ブログトップ

candy&sarry&・・・

キャンディ近況

毎月1ヵ月分まとめてキャンディの心臓のお薬を貰いに行ってるのですが、今日は健康診断を兼ねたフィラリアの血液検査に久々キャンディを連れて病院に行ってきました。
d0122397_00225.jpg


d0122397_04186.jpgその結果、毎年お薬もきちんと飲ませてるので、もちろんフィラリアは陰性でした。
でも、貧血だってー(><) 元気だし、食欲もあっていつも完食なんだけどねぇー。
それ以外の血液検査の結果は良好。
体重は4.4kgと去年に比べてまた少し減ってます。
歳とって太ってるよりいいらしいけど、食べてる割に減ってきてる・・・まぁー、こちらも急激に減ったりしなければ大丈夫とのことですが。
そして、心臓の方も少し雑音はあるものの、そう悪くはなってないらしい。
心臓が悪い子はやはりどんどん悪くなる傾向にあるらしいけど、幸い、キャンディは進行が遅いらしく、薬もきついものに変えなくても現状維持で大丈夫らしい。
乳腺の腫瘍も数も増えかなり大きくなってきているものの、リンパは腫れてないし、良性みたいなので、とりあえずはOKとのこと。
歳と共に色々あるものの、15歳のキャンディさん頑張ってくれてます。

貧血なので、餌にレバーを混ぜてあげるか、もしくはレバーで下痢をしたりする子はシニア用のフードであれば、普通のアダルト用のフードを混ぜるといいとのこと。(いつもシニアのフードをあげてる子は、最近貧血や低蛋白の子が多いらしい。)
キャンディ、最近胃腸も少し弱っているのか、食欲はあるものの、急にフードを変えたり、他のものをあげると下痢と便秘を繰り返したりするので、要注意だったりします。

と、そんな今日この頃に届いたもの。
[PR]
by candy-sarry | 2012-05-28 00:40 | Candy&Sarry | Comments(0)

久々にパンを焼きました。

d0122397_1611764.jpg

仕込み水は牛乳のみ。210℃のオーブンで15分焼いたら、ちょっと焼きすぎ?温度が高すぎたみたい。ふんわりしたパンが焼きたかったのに、外側がしっかり固くなっちゃいました。久々で感覚がちょっと鈍ってますね(^^;
d0122397_1612823.jpg

お粉280gの量をどんとひとまとめにして、クープも何も入れずに焼いたので、膨らんで下から裂けてきてます。

荒熱がとれてからカットしたのですが、外側がほんとしっかりこんがり焼けたので、これまた中がふんわり柔らかすぎて、切りにくいのなんのって・・・(><)

でも、久々のパンは美味しくできましたよ。 やっぱりおうちで焼くパンっていいですね!

d0122397_161155.jpg


続きはこれまたパンとは無関係ですが・・・
[PR]
by candy-sarry | 2012-05-26 16:16 | Sweets & Bread | Comments(0)

あんかけカレー素麺

先日の残りのカレーパウダーを使って♪
食欲がないときでも、麺だと食べやすく、カレーの風味が食欲をそそりま~す。  あんも麺にしっかり絡みます。

d0122397_23522644.jpg

【あんかけカレー素麺】 2人分

素麺・・・3束
豚切り落とし肉・・・100g
玉ねぎ・・・小1/2個
ピーマン・・・1個
オリジナルカレーパウダー(下記参照)・・・小さじ1
塩胡椒・・・少々
d0122397_23564332.jpgバター・・・10g
めんつゆ・・・大さじ3
酒・・・50cc
水・・・100cc
片栗粉・・・小さじ2

<オリジナルカレーパウダー> 作りやすい量
クミン・・・小さじ2
レッドペッパー・・・小さじ1/2
ターメリック・・・小さじ1
ジンジャー・・・小さじ1
カルダモン・・・小さじ1

※カレーパウダーは、小さめの入れ物で先に全て混ぜ合わせておく。

① 玉ねぎは皮を剥いて半分に切り、繊維に沿って薄切りにする。
  ピーマンは縦半分に切り、種を取り除き、横に薄切りにする。
  豚肉は食べやすい大きさに切っておく。
② 片栗粉を水50cc(分量外)で溶いておく。
③ 素麺を表示より少し短めに茹でて、水でしめておく。
④ 鍋を熱し、バターを溶かして、豚肉、玉ねぎ、ピーマンを炒め、軽く塩胡椒する。
⑤ ④にカレーパウダーをふりいれてさっと炒め合わせ、酒、めんつゆ、水を加える。
⑥ ⑤が沸騰したら、水溶き片栗粉を加え、混ぜながらとろみがつくまで少し煮て火を止める。
⑦ 素麺をお皿に入れ、上から⑥のカレーあんをかけて出来上がり。

素麺はカレーあんをかける前にさっと湯通しして温めてもらえば、尚美味しくいただけると思います。
また、逆にカレーあんを先に作っておいて冷ましておき、水でしめた素麺にかけ、冷たくしても美味しいです。
他にアレンジとして、出来上がったものにざく切りにした水菜や貝割れを散らすと見た目、食感ともよくなりますし、
麺をパスタに代えてもいいですよ。 
あんの具も豚肉の代わりに牛肉やツナ、野菜も人参やきのこ類(椎茸、えのき)等入れてもいいですし、お好みでどうぞ。

手作りカレーパウダーの料理レシピ
手作りカレーパウダーの料理レシピ


おまけ・・・
[PR]
by candy-sarry | 2012-05-26 00:00 | Cooking | Comments(0)

レシピブログさんより届いた手作りカレーパウダーに最適なスパイスたち。
ジンジャー、クミン、ターメリック、レッドペッパー、ガラムマサラ、そしておまけにシナモンシュガーまでついての全6種類。

d0122397_038195.jpg

これらを使って、まずオリジナルブレンドのカレーパウダーを調合し、今回はそれを炒め物に使いましたので、まずはそのカレーパウダーの配合からご紹介。

d0122397_041688.jpg
<オリジナルカレーパウダー> 作りやすい量

クミン・・・小さじ2
レッドペッパー・・・小さじ1/2
ターメリック・・・小さじ1
ジンジャー・・・小さじ1
カルダモン・・・小さじ1

※カレーパウダーは、小さめの入れ物で先に全て混ぜ合わせておく。


今回いただいたスパイスの中から、クミン、レッドペッパー、ターメリック、ジンジャーをチョイスし、うちにあったカルダモンをプラスしました。カレーの香りと言えば、クミンですが、こちらの応用編でも書かれている通り、カルダモンは爽やかな香り(風味)で大好きなんですよね?!

そして、今回このカレーパウダーを使って作ったのがこちらの炒め物↓

d0122397_047571.jpg
【厚揚げと水菜のスパイシー炒め】 2人分

厚揚げ(4~5cm角のもの)・・・4~5個
豚切り落とし肉・・・100g
水菜・・・100g
胡麻油・・・小さじ1
酒・・・大さじ1/2
塩・・・小さじ1/3
醤油・・・小さじ1/2
オリジナルカレーパウダー・・・小さじ2


① 厚揚げは暑さを3等分に切り、豚肉も大きければ食べやすい大きさに切る。
  水菜は根元を落とし、3~4cm長さに切っておく。
② フライパンに胡麻油を熱し、豚肉、厚揚げを入れて炒める。
③ 豚肉の色が変わりかけたら、塩とカレーパウダー、酒、醤油を入れて豚肉に完全に火が通るまでさらに炒める。
④ ③に水菜を入れ、さっと炒めあわせて火を止める。

カレーパウダーの分量は作りやすい量なので、今回使用する量より多めです。
残りは香りが飛ばないように密封保存し、また他のものに活用してくださいね。

いやぁー、それにしてもオリジナルカレーパウダーって楽しいですよね?!
以前にスパイスセミナーに参加させていただいてからはまってます^^(その時の様子はこちら→前編中編後編
簡単にできて、その時々で配合を変えれば、また違ったものになり、風味や辛さの調節も好みで自由自在に調節できますもんね。
今回いただいたスパイスの中で、シナモンシュガーは別のような感じですが、実はシナモンもカレーにすごく合うので、シュガーが入ってても大丈夫! 実際、私はカレーを作る際にその時の気分で砂糖やジャムをプラスすることもあります。その方が深みが出て美味しかったりするんですよ。
ガラムマサラは既にいくつかのスパイスがMIXされたもので、カレー等には最初に入れるより、最後にプラスすると風味が飛ばなくていいのですが、今回の炒め物でも最後に入れてもいいなと思いつつ・・・忘れてましたぁ(^^;

手作りカレーパウダーの料理レシピ
手作りカレーパウダーの料理レシピ

[PR]
by candy-sarry | 2012-05-25 01:15 | Cooking | Comments(0)

先日のブランデー漬けオレンジを使って、ジャム(マーマレード)を作りました。

d0122397_0291718.jpg

ブランデーに漬けていたオレンジは色が悪くなっているものの、とっても良い香りで捨てるには勿体ない!・・・ってことで、やっぱりジャムにするしかないでしょう?!
皮は白い部分もちゃんと処理していたので、そのまま刻んで使えるし、実と一緒にレモン(皮の黄色い部分と実)もプラスしてオレンジジュースで煮ましたよ。
また、そのプラスしたレモンはこの時と同じ・・・ノーワックスの特大レモンです。
ブランデー漬けのオレンジ1個分に対して特大レモン1/4個の割合に、オレンジジュースが200cc、あとは味を見ながら適当にお砂糖を入れて、ことこと煮込んで出来上がり。(出来上がりはちょうど上記の1瓶分でした。)
オレンジがしっかりブランデーに浸かっていたので、少し色は悪いですが、ブランデーのうまみと香りがプラスされて、またブランデーに漬けることでかなりまろやかになっていたので、その分の酸味をレモンで補い、お味の方はなかなか良い感じに仕上がりましたよ^^

続きは全然関係ありませんが、いつものごとく・・・
[PR]
by candy-sarry | 2012-05-17 01:09 | Sweets & Bread | Comments(0)

まず最初に・・・。
春になると当ブログのアクセス数が急増するのですが、皆さん山菜目当てにきてくださっている方が多いと思います。
自己流での山菜処理なんですが、こんなブログでも参考にしてくださってる方、また冷やかしででもきていただいてる方、本当にありがとうございます。
このGW・・・いつもなら山菜・・・といきたいところなんですが、今年はGW返上で仕事してました(ToT) 
なので、一切山菜はなしです(><) ごめんなさい・・・

・・・で、前置きが長くなりましたが、タイトルのブランデーです・・・
モラタメさんから頂いた「サントリーブランデーV.O (640ml)/漬け込み瓶」
漬け込みの密封瓶は非売品だそうですが、これを使って【ブランデースプリッツアー】を作ってくださいとのこと。
ブランデースプリッツアーって何?状態の私でしたが、私と同じくわからない方はこちら(→)をみてくださいね!

d0122397_2314535.jpg

何と漬け込み瓶だけでなく、30ccの計量スプーンまでついて至れり尽くせり^^
あっ?!ちなみに、このオレンジはついてませんでしたよ(^^;
どんなフルーツで作っても良さそうなんですが、オレンジで作ってる写真があまりにも美味しそうだったので・・・
何のひねりもなくてすみません(><)
一緒に作り方が詳しく書かれたものも入ってたので、まずはその通りに作ってみました。

d0122397_23191329.jpg


今、ウイスキーで作ったハイボールがすごく流行ってますが、私は正直こっちの方が好きです。
もともとウイスキーよりブランデーの香りの方がすきなんですが、それにフルーツの香りがプラスされて、ほんといい香りで飲みやすい。紅茶に入れても美味しそう♪
最初、計量スプーンは何に使うのかと思ったのですが、密封瓶からすくうのにちょうどいいです(笑)
これが無くなったら、今度は残りのブランデーで、是非りんごのお酒を作ってみたいと思いました。

d0122397_23265225.jpg




さて・・・明日からも残業の日々です(;;) 今月はしばらくこの調子かも?
とりあえず、また気合入れて頑張りますね。。。
[PR]
by candy-sarry | 2012-05-06 23:38 | Cooking | Comments(0)

きゅうりドレッシング

レシピブログさんから頂いた埼玉県産春きゅうり。ピクルスや流行の塩麹で浅漬け風にしたりして堪能させていただきました。
そして・・・最後のレシピは、きゅうりを摩り下ろして爽やかなドレッシングにしてみました。
ドレッシングにしようと思ったのは、実は最初にこれを作った時です。ヨーグルトときゅうりも案外よく合うんですよね?!
わさびのピリ辛さもいいんですが、辛いものが苦手な方やお子様には隠し味適度に入れると、香りがよくなりますよ。
また、普段お造りで食べる貝柱とも相性抜群です。 是非、お試しくださいね。

【きゅうりドレッシングのサラダ】 2人分
d0122397_21552618.jpg
 貝柱(お造り用)・・・5個
 レタス・・・2~3枚
 きゅうり・・・1/2本
 トマト(大)・・・1/2個

◆ドレッシング(作りやすい量)
 きゅうり(摩り下ろし)・・・1/2本
 ヨーグルト・・・大さじ2
 マヨネーズ・・・大さじ2
 塩・・・少々
 わさび・・・適量(小さじ1/2~1)

① レタスは洗って食べやすい大きさに手でちぎり、きゅうりは3~5mmくらいの輪切り、トマトも食べやすく角切りにしておく。
② 貝柱は厚みを半分に切る。
③ ドレッシングの材料をよく混ぜ合わせる。(塩とわさびはお好みで味をみながら加減してください。)
④ レタスときゅうりの上に貝柱をのせ、彩りよくトマトを散らす。
⑤ 食べる直前にドレッシングをかける。

d0122397_21545855.jpg
 
     春きゅうりを使った料理レシピ
   春きゅうりを使った料理レシピ

[PR]
by candy-sarry | 2012-05-03 21:55 | Cooking | Comments(0)