ブログトップ

candy&sarry&・・・

その日の気分に合わせて楽しむ(^^♪ クラフトセレクトビール

世界には100種類以上のビアスタイルがあると言われていますが、最近は日本でも色々なビールがありますよね?!
もともと日本のビールは、ラガータイプ(下面発酵)のものが主流でしたが、最近はエールタイプ(上面発酵)のものもあって、人気だったりします。
・・・という私の最近のお気に入りは、サントリープレミアムモルツの香るエール。
これをいただいて、初めて私は自分がラガーよりエールビールが好きだったんだってことに気づかされました。

実は、今まで下面発酵や上面発酵と言われても???だったんですがね(^^;
この香るエールを初めていただいたときに、色々調べて勉強しました。
いやぁー、こんな時、ネットって便利ですよね?! なので、ここで私が説明するより、気になる方はネットでひいてみてください。色々でてきますから。。。

・・・といつになく、前置きが長くなりましたが、今日ご紹介したいのは、そんなエールビール好きの私の元に届いた嬉しいビールたち。(→

d0122397_2195828.jpg


クラフトセレクトビールは、プレミアムビールにこだわるサントリー様の限定醸造ビールです。
それぞれに味わいが異なり、その日のお料理や気分に合わせて、楽しめる3種類のエールビール。
どれを選べばいいかわからない時にも、缶の後側には丁寧な説明もありますよ^^

d0122397_2110414.jpg


届いてまず最初にいただいたのが、「爽やかに香るペールエール」

北米産のホップを使用した柑橘系の爽やかな香りが特長のエール(上面発酵ビール)です。
北米産のカスケードホップをふんだんに使用することで柑橘を思わせる爽やかな香りと苦味を実現しています。

d0122397_2110266.jpg


合わせたお料理は、牛肉とにんにくの芽の炒め物。下にたっぷり敷いたキャベツの千切りと共にいただきます。
肝心の「ペールエール」は、爽やかな香りで、すっきりとした味わい。
この3種類のなかでは苦味もあるけど、ラガーに比べればやはり苦みは少なく、お肉の脂っこさをさっぱりと洗い流してくれる感じ。エールビールらしいビールです。

d0122397_21451046.jpg


お次にいただいたのは、今回一番気になった「フルーティーに香るヴァイツェン」

ヴァイツェンとはドイツ語で「小麦」という意味。小麦麦芽を50%以上使用し、上面発酵酵母を使用して醸造したビール。
フルーティーな香りと、穏やかな苦味が特長。

d0122397_21104615.jpg


合わせたお料理は、黒オリーブのライスコロッケ(レシピはこちら→)とオレンジと新玉ねぎのマリネ。
このビールは思った通り、フルーツやオリーブなんかとよく合います。ビール自体が本当にフルーティで、苦みも少なく、とっても飲みやすいです。女性好みかも?!
本来の日本のビール(ラガー)が好きな人からすれば、こんなのビールじゃないって好みがわかれるところだとは思いますが。個人的にはなかなかツボなビールです。

d0122397_21104126.jpg


そして、最後は「華やかな香りのゴールデンエール」

淡い美しい金色が特長のエールタイプのビール。
繊細な麦のコクとバランスのよいボディー感、豊かなホップのアロマが特長のビールです。

d0122397_2111257.jpg


合わせたお料理は、チキンと春キャベツのクリームシチュー(レシピはこちら→)とりんごと新玉ねぎのサラダ。
エールビールには、こういったやさしい味わいのお料理もよく合いますね!
このビールはほんとバランスのとれたエールビールといったところで、香りもいいし、コクもあって◎ 
一番どんなお料理でも合わせやすそうです。

d0122397_21105693.jpg


う~ん、どれもそれぞれに香りと味わいがあって、甲乙つけがたいです。
表現は難しいのですが、やっぱりエールビールはいいですね! 
この軽い飲み口と香り高さは、白ワインにも通じるものがありますよね?!



ちなみに・・・
オレンジのもりんごのも、どちらも似たようなマリネサラダなんですが、こちらは現在試作中。
また、納得のいくものができたら、そのうちレシピ公開予定です。

***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2016-04-29 22:16 | Cooking