ブログトップ

candy&sarry&・・・

モラタメさんから頂いた「ラーマ バター好きのためのマーガリン(160g)×6箱セット
マーガリンはそのままパンにぬって、料理に、お菓子に・・・と色々使えるので重宝しますよね?!
早速今回も色々なものに使ってます。

d0122397_22425113.jpg

↑まずはそのままトーストした自家製パンにぬって味見(左上)。
そこで素朴な疑問・・・普段、マーガリンではよく「ラーマ バター風味」を購入するのですが、今回のとどう違うのでしょうか?
画像下段の真ん中は、残り物のバケットを使ったラスク。
“加熱するとコクと風味がさらに広がる”とのことなので、バケットを薄く切って少し乾燥させ、今回頂いたマーガリンをたっぷりとぬり、シナモンシュガーをふってオーブントースターで焼いたもの。
マーガリンの塩気とシナモンシュガーの甘さがクセになりそう。
これ、簡単だけどとっても美味しい♪ 今回のマーガリンのおかげ?それとも・・・?
そして、右上の画像はココナツクッキー。
1箱使ってたくさん作りました。こちらも簡単に美味しくでき、せっかくなので、レシピのせますね! 
よかったら作ってみてくださぁい^^

【ココナツクッキー】50~60枚分

ラーマバター好きのためのマーガリン・・・1箱(160g)
砂糖・・・200g
ココナツロング・・・60g
薄力粉・・・280g
無糖ピュアココア・・・大さじ3

① 室温に戻したバターと砂糖を泡立器でクリーム上になるまですり混ぜる。
② ココナツと粉を加え、ゴムベラである程度まとまるまで混ぜ、半分に分ける。
③ ②の半分はそのまま、もう半分にココアを加え、それぞれさらにまとまるまで手で混ぜる。
④ ③をそれぞれいくつかの棒状にし、ラップで包み冷凍庫で1~2時間冷やす。
⑤ 好みの厚さ(7~8mm位)に切って天板に並べ、180℃に予熱したオーブンで15分程焼いて出来あがり。

※④でそのまま冷凍しておいても可です。食べたくなったら、好きな時に好きなだけ焼けていいですよ。
冷凍庫で保存していた場合は、出してすぐ切ると砕けてバラバラになりうまく切れなかったりするので、10~15分程常温においてから切った方が綺麗に切れます。
卵を使わず、マーガリンをたっぷりと使用しているので、熱でマーガリンが溶けて焼くとかなり広がって薄くなります。なので、カットは厚めにするのがコツです。
ちなみに↓左が焼成前、右が焼成後。 わかりますかぁー?

d0122397_2363743.jpg

このクッキーは、実家と職場にも持っていきました。(実家にはマーガリン自体もお裾分け)

今回のマーガリン、他にも料理(炒め物、スープ、グラタン等)にと大活躍で、6箱頂いてもあっという間になくなりそうです。


[PR]
by candy-sarry | 2012-06-27 23:12 | Sweets & Bread

たまには・・・

モラタメさんのタメせる商品です。いつもモラえるなんですけど・・・たまには・・・ね(^^;

以前から残業が多いのですが、最近とくにGWも仕事だったように、それ以降も残業残業の毎日で
食事の時間も不規則な上に簡単なものが多いし、買い物もいけないので野菜不足が気になる今日この頃。
そんな時にモラタメさんで見つけたこちら↓

d0122397_0345519.jpg

1日に必要される野菜350g分を100gに超濃縮して食べやすいゼリー飲料にしたという「野菜一日これ一本 超濃縮ゼリー16個セット
早速お試し!ってことで、ポチっと^^



その感想は・・・
[PR]
by candy-sarry | 2012-06-15 00:52 | その他

お水の味がわかるのは、やっぱりご飯でしょうか?!
・・・ということで、温泉水を使ってご飯を炊き、おにぎりにしてみました。

d0122397_027492.jpg

本当は普通に何もいれずに白いご飯をそのまま味わった方がよくわかると思うのですが、
それじゃーレシピにならないので・・・(^^;
心持・・・いつもよりふっくら炊きあがったかなぁ・・?!

【鮭と大根葉の混ぜご飯おにぎり】 コンビニサイズおにぎり約3~4個分

米・・・1合
温泉水・・・180cc
塩鮭・・・小1切
大根葉・・・適量
土生姜(みじん切り)・・・小さじ1/2~1
白すり胡麻・・・小さじ1
塩・・・適量

① いつもの水加減で普通にご飯を炊く(もちろんお水は「温泉水99」)
② 鮭を焼いて、皮と骨を取り除き、細かくほぐしておく。
③ 沸騰したお湯に塩少々を加え、大根葉を色が鮮やかになるまでさっと茹でる。
④ ③を冷水で冷やし、水気を絞り、細かくみじん切りにし、さらに固く水気を絞っておく。
⑤ ①に②と④、土生姜、胡麻を混ぜ、味をみて塩少々を加えてさらにご飯をつぶさないように混ぜる。
⑥ ⑤を3~4等分し、握る。

最後に加える塩は、鮭の塩加減により調節してください。
大根葉は、本当に葉っぱの部分でなくても、大根についてる根元の青い軸の部分で十分ですよ。
それぞれの分量は目安なので、どのくらいでもいいんです。お好みで調整してください。

温泉水99を使った料理レシピ
温泉水99を使った料理レシピ

[PR]
by candy-sarry | 2012-06-05 00:48 | Cooking

d0122397_23503091.jpg
今回レシピブログさんから頂いたのは、何とミネラルウォーター(2L)x6本。
この「温泉水99」は鹿児島県桜島の麓にある垂水温泉の地下750mから47℃で湧出する貴重な天然の飲めるアルカリ温泉水らしく、これで料理を作ってくださいとのこと。

美味しいお水ならそのまま飲みたいところですが、浸透性や溶解性が抜群のお水なのでお料理にも最適!とのこと。
お水は料理にとっても基本なので、かえって何を作ればよいのか、何に使おうか迷ったのですが・・・
この暑くなってきた季節に反して(苦笑)出汁ごといただけるシンプルな鍋にしてみました(^^;

温泉水99を使った料理レシピ
温泉水99を使った料理レシピ


【シンプル寄せ鍋】 3人分

d0122397_2358567.jpg豚バラうすぎり肉・・・150g   白菜・・・葉2~3枚
鶏モモ肉・・・60g         もやし・・・1/3袋
海老・・・2~3尾          水菜・・・50g
ウインナー・・・2~3本      ニラ・・・1/2束
ちくわ・・・1~2本         大根・・・薄切り6枚
豆腐・・・1/2丁          人参・・・薄切り3枚
油揚げ・・・1/2枚         しめじ・・・大1/3株
生わかめ(塩蔵)・・・適量    えのき・・・1/2株

<つくね>
鶏ミンチ・・・100g
豆腐・・・1/8~1/4丁
刻みネギ・・・大さじ4
土生姜(みじん切り)・・・小さじ1弱
塩・・・小さじ1/4

<鍋つゆ>
温泉水・・・1L(1000cc)
出汁昆布・・・10cm角
薄口醤油・・・60cc
本みりん・・・60cc
酒(食塩無添加)・・・60cc
塩・・・小さじ1/3

<薬味>
刻みネギ、すり胡麻、柚子こしょう、一味唐辛子、七味唐辛子、等

1.野菜、肉類の下ごしらえをし、お皿に盛り付ける。
 ・白菜・・・軸と葉に分けて、葉はざく切り、軸は長さを6~8cm位にし繊維に沿って細切り。
 ・水菜、ニラ・・・5~6cmの長さに切る。
 ・大根、人参・・・皮を剥いて3mm位の暑さに薄切り。
 ・しめじ、えのき・・・根元を切り落とし、食べやすくばらしておく。
 ・薬味とつくね用のネギを刻み、つくね用の土生姜もみじん切りにしておく。
 ・豆腐・・・6等分に切っておく。
 ・油揚げ・・・幅5mm位の細切り。
 ・生わかめ・・・流水で塩を洗い流し、食べやすく切っておく。
 ・豚バラ肉・・・大きければ食べやすく切っておく。
 ・鶏モモ肉・・・食べやすく切っておく。
 ・ちくわ・・・適当に斜め切り。
 ・つくね・・・材料を全て手で粘り気が出るくらいまで混ぜ合わせる。(豆腐は水切り不要!)
2.鍋つゆを作る。
 ① 鍋に温泉水を入れ、昆布をつけてしばらく(10分以上)おく。
 ② ①を火にかけ、沸騰寸前で昆布を取り出す。
 ③ 醤油、本みりん、酒を入れ、様子をみながら塩で味を整える。
3.食卓で鍋を火にかけながら、適当に2に1を入れ、火が通ったものから順に、お好みで薬味を入れて召し上がれ。

鍋つゆが煮詰まったら、随時温泉水を足してください。(余分に温泉水に昆布をつけて置いてたものなら尚可!)
今回の具材はこれだけですが、他に魚介類(今の時期なら鮭、鰆、はまぐり、あさり等)があれば入れてください。
最後はご飯を入れて雑炊にしたり、うどんや中華麺を入れても美味しいですよ。

d0122397_23574414.jpg

[PR]
by candy-sarry | 2012-06-02 00:09 | Cooking

サンマの香味焼き

レシピブログさんから頂いたカレーパウダー用のスパイスたち・・・
結局、最初に作ったカレーパウダーの使いまわしですが、何にでも使えるので重宝してます。

d0122397_065087.jpg

【秋刀魚の香味焼き】 2人分

塩さんま・・・2匹                         <オリジナルカレーパウダー> 作りやすい量
オリジナルカレーパウダー・・・小さじ1/2~1           クミン・・・小さじ2
小麦粉・・・小さじ1                           レッドペッパー・・・小さじ1/2
片栗粉・・・小さじ1                          ターメリック・・・小さじ1
胡麻油・・・大さじ2/3~1                       ジンジャー・・・小さじ1
水菜・・・適量                              カルダモン・・・小さじ1
ポン酢・・・適量

※カレーパウダーは、小さめの入れ物で先に全て混ぜ合わせておく。

① さんまは頭と尾を落とし、3等分の筒切りにし、はらわたを押し出すようにして取り除く。
② ①を水で洗い、ペーパータオルで水気をふき取っておく。
③ 水菜は洗って根元を落とし、3cm程の長さに切っておく。
④ カレーパウダー、小麦粉、片栗粉を混ぜ合わせ、②の表面にまんべんなくつける。
⑤ フライパンに胡麻油を熱し、④をこんがりと焼き色がついて中に火が通るまで、揚げ焼きにする。
⑥ ⑤を皿に盛り、水菜をたっぷりと散らす。
⑦ ポン酢とお好みで一味をかけて召し上がれ♪

カレーパウダーはしっかりと風味を効かせたければ多めに、魚の臭みを消す程度なら少なめに、お好みでどうぞ。
水菜はたっぷり散らして、魚と一緒に食べると美味しいです。
水菜の他に、三つ葉や白髪葱でもOKですよ。

手作りカレーパウダーの料理レシピ
手作りカレーパウダーの料理レシピ

[PR]
by candy-sarry | 2012-06-01 00:17 | Cooking