ブログトップ

candy&sarry&・・・

豆腐の冷や汁

暑い暑いと言っても仕方ないのですが、毎日本当に蒸し暑く、カラダも何だかだるくて・・・。
今からこんな調子じゃ8月はどうなるの?って思いますが、既に少々バテ気味です(><)
職場はクーラーがきいてて涼しいのですが、外気との差にカラダがついていきません。

d0122397_22362486.jpg


きっと私だけでなく、そんな方も多いですよね?
そんなこんなで食欲が落ち気味の方もいらっしゃるかと思い、今日はこんなものを作ってみました。
これなら、食欲がなくてもさらっと食べることができますよ!

d0122397_2247237.jpg


【豆腐の冷や汁】 2人分

◆材料◆
豆腐・・・150g
きゅうり・・・1/2本
白いり胡麻・・・大さじ2
いりこ(煮干し)粉末・・・大さじ2
味噌・・・大さじ2
ウェルネスエィビーミルク(スキムミルク)・・・20g
水・・・300cc

生姜すりおろし・・・半かけ分
柚子こしょう・・・適量
大葉(青しそ)・・・2~3枚
みょうが・・・(あれば)1個

梅干を加えて炊いた雑穀ご飯(白ご飯や麦ご飯でも)・・・茶碗2杯分

◆作り方◆
① すり鉢に胡麻を入れてすりこぎですり、半ずりくらいになれば、いりこと味噌も加えてすり混ぜる。
d0122397_22462068.jpg

② よく混ざったらすり鉢の内側に薄く貼り付けるように伸ばし、直火で軽く焦げ目が付くまで香ばしく焼く。
 (もしくは、アルミホイルの上に薄くのせ、オーブントースターで焦げ目がつくまで焼いてもよい。)
d0122397_22463068.jpg

③ すりこぎですり混ぜながら、水を少しずつ注ぎ入れてのばす。
d0122397_22463975.jpg

④ ある程度のびたら、ウェルネスエィビーミルク(スキムミルク)も加えて、さらに分量の水を加えて混ぜる。
d0122397_2246464.jpg

⑤ 手でほぐした豆腐、輪切りの胡瓜を混ぜて、冷蔵庫で良く冷やす。
d0122397_2247155.jpg

⑥ 冷えた汁を温かいご飯にかけ、大葉やみょうがの千切りをのせ、お好みですりおろし生姜または柚子こしょうを添える。
d0122397_22483467.jpg

冷や汁は、宮崎の郷土料理として知られていますが、健康食としてのイメージも高く、食欲の落ちる暑い夏の夏バテ対策としても食べられています。
そんな冷や汁に、今回は免疫ミルク「ウェルネスエィビーミルク」を加えて、さらにパワーアップ!
(免疫ミルク「ウェルネスエィビーミルク」についてはこちら→

d0122397_22343899.jpg


そして、雑穀ご飯にも一工夫。
炊く時に梅干を1つのせて炊いて、炊きあがったら梅干の種を取り除いて、実はほぐしてご飯に混ぜます。
梅干を一緒に炊くことで傷みにくく、また梅の酸味が冷や汁にとってもよく合い、食欲増進です。
(ちなみに、梅干は、昔ながらのしょっぱ酸っぱいものを使ってます。)

d0122397_22354153.jpg


いりこ(煮干し)は粉末のものを使い、手間を省きましたが、焼いてほぐした鰺なんかでも美味しいですよ。

d0122397_230967.jpg


味噌を焼く時は、小さめのすり鉢をコンロに直接ふせて焦げ目をつけましたが、周りが少々焦げちゃいました(><) 火傷にも注意です。(危ないので、コンロに伏せるときは、必ず浮かして隙間を開けて置いてくださいね。)
オーブントースターの方が均一に焦げ目がつき、危なくなくていいかもしれません。
でも、この焦げ目が香ばしくて美味しいので、ここは省略しないでくださいね。
どうしても面倒な場合は、水で少しのばしてから鍋に移して味噌汁のように火を入れる方法でも構いませんが、その場合、免疫ミルク「ウェルネスエィビーミルク」は必ず冷ましてから加えてください。

ウェルネスエィビーミルク

兼松ウェルネスファンサイト参加中

これ、ご飯以外に素麺やうどんにかけても美味しいですよ(*^-^)
また、かけなくてもご飯のお味噌汁代わりやつけ麺にして食べてもOK!

d0122397_23124984.jpg


夏の元気をつくる!おいしい健康&おすすめ夏野菜レシピ!

***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2016-07-12 23:15 | Cooking