ブログトップ

candy&sarry&・・・

夏場は冷たく冷やして☆レモングラス香る大根の煮物

猛暑続きの毎日に。冷た~く冷やした爽やかな煮物はいかがですか?
いや、やっぱり煮物は温かい方が好き!って方には、もちろん温かくても美味しいですよ。

d0122397_0214197.jpg


大根の煮物と言えば、どちらかと言えば冬のイメージだと思いますが、それを夏向きにアレンジしてみました。 レモングラスが爽やかに香り、さらに冷たく冷やして・・・暑い夏でもさっぱりといただけます。
食べる時にはレモングラスは取り除いてくださいね!

【レモングラス香る大根の煮物】 4人分

◆材料◆
大根・・・1/2本
薄揚げ・・・1/2枚
エリンギ・・・1本
GABANレモングラス・・・20本
水・・・300cc
めんつゆ(2倍濃縮タイプ)・・・大さじ2
本みりん・・・大さじ1
塩・・・小さじ1/2

◆作り方◆
① 大根は2cm位の厚さに切り、皮を剥き、耐熱皿に並べてふんわりとラップをしてレンジで加熱する。(600~700wで10分程度、竹串が通るくらいまで加熱する。)

② 薄揚げは縦半分に切り、横に1cm位に切る。
  エリンギは縦4等分にし、横半分に切る。

③ 鍋に水~塩までを入れ、沸騰したら①と②、レモングラスを加えて10分程煮る。
  (大根が固い場合は、柔らかくなるまで煮る。)

④ そのまま冷まして味を含ませる。
(冷めたら冷蔵庫でさらに冷たく冷やして、召し上がれ♪ お好みで一味唐辛子や辛子を添えても◎)

d0122397_0365346.jpg


大根の下茹でには、お米のとぎ汁で煮るのがアクも抜けていいのですが、暑い夏にはなるべく火も使いたくないってことで、レンジで簡単に。
この段階で柔らかくなるまで加熱しておくと、その後はことこと長時間煮る必要もなく、薄揚げとエリンギに火が通ればOK! その後、一度冷ますことで中までしっかり味もしみ込みます。
温かい方がお好きな方も、一旦冷まして味を含ませてから、食べるときにまた温めてくださいね。
(冬場、温かい煮物を作る際も同じです。)
また、今回はめんつゆ使用で、出汁をとる手間も省きました。

特にどおってことはない煮物ですが、先日の「アボカドとトマトのわさび醤油和え」(→)と同じく、スパイスを加えることで、いつもの煮物もちょっと趣きが変わり、ワンランクUPです。
そう、これも既に先日の画像にあった通り、お家居酒屋の一品です。
(まぁー、そのために作ったのではなく、たまたま前日に冷蔵庫に作り置きしてたものですけどね^^;)

d0122397_0463782.jpg


レモングラスは、先日のキャラウェイとは異なり、多少多めに使っても大丈夫です。
その名前の通り、レモンのような爽やかな甘い香りで、東南アジアのお料理ではスープや煮込み料理の香りづけに、また刻んで肉や魚にまぶしてにおい消しにと使われます。
こちらの代表料理としては「トムヤンクン」が有名で、ハーブティにしても爽やかな風味が楽しめます。

さわやか風味の料理レシピ
さわやか風味の料理レシピ  スパイスレシピ検索

さっぱり&さわやか風味の夏レシピにお役立ちのスパイスたち↓

d0122397_0545869.jpg


この大根の煮物に、さらにキャラウェイを散らしてもまた風味が変わって面白いですよ。
(その場合、キャラウェイは一緒に煮込まなくても、器に盛り付けてからトッピングするだけでOK!)
レモングラス+キャラウェイで、何気ない和風の煮物が一気にアジアンチックになります(^m^)

d0122397_143198.jpg


***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2016-08-25 00:47 | Cooking | Comments(0)