレビーノの浄水で1:1に割っていただきました。
使った氷もトレビーノの浄水で作ったものです。 美味しい料理や飲み物の基本は、やっぱり美味しいお水ですからね!

d0122397_2251171.jpg


東レのポット型浄水器トレビーノは、専用の容器にカートリッジをセットして、水道水をろ過するだけ。
ポット型なので、お料理に使うだけでなく、そのまま飲み水として、冷蔵庫に常備しておくこともできます。

d0122397_2361278.jpg


東レのポット型浄水器トレビーノ

「高除去」&「時短浄水」
 浄水速度がスピードアップ!(1L 約3分)
 ミネラルそのまま安心の高除去(JIS 12項目クリア)
 カートリッジ内の空気がスムーズに抜けるろ過システムで、高い除去性能はそのままにろ過スピードUPを実現。
 料理や飲み水など、使いたいときにサッと浄水できるので、待ち時間が気になりません。

どんな冷蔵庫のドアポケットにもすっきり、ぴったり!
 浄水部容量:0.8L(全容量:1.2L)
 1列タイプはもちろん、向きを変えれば2列タイプのドアポケットの手前・奥どちらにもぴったり収まります。
 野菜室のスキマにもぴったり!

カートリッジ交換目安表示
 使用量にあわせて、カートリッジの交換時期を設定できます。
 <交換目安> 使用量が1日2Lなら3ヶ月、1日3Lなら 2ヶ月後が交換目安(約200L)です。

洗いやすくて清潔
 全てのパーツが簡単にはずせて、すみずみまで洗えるから、いつでも清潔でキレイな状態でご使用いただけます。

ポット型浄水器と言えば・・・
以前(→)にブリタの浄水器のモニターをさせていただいたことがあるのですが、あちらは冷蔵庫に入れるにはサイズが大きく、お料理に使うにはいいのですが、飲み水として常備しておくには、このトレビーノの方が使いやすいです。
ただ、カートリッジ交換目安表示は、ブリタの方がわかりやすいですね!(あくまで個人的感想です。)
なので、両方の利点を活かし、お料理用と飲み水用に使い分けたいと思いまぁす(*^-^)

***
そうそう・・・肝心な大葉フルブラのお味は?と言いますと・・・

これまた皆さんが言われているように、小梅ちゃんの味でした。そう言われても実際にいただくまでピンとこなかったのですが、特に甘みをつけるとまさしく小梅ちゃん! 何だか面白~い(^m^)
また、今回のように甘みをつけずに浄水で割っただけだとすっきりといただけるので、食事と合わせてもぴったりです。

d0122397_23365495.jpg


気になる方は、是非作ってみてくださいね!

***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2014-06-30 23:41 | Cooking

「海の精 うましお」は、焼き塩に昆布と椎茸の粉末がプラスされたもので、何にでもとっても使いやすく色々活用させていただいてます。ですが、写真はとっていたもののレシピUPするようなものもなく・・・でも、せっかくなので、モニター投稿期日が明日までということもあり、この機会にいくつか簡単にご紹介させてくださいね(*^-^)

d0122397_21311931.jpg


この日は、鯵の塩焼きメインのあっさり和食ご飯。
茄子とベーコン、ピーマンは、オリーブオイルでソテーして、「うましお」でシンプルに味付けしたもの。
・・・今、画像を見て気がついた! 鯵の向きが右向いちゃってますね(><)

d0122397_21204166.jpg


こちらは、タルタルソースたっぷりの白身魚フライメインの夕食。
厚揚げといんげん豆の煮物に「うましお」を使用。出汁はとらなくても、「うましお」があればOK! 簡単に「うましお」と薄口醤油、みりん、酒で煮たもの。
いんげんとトマトは先日(→)のものですよ^^ このトマト、美味しい~♪

d0122397_2121032.jpg


焼肉定食? 牛薄切り肉と玉ねぎ、エリンギ、ピーマンをごま油で炒め、「うましお」とオイスターソースで味付け。 
これ、↑の次の日のご飯で、美味しいトマト(やはりこの時のもの→)をくり貫き、くり貫いたトマトときゅうり、↑で残ったタルタルソース入りのスパサラを詰めました。
・・・このタルタルソースと言い、この日のお味噌汁と言い・・・実は先日(→)の割れた卵の消費だったりします(><)

d0122397_21235833.jpg


この日は煮魚メインの晩御飯。
「うましお」は白菜といんげん豆、豚バラの煮物(というかおひたし?)に使用。この日は、甘辛い煮魚と一緒だったので、醤油は入れずにシンプルな塩味にしましたよ。そこに、ほんの少しだけポン酢を落としていただきました。
またしてもスパサラですが、これは↑の残りではなく、全然別の日に作ったもの。たらこマヨ味です。

d0122397_2121869.jpg


そして・・・番外編?
この日は豚カツメインで「うましお」を使ったメニューではないのですが・・・(^^;

d0122397_21205167.jpg


↑左下のとろとろのお豆腐。

海の精様のモニターは、過去にも本当に色々なものをさせていただいてて、いつもモニター品をいただく際に、会報と共に色々なサンプル品も一緒につけてくださいます。
そんな中で、今回ではないのですが、以前いただいた中にあった「にがり」

d0122397_21305753.jpg


それを使って作ったお豆腐です。 
火にかける時間が少し短すぎたのか、蒸らしがたりなかったのか?ちょっとゆるめのお豆腐になっちゃいましたが、それでも出来立ての自家製豆腐はとっても美味しかったですよ。

d0122397_21241089.jpg


こんなちょっとしたおまけも楽しい海の精ショップ様のモニターでした。


海の精 なんでもソルト ショップページ
海の精ショップファンサイト参加中

***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2014-06-28 22:14 | Cooking

かなりご紹介が遅くなってしまいましたが、あじさいの第二弾です。(第一弾はこちら→

関西ではあじさい寺として有名な奈良の矢田寺。(→
先日の「味噌なめ地蔵」以外にもお地蔵様がいっぱい!

d0122397_092029.jpg


そして、広い境内のいたるところに咲き乱れるあじさい・・・紫陽花・・・アジサイ・・・。 それは、もう見事です。

d0122397_0384279.jpg


矢田寺の本堂裏山には、大正時代に開かれた矢田寺八十八ケ所霊場の「へんろみち」なるものもあります。
矢田丘陵の自然を満喫できる山道に、 四国霊場の各お寺の本尊様と弘法大師様を石仏で現わし巡拝をするコースで、一周約4.5キロの巡拝コースだとか。

d0122397_0424769.jpg


「へんろみち」への入り口にもアジサイ。(さすがに、今回はここまでで、この先には行ってませんが・・・^^;)

d0122397_042554.jpg


この日はお天気もよくて、とっても暑い日だったのですが、
パラソルの下で何とも気持ち良さそうにお昼寝するネコちゃんを発見~!^^

d0122397_0562585.jpg


癒されるぅ~!!!
頭を撫でようが、耳に息を吹きかけようが、前足を持ち上げようが、尻尾を触ろうが、何をしてもされるがまま(^m^) 
一瞬目を開けて寝返りをうつだけで、起きてはくれませんでしたぁ(^^;

d0122397_056404.jpg


当ブログを見ていただいてる方ならおわかりかと思いますが、普段は犬派の私。
でもでも、このネコちゃんだけは特別! 萌え~って感じで、もうたまりません。
子猫ちゃんならまだしも、結構ビックサイズのネコちゃんでしたが、何ともかわいくて・・・
今まで見たネコちゃんの中で一番かもしれません。
ホント、ず~っと眺めていたいくらい、とってもと~っても癒し系のネコちゃんでした。

d0122397_05709.jpg




続きは、アジサイの花々 (画像のみです。興味のある方のみどうぞ!)
[PR]
by candy-sarry | 2014-06-27 23:59 | その他

和食専用のビール「和膳」といただく大和茄子の田楽。 あぁ~日本人でよかったぁー!と思う瞬間^^

d0122397_2153595.jpg


田楽味噌はレンジでお手軽に♪
すり胡麻の代わりに、柚子やすだちの皮を摩り下ろしたものと果汁を加えたり、生姜の絞り汁を加えたりと応用がききますよ。

【大和茄子の胡麻味噌田楽】 2人分
d0122397_21524590.jpg
◆材料◆
大和茄子(小)・・・2個(1個100g位のもの)
エリンギ(小)・・・2本
大葉(青しそ)・・・2枚
サラダ油(揚げ用)・・・適量

<田楽味噌>
味噌・・・大さじ2
砂糖・・・大さじ2
みりん・・・大さじ1
酒・・・大さじ1
すり胡麻・・・小さじ1

◆作り方◆
① すり胡麻以外の田楽味噌の材料を耐熱容器に入れて混ぜ、レンジ(600w)で2分加熱し、すり胡麻も入れて混ぜ合わせる。
d0122397_21504461.jpg

② 茄子は上1/4程を切り落とし、包丁を突き刺すようにして深めに十字に切り込みを入れる。
  ※ 上部の切り落とした茄子(フタの部分)もとっておく。
  エリンギも縦に半分に切る。
d0122397_21505222.jpg

③ ②が半分位漬かるくらいの油を熱し、茄子(フタの部分も一緒に)とエリンギを入れて、中火で転がすようにして素揚げにする。
d0122397_21511031.jpg

④ 茄子の切り落とした部分とエリンギは先にあげ、茄子は揚げ色がついてきて、箸で押さえてみて周りが柔らかくなればOK。取り出して油を切っておく。

⑤ 皿に大葉を敷き、油を切った茄子とエリンギ、茄子のフタの部分も立てかけるようにして飾るように盛り付ける。
d0122397_21512769.jpg

⑥ 茄子に①の味噌を塗る。エリンギには軽く塩(分量外)をふっておくか、味噌を添える。
d0122397_21515090.jpg


ビールに合う簡単和食料理レシピ
ビールに合う簡単和食料理レシピ


先日出かけた奈良の産直で仕入れてきた大和茄子。まんまるのかわいらしい茄子で、初めてだったのですが、一目ぼれ。
このかわいらしい形状を活かして、小さめ(トマト大位)のものをそのまま丸ごと田楽に(^o^)/
田楽にすると、しっかりした肉質で食べ応え十分! 皮も柔らかくて、そのまま全部いただけます。
大和茄子が手に入らなければ、もちろん普通の茄子や米茄子なんかでもいいですよ!

d0122397_21533431.jpg


残りの大きめのものは、半分に切って、チーズをのせてグラタン風にしたいなぁー♪

d0122397_21575571.jpg


***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。



続きは「味噌なめ地蔵」
[PR]
by candy-sarry | 2014-06-26 22:11 | Cooking

関東の方は雹や大雨で大変な様子。ニュースでみてびっくり!
それに比べてこちら、関西は、梅雨にもかかわらずほとんど雨が降らない状態。
それでも湿度は高いのか、蒸し暑い毎日が続いています。

d0122397_047553.jpg


ビールが美味しい季節になってきましたが、今日はsuntory様から新発売の「和膳」をいただいてみました。
「和膳」は繊細な和食の味を引き立てる「和食専用のビール」だそうで、和食の合わせだしをヒントに厳選した5種類の麦芽を重ね合わせ、素材のうまみを活かす天然水100%でじっくり丁寧に仕込み、やわらかな口当たりの「うまみ、繊細」な味わいに仕上げたのだとか。
アルコール度数は3.5%と、ビールにしては少々低め。

d0122397_046455.jpg


この「和膳」に合わせ、今夜は和食です。
この蒸し暑さには、酸味で食欲も増進!ってことで、カレイの唐揚げを甘酢あんかけ仕立てにしてみました。
甘酢あんの材料は、先に片栗粉まで全て混ぜ合わせておくので、簡単!失敗なし!です。

【カレイの唐揚げ~甘酢野菜あんかけ~】 2人分

◆材料◆
d0122397_1334220.jpgカレイ切り身・・・2切
片栗粉・・・大さじ1.5
揚げ油(サラダ油)・・・適量

玉ねぎ・・・1/4個(正味45g)
人参・・・薄切り5枚分程度(正味30g)
ピーマン・・・1個(正味25g)
土生姜・・・薄切り2~3枚分
胡麻油・・・小さじ1

<甘酢あん>
米酢・・・大さじ2
砂糖・・・大さじ2
酒・・・大さじ1
しょうゆ・・・小さじ1
塩・・・ひとつまみ
水・・・150~200cc
片栗粉・・・小さじ2~3

◆作り方◆
① 野菜類は種や皮を取り除き、全て千切りする。ボウルで甘酢あんの材料を混ぜ合わせておく。
d0122397_0472230.jpg

② カレイは裏表共、十字に切り込みを入れ、キッチンペーパで水分をとり、軽く塩こしょうしておく。
d0122397_0473253.jpg

③ 揚げ油を熱し、カレイの両面に片栗粉をまぶして揚げる。
d0122397_0474036.jpg

④ 別の鍋にごま油を熱し、野菜類をしんなりするまで炒める。
d0122397_047509.jpg

⑤ 甘酢あんの材料を(片栗粉が沈むので)再度かき混ぜてから、④の鍋に入れ、透明になってトロミがつくまで混ぜながら煮て火を止める。
d0122397_048420.jpg

⑥ カレイの油をきり、器に盛り付け、⑤の甘酢あんをたっぷりとかける。
d0122397_048132.jpg


ビールに合う簡単和食料理レシピ
ビールに合う簡単和食料理レシピ


ふと見れば・・・
 味付けは違うものの、たっきーママさんのレシピと若干かぶってますね(><) 

d0122397_154189.jpg


 ↑この中からもう一品ご紹介したいものがあるのですが、それはまた次回に・・・!

***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2014-06-25 23:59 | Cooking

モニター期間は終了しましたが、引き続き「スゴイダイズ」を使ったレシピ。
とっても美味しくできたので、覚書です。

d0122397_22465716.jpg


「スゴイダイズ」は、やっぱり濃厚です。 まるで生クリームを使ってるみたい(^m^)

【豆乳プリン】 小7個分

◆材料◆
卵・・・120cc(2~3個)
スゴイダイズ無調整タイプ・・・420cc
砂糖・・・大さじ3.5
黒蜜またはメープルシロップ、はちみつ等・・・お好みで

◆作り方◆
① 卵を割りほぐし、砂糖を加えて混ぜ、スゴイダイズも加えて混ぜ合わせる。

② 型に注ぎいれ、蒸し台をセットした圧力鍋に入れる。(圧力鍋の底に100cc位の水を入れておく)※
d0122397_2241650.jpg

③ 圧力鍋を火にかけ、錘が動き出してから1分加熱。蒸らし10分で圧力を抜く。
 (表面がうっすら固まれば、出来上がり。)
d0122397_22444818.jpg

④ 圧力鍋から取り出し、荒熱をとり、冷蔵庫で冷やす。
d0122397_22422911.jpg

⑤ お好みで、黒蜜またはメープルシロップ、はちみつ等をかけていただく。

※ 型の大きさ、圧力鍋の圧や大きさ、なべ底に入れる水の量によって加熱・蒸らし時間が変わります。

実は、安売りの卵(6個入り)をgetしたまではいいものの、冷蔵庫に入れる際に、うっかりおとしてしまい、6個共見事に割れちゃいました(><)
なので、その卵を消費するために、作ったプリンだったりします(^^;
材料の卵がcc表記で、2~3個とあやふやなのは、そのためです。
今回、割れた卵を全部ボウルに割りいれ、殻が入っていたので取り除き、混ぜ混ぜしたその半量を使用しました。
卵が割れた際に、多少白身はこぼれているので、3個分きっちりはないと思いまぁす(^^;

本当は、型の底にカラメルソースか黒蜜を入れてからプリン液を流し込み、蒸したいところなんですが、なんせそんなこんなで(?)夜な夜な作ったプリンだったりするので、カラメルソースを作るのが面倒で、省略。
後からかけていただきました。

d0122397_22513761.jpg


ちなみに、これはこの時のローズシロップをかけたもの。 他には、メープルシロップをかけたりもしていただきました。
でも、個人的には豆乳プリンには黒蜜がイチオシです。 あれば、是非黒蜜で召し上がってみてくださいね!

d0122397_22512359.jpg


そうそう、これ先日実家にも持って行ったのですが、その際に「スゴイダイズ」も1本お裾分けしたら
早速、その夜に豆乳味噌スープ(レシピはこちら→)を作ってくれたみたい^^
「美味しかったよ。ありがとう。」と母から即メールが。 こちらこそ、ありがとう!

***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。



みんなで作る新商品
[PR]
by candy-sarry | 2014-06-23 23:06 | Cooking

先日は、あじさいの<第一弾>(→)をUPしましたが、<第二弾>をご紹介する前に・・・。

d0122397_23392293.jpg


先週行った池田城跡公園(→)のテッポウユリを先にご紹介。

d0122397_23384162.jpg

d0122397_23381630.jpg


お城の上から見たところ。

d0122397_23382412.jpg


この時期、あじさいも綺麗だけど、ゆりも素敵ですよねぇ~?!
今年はゆりが少し遅めのようで、先週行った時はまだつぼみがたくさんあったので、ちょうど見頃だと思いますが・・・明日は残念ながら雨みたいですね・・・(><)

d0122397_2339157.jpg


そして・・・大阪の池田と言えば、インスタントラーメン発祥の地。 こちらも外せない?

d0122397_23525613.jpg


インスタントラーメン発明記念館です。(→

d0122397_2353575.jpg


オリジナルのマイカップヌードル作りに挑戦!(予約不要。1食300円)

d0122397_005028.jpg

d0122397_00584.jpg


作ったものは、こうしてお持ち帰り。

d0122397_01868.jpg


こちらでは、カップヌードルの他に、麺を捏ねるところから始めるチキンラーメン作りも体験できるんですよ。(予約制。大人500円、子供300円)
今度は、こちらも是非チャレンジしてみたいなぁー。
  ・・・と思って見てみたけど、もう既に土日は3ヵ月先まで満席でした(><)
   ※ 予約は3ヵ月前からしかできません。

d0122397_051458.jpg


ここは、入場や駐車場は無料で、体験にかかる費用のみという嬉しさ。親子で楽しめる場所だと思います。
ただ、駐車場は狭いのですぐいっぱいになるし、カップヌードル作りは人気で、すごい行列が。。。
なので、できれば午前中に行かれることをお奨めします。(近隣には、有料駐車場もありますがね。)
ちなみに、私達は昼過ぎに行ったので、当然駐車場の空きはなく、近隣の有料駐車場に停め、カップヌードル作りは60分待ちでした。(さらにその後は、90分待ちになってました。)

ご当地麺やグッズの販売なんかもありますよ。

d0122397_0505442.jpg

d0122397_051169.jpg


無料で嬉しいと言えば、こちらも!(→

d0122397_0154862.jpg


無料というだけあって、動物園には必ずいるようなゾウやキリン、ライオンといったものはいなくて、そんなにたくさんの動物もいません。
でも、オーストラリアと姉妹都市である池田市。こんなめずらしい動物がいるんですよ。

一番人気のウォンバット。 他には、画像はないけど、ワラビーもいました。

d0122397_0155869.jpg

d0122397_01664.jpg


かわいらしいウサギや羊にヤギ、ポニーなんかの小動物もたくさんいます。

d0122397_0161258.jpg

d0122397_114768.jpg


あっ、もちろん先の池田城跡跡も・・・今日ご紹介したところは、全て無料です。 池田市、すごいですね!
色々遊べます(^-^)/

***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2014-06-22 00:52 | その他

かつおや昆布で丁寧に出汁をとったお吸い物や煮物は、本当に美味しいものです。
もちろん時間がある時はそうして出汁をとるのですが、毎回は面倒ですし、たまには(いつも?^^;)手抜きもしたいもの。
フルタイムで仕事をしていると、しかも残業して帰ってくると平日はそんな元気もなく、休みにまとめてとるにしてもなかなか・・・(><)

d0122397_2328536.jpg


そんな時、出汁をとる代わりに、よく昆布茶や具を兼ねてとろろ昆布を使ったりもするのですが、今回は「海の精 うましお」で味付けと出汁を兼ねて時短(^-^)v

やきしおに昆布や椎茸の粉末が入った「海の精 うましお」は、水分と熱があれば、昆布と椎茸からだしが出て、さらに最後に加えるかつお節からもだしが出るでの、最初に出汁をとる手間が省けます。
また、最初に具材をごま油で炒めることで、コクが、そして最後の醤油で香りと風味UP!

【小松菜と油揚げのお吸い物】 2人分
d0122397_23282122.jpg
◆材料◆
小松菜・・・1株
薄揚げ・・・1/3枚
水・・・360cc
酒・・・大さじ1
うましお・・・小さじ1/2
醤油・・・小さじ1/2
ごま油・・・小さじ1/2
かつお節・・・少々

◆作り方◆
① 小松菜は2~3cmの長さに切り、軸と葉の部分に分けておく。
  薄揚げは半分に切って、さらに細切りにする。
d0122397_23264577.jpg

② 鍋にごま油を熱し、小松菜の軸と油揚げを炒める。
d0122397_23265564.jpg

③ ②に油がまわり、少ししんなりしたら、水と酒を加え、沸騰したらうましおと小松菜の葉を加える。
d0122397_232777.jpg

④ 小松菜の葉がしんなりしたら醤油をまわし入れ、火を止める。
d0122397_23272585.jpg

⑤ 器に盛り、かつお節を散らす。
d0122397_2328536.jpg


本当は・・・この日はお味噌汁にするつもりで具材(油揚げと小松菜)を用意したんですよね?!
ところが、いざ火にかけてから、味噌を切らしていたことに気付いた次第(><)
そこで、急きょ、お吸い物に変更となりましたとさ(^^;

まぁー、結果美味しくできたので、ヨシとしましょう。

d0122397_23274815.jpg


海の精ショップファンサイト参加中

***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2014-06-19 23:58 | Cooking

蒸し暑い今日この頃、そろそろ夏バテや食欲不振になる人もでてくるのではないでしょうか?
そんな時には、先日(→)の「海の精 うましお」を使って、こんな生姜が効いたさっぱりとした炊き込みご飯はいかがですか?

d0122397_21443021.jpg


やきしおに昆布や椎茸の粉末が入った「海の精 うましお」は、“水分と熱があれば、昆布と椎茸からだしが出ます。水分や熱がない付け塩や漬物にはあまり向きません。”とのこと。
なので、今回のようなお料理にはぴったりですよね?!

海の精ショップファンサイト参加中

しっかりとおかずも食べれるよう、ご飯の味付けは控えめにしているので、お好みで「海の精 うましお」の量は加減してください。

【蓮根とミンチの炊き込みご飯】 2合分
d0122397_2145965.jpg
◆材料◆
米・・・2合
水・・・360cc
酒・・・大さじ1
海の精 うましお・・・小さじ1
合挽きミンチ(または鶏ミンチ)・・・80g
蓮根・・・100g
土生姜(これからの季節、あれば新生姜でも)・・・薄切り2~3枚分
枝豆(塩茹でしてサヤからとりだしたもの)・・・適量

◆作り方◆
① お米を研いで分量の水に浸しておく。

② 蓮根は皮を剥いて、縦に4等分にし、さらに2~3mmの薄切りにする。
  生姜も皮を剥いて、千切りにしておく。
d0122397_21434743.jpg

③ ①に酒とうましおを加えて軽く混ぜ、蓮根とミンチ、生姜をのせて、炊飯器で普通に炊く。
d0122397_2144085.jpg

④ 炊きあがったら、混ぜ合わせて器に盛り、枝豆をトッピングする。
d0122397_21443021.jpg


彩りに枝豆を散らしました(*^o^)
なければ、刻みネギや大葉(青しそ)、貝割れなんかでもいいですよ。

d0122397_220033.jpg


この日の献立は、豚肉のおじゃがロールフライ(前日の残り)、サニーレタスとプチトマト、ごぼうサラダ、塩鯖、人参ときゅうりのぬか漬けをワンプレート盛りにし、あとはお吸い物。
簡単なものですが、このお吸い物にも「海の精 うましお」を使っているので、また後日レシピご紹介させてくださいね!

d0122397_2148880.jpg


***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2014-06-17 22:15 | Cooking

まずは近場のアジサイから。
下水処理場内のアジサイがこの時期、一般公開されます。(→
前々から一度行ってみたいと思いながらも、機会を逃してて、やっと行くことができました^^ 

d0122397_2257593.jpg


色とりどりのアジサイ。
いやぁー、単にアジサイと言っても、本当に色々な種類があるんですねぇー!
ここにあるものだけでも、50種類になるのだとか。 そんな中から、ほんの一部をご紹介(*^-^)

d0122397_225632.jpg

d0122397_22561894.jpg

d0122397_22562555.jpg

d0122397_2323197.jpg

d0122397_23192843.jpg

d0122397_22572192.jpg

d0122397_239051.jpg

d0122397_23193745.jpg

d0122397_2323972.jpg


中にはこんな変わったアジサイも。

d0122397_22563862.jpg

d0122397_232545.jpg


てんとう虫発見♪^^

d0122397_2322121.jpg


そして・・・下水処理場らしく、これっ! マンホールの蓋です。 かわいいでしょ?!

d0122397_23424320.jpg


***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。



続きは、通常は深夜営業の天ぷら屋さん
[PR]
by candy-sarry | 2014-06-16 23:35 | その他