ブログトップ

candy&sarry&・・・

カカオニブde大人の味わい

先日のミロゼリーですが、お家用にはこんなシンプルなトッピングも用意してみました。

d0122397_23334317.jpg


これ、何だと思いますか? ・・・って、しっかり後ろに写ってたりしますが(^^;
チョコレートだと思った方は、半分正解!

d0122397_23345195.jpg


チョコレートの原料であるカカオ豆を燻製し、砕いたシンプルなスーパーフードプレミアムロウカカオニブなんです。
(カカオ豆を砕いてフレーク状にしたものを『カカオニブ』といいます。)

カカオ豆はその栽培地域では『神の食べ物』といわれるほど、高い栄養価を誇ります。
人間が体の中で合成することのできない『ポリフェノール』を豊富に含んでいます。
1日平均で1000㎎~1500㎎のポリフェノールを摂取すると健康に良いとされていますが、赤ワイン1杯あたり250㎎~450㎎と、毎日摂取するにはなかなか難しい量です。
カカオニブには大さじ1杯あたり約516㎎のポリフェノールが含まれており、間食の代わりにカカオニブを摂ることでカロリーの高い間食を防ぎ、ポリフェノールも摂取できるのです。

また、人の腸内で分解されにくい食物繊維繊維『リグニン』が豊富なため、物理的な刺激によって整腸作用を発揮。
更にリラックス効果があるとされる『テオブロミン』も含まれています。

d0122397_23365088.jpg


ビー・ガーデン様の「プレミアムカカオニブ」は、カカオの品種の中でも希少な『クリオロ種』のカカオを原料としており、その特徴は豊かな香りとまろやかな味で、苦味が他の品種と比べて少ないこと、なのだそう。

そう・・・カカオって、香りはチョコそのものなので、一瞬甘いものと錯覚してしまいますが、実はそれ自体はとっても苦いんですよね?!
一時期、カカオ成分の多いチョコが流行りましたが、ビターチョコ好きであれば72%や80%くらいはとっても美味しくいただけるのですが、99%となると全く甘みはなく、さすがにそのままでは苦すぎて食べづらかった記憶が。。。

d0122397_23425448.jpg


でも、ミロゼリーにトッピングすると、甘いゼリーと苦みのあるカカオニブの相乗効果で、カカオの香りが引き立ち風味も増して、一気に大人の味わいとなり、美味しい~♪

d0122397_001856.jpg


他には、お手軽にヨーグルトにトッピングしたり・・・

d0122397_23483093.jpg
 

カカオニブのカリカリとした食感もアクセントになり、美味しいです。

ブラウニーやクッキー、パンに入れて焼いても、絶対美味しいと思います。
アイスにトッピングもいいですね!
今度やってみよっと(^^♪

BeGarden~ビー・ガーデン~ファンサイト参加中

***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2016-07-29 23:59 | Sweets & Bread