ブログトップ

candy&sarry&・・・

ひと手間加えて(^^♪ ザ・ホテル・カレーdeプチ贅沢なひととき☆彡

昨日の鍋焼うどんに引き続き、今日も温めるだけでOKなレトルトカレーですが、ちょっとしたアレンジでプチ贅沢(^^♪

d0122397_06175.jpg


ターメリックライスに塩茹でした野菜(アスパラ、人参、蓮根)をたっぷりと添えて。
アクセントにブラックペパーを挽いて・・・ライスの上にのっているのはクランベリーです。
まろやかで濃厚なコクのカレーに、ブラックペパーのピリリとした辛さとクランベリーの甘酸っぱさがアクセントとなり、グリルやソテーではなく、あえて塩茹でした野菜のさっぱりとした甘さに、ターメリックライスの華やかな色と香りが引き立ちます。

d0122397_23384397.jpg


ほうれん草のソテーと牡蠣フライをトッピング。ご飯は雑穀米です。
ワインとキャロットラぺ(レシピ→)も添えて・・・。
深いコクのあるカレーを、女性に嬉しい鉄分とミネラルが豊富なカレーに仕上げました。

今回のカレーは、ハウス食品様の「ザ・ホテル」シリーズの中から・・・。

d0122397_23442466.jpg


茹で野菜たっぷりの彩りカレーには、緑の箱の「ザ・ホテル・カレー <まろやか中辛> 」
約6分の1になるまで炒めた玉ねぎ、じっくり煮込んだブイヨン、特製カレーパウダーの美味しさがとけ込んだ艶のある“なめらかソース”のカレーです。
バターと生クリームのまろやかで濃厚なコクと、甘く芳ばしい香りが楽しめます。

ほうれん草と牡蠣フライのカレーには、赤い箱の「ザ・ホテル・カレー <コクの中辛>」
約6分の1になるまで炒めた玉ねぎ、じっくり煮込んだブイヨン、特製カレーパウダーの美味しさがとけ込んだ艶のある“なめらかソース”のカレーです。
赤ワインの華やかにひろがる深いコクと、甘く豊かな香りの贅沢なおいしさが楽しめます。


このシリーズは以前にもモニターさせていただいたことがあるのですが、さらに進化しており、今回のものは湯煎だけなく、箱のまま電子レンジで温めることもできるのだそう。
今までの商品って、レンジ調理では器に移し替えるのが当然だったのですが、箱のままOKだなんて、初めてかも?!

d0122397_23551992.jpg


箱を開けて、↑こんな感じでレンジに入れて加熱します。
袋は蒸気が抜けるようになっています。

d0122397_23561190.jpg


いやぁー、便利ですねぇー! こんな風にレンジでお手軽にできるなんて、嬉しいです。
今回はもちろん早速どちらもレンジで温めてみましたよ。どうせなら、茹で野菜もレンジ調理すれば、もっと簡単で鍋も使わずに済んでよかったですよね?!(と、後から思いました^^;)

d0122397_039833.jpg


いつものカレーも、こんな風にちょこっとアレンジするだけで豪華な一品に早変わり(^o^)/
よければお試しくださいね。

d0122397_0405417.jpg

d0122397_0411512.jpg


そうそう・・・こちらは以前にもモニターさせていただいたことがあると言ったのですが、その時の様子をハウス食品様のサイトで、しかも一番最初にご紹介してくださっています→
ただ、゛ブログで”と書いていただいてるにもかかわらず、ブログ名も記事へのリンクもなくて・・・それだけが残念です(><)
ちなみに、その時のブログ記事はこちらです→



***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2016-12-09 01:01 | Cooking | Comments(0)