ブログトップ

candy&sarry&・・・

爽やか~☆豚肉とアスパラの柚子昆布茶炒め

何だか今日は急に冷え込みましたが、明日はもっと寒くなるのだとか。
皆さん、お出かけの際は暖かい恰好で、風邪などひかないように、お気を付けくださいね。

さて、寒くなっていると柚子が美味しい季節でもあるのですが、柚子はとってもいい香りで大好きです。でも、自宅近くのスーパーでは結構お高かったりするので、日持ちもするし、産直に行った際にまとめて買ってきます。

今日は、そんな柚子と調味料代わりに昆布茶を使った簡単な炒め物です。

d0122397_23164989.jpg


【豚肉とアスパラの柚子昆布茶炒め】 1人分

◆材料◆
豚切り落とし肉・・・100g
アスパラ・・・2本
玉ねぎ・・・1/4個
柚子(花柚子)・・・小1/2~1個
こんぶ茶・・・小さじ1/2
酒・・・小さじ1/2
胡麻油・・・小さじ1/2
塩・・・適量
ブラックペパー・・・適量

◆作り方◆
① 豚肉にこんぶ茶と酒を手で揉み込んで、胡麻油をからめておく。

② アスパラは4等分に切り、玉ねぎは繊維に沿って薄切りにする。
  柚子は皮の黄色い部分だけを剥いて刻み、中身は半分に切って種を取り除いておく。

③ フライパンを中火で熱し、①と②を加えて炒める。

④ ③に火が通ったら、塩こしょうで味を整える。

⑤ ④に柚子皮を散らし、柚子果汁をぎゅっと搾り入れひと混ぜし、すぐ火を止める。
  (もしくは、火を止めてから、柚子皮と果汁を加えてもOK)
d0122397_23173284.jpg


柚子は1/2~1個と書きましたが、柚子の大きさやお好みで調節してください。
ちなみに、私は酢橘くらいの小さな花柚子の皮を1/2個分と、果汁は1個分使用しました。
柚子皮予めは刻んでもいいし、直接フライパンに黄色い部分だけをすりおろしながら加えてもいいですよ。その場合は火を止めてから加えてもOKです。
④では塩の代わりに醤油を軽く隠し味程度にひとまわししても美味しいです。
また、こしょうの代わりに一味唐辛子でもいいですよ。
胡麻油は最初に豚肉にからませただけですが、炒める時に焦げ付くようなら、追加してください。

これ、ささっとできるので、お弁当のおかずにもOおススメです。

d0122397_23161182.jpg


今回使用したこんぶ茶は、この秋で創業100周年という玉露園様の記念としていただいたものです。
玉露園様では創業当時から「北海道産羅臼昆布」を使い原料にこだわったこんぶ茶を作っているそう。

d0122397_22412264.jpg


以下、玉露園様より・・・
”こんぶ茶が「ドライマウス」に有効であるということもメディアで話題になっているのをご存知でしょうか。

「ドライマウス」は口の中の唾液が減って口の中が渇く症状で、味覚障害や口臭の原因にもなるものです。加齢とともに増えるもので、この症状を抱える人が全国に約800万人いるという推計があります。

こんぶ茶に豊富に含まれるグルタミン酸などの「うまみ」成分が味覚を刺激して唾液を分泌させるいうことで、東北大学の教授が考案して注目を集めています。

レモンや梅干しといった「酸味」が唾液を分泌させることはよく知られていますが、「うまみ」成分の方が「酸味」より唾液が分泌される時間が長く続くため効果が高いそうです。

今回のモニターに当選された方は、ぜひご自分だけでなくお父さんやお母さん、またおじいちゃんやおばあちゃんにも試してもらってみてくださいね。”


ということで、今回のものではないのですが、以前(→)にもモニターとしていただいたものがあったので、ちょうど今日実家に行った際にそちらをお裾分けしてきました(^m^)

こんぶ茶はそのまま飲むだけでなく、こうしてお料理の調味料や出汁代わりにも使えて、とっても便利なので、常備しておくと何かと重宝しますよ。
玉露園様の昆布茶はもう何度かモニターさせていただいてレシピUPしたりもしてるので、参考までにその時の記事をリンクしておきますね!

●こんぶ茶を使って・・・
  ・豚肉とパプリカの昆布茶炒め→
  ・牛肉と糸コンのしぐれ煮→
  ・かぼちゃの煮物(ココナッツ風味)→
  ・蓮根のサラダ)→
  ・きゃらぶき(山蕗の佃煮))→
  ・豚肉と小松菜のあんかけ)→
  ・明太バターうどん→
  ・お茶漬け&蕪の浅漬け →

●梅こんぶ茶を使って・・・
  ・おくらの梅こんぶ茶和え →
  ・焼き茄子と豆苗の素麺 →

  ※ 蓮根サラダ、豚肉と小松菜のあんかけ、お茶漬け、浅漬けは、梅こんぶ茶でもOK!

また、他にも色々と活用させていただきたいと思います(^-^)v

玉露園ファンコミュニティファンサイト参加中

***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2016-12-10 23:35 | Cooking | Comments(0)