ブログトップ

candy&sarry&・・・

簡単!おくらの梅こんぶ茶和え

もう1品というときにも、ささっとできるこんな和え物はいかがですか?

d0122397_21582242.jpg


【おくらの梅こんぶ茶和え】  2人分

◆材料◆
おくら・・・8~10本
梅こんぶ茶・・・小さじ1/2
胡麻油・・・小さじ1/2

◆作り方◆
① 沸騰した湯に塩少々(分量外)を加え、おくらを茹でる。
d0122397_21583727.jpg

② おくらのヘタを切り落とし、斜め半分に切る。
d0122397_21585072.jpg

③ ②を梅こんぶ茶とごま油で和える。
d0122397_21585782.jpg


ここにすりごまをプラスしてもいいですし、胡麻油の代わりにマヨネーズでも美味しいです。
おくらは、ちょっとしたひと手間ですが、茹でる前に塩をふりかけておくらとおくらをこすり合わせて洗うと、うぶ毛がとれて口当たりも見た目もよくなりますよ。

d0122397_2213251.jpg


↑朝10分で作ったお弁当は、おくらの梅こんぶ茶和えの他に、自家製冷凍のハンバーグ、春キャベツとしめじのハーブソルト炒め、スクランブルエッグ、雑穀ご飯(紅生姜添え)。
ハンバーグはこの時(→)多めに作って冷凍してあったもの、紅生姜は月ヶ瀬(→)で買ってきたものです。

さて、今回使用した梅こんぶ茶ですが、玉露園様の『減塩梅こんぶ茶』です。

d0122397_2271333.jpg


『減塩梅こんぶ茶』は、塩分を30%カット(玉露園様 梅こんぶ茶比)しながら、カルシウムやヨウ素などのミネラル分を豊富に含んでいるそうで、梅干しに含まれるクエン酸には、体の疲労物質を取り除いたり、体脂肪をため込まない効果があります。

d0122397_2284073.jpg


さらさらの粉末の中に梅の粒が入ってて、お湯を入れるとさっと溶けます。

d0122397_2285034.jpg


減塩ながらも昆布の旨味はより豊富に感じられ、ほのかな梅の酸味が美味しいです。
昆布茶を飲むと、何だかほっとしますよね?!(*^-^)

d0122397_22124643.jpg


昆布茶は、そのまま飲むだけでなく、今回のようにお料理の調味料や出汁代わりにも使えるし、お茶漬けなんかにもいいですね!(↑は、ご飯に梅昆布茶とちぎった海苔、わさびを加えて、お湯をかけたものに、沢庵を添えただけ。)
また、ちりめんじゃこと共にご飯に混ぜて、おにぎりにしても美味しそう♪ 
常備しておくと、何かと重宝します。

今回は梅こんぶ茶でしたが、以前には同じく玉露園様からいただいた昆布茶もご紹介してます。(→★1★2

玉露園ファンコミュニティファンサイト参加中

***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2016-04-12 22:32 | Cooking