ブログトップ

candy&sarry&・・・

ゼラチンとアガーの違いって? 今度はゼラチンno水ゼリーde5種類のアレンジ♪

先日はアガーで作った水ゼリーのご紹介(こちら→と、こちら→)をしたのですが、今日はゼラチンで作った水ゼリーです。
モニター投稿期日が今日なので、本当にぎりぎり滑り込みで、すみません(^^;

d0122397_23561960.jpg


ゼラチンとアガーの違いって? まずはそこから・・・。
簡単には、ゼラチンは、動物性(コラーゲン)、アガーは植物性(海藻)で、ゼラチンの方が低温で溶けだし、一度溶けると固まりにくく、それに対してアガーは高温で溶けるため、常温でも溶けだすことはありません。また一度溶けても再度固めることができます。
口当たりや食感もそれにより異なり、体温でも溶けるゼラチンは口に含むとすぐに溶けだします。

d0122397_23503829.jpg


ちょうど今回ニッタバイオ様からいただいた冊子に、わかりやすくまとめて書いてくださってますので、そちらを見た方が、一目瞭然ですね!

d0122397_0253343.jpg


コラーゲンのニッタバイオラボファンサイト参加中

では、簡単ではありますが、ゼラチンで作った水ゼリーのレシピです。

【ゼラチンの水ゼリー】

◆材料◆
ゼラチン・・・5g
水・・・300cc

◆作り方◆
① 耐熱容器に水を入れ、レンジで60℃位に加熱する。
② ①にゼラチンをふり入れ、よく混ぜて完全に溶かす。
③ 器に入れて、粗熱がとれたら、冷蔵庫で冷やし固める。

これだけです(^m^)はい。 ねっ?!簡単でしょ?!
アガーは鍋で煮溶かしましたが、ゼラチンは煮沸すると固まりにくくなるので、要注意です。
45℃くらいで溶けるので、まぁーあまり低すぎても完全に溶けきらないのですが、60℃もあれば十分です。

d0122397_06348.jpg


さて、こうして作ったゼラチンの水ゼリー。今回は色々な容器で固めて遊んでみました。

d0122397_23555453.jpg


そして、まずはグラスで固めた水ゼリーが↑top画像になるのですが、水ゼリー入り珈琲フロートにしてみましたよ。

グラスの中の水ゼリーをスプーンでかき混ぜてざっくりと崩し、アイスコーヒーを注ぎ、バニラアイスをトッピングすれば出来上がり(^^♪

↓氷じゃーありませんよぉ~! キラキラして、とっても綺麗(*^o^)

d0122397_23592488.jpg


同じ要領で崩した水ゼリーをグラスに入れて、オレンジジュースを注いだものがこれ↓
飲むゼリーです。

d0122397_021175.jpg


他の容器で固めたものは、そのままアイスとフルーツをトッピングしていただいたり・・・
ゼラチンでゼリーを作る際には、生のトロピカルフルーツ(パイナップル、キウイ等)を入れると固まらないのですが、こうして後乗せならだいじょうぶですよねっ(^ー^)v
     ただ・・・これじゃ、肝心なゼリーが見えてませんが・・・(^^;
ここに、さらにオリーブオイルをたら~りとひとまわししてもGood!

d0122397_0452931.jpg


アガーの時と同じように、黒蜜ときなこをトッピングしても美味しいです。
     こちらもゼリーが・・・見えない(><)

d0122397_064822.jpg


↓これは、自家製の柚子茶をたっぷりトッピングしただけのもの。
これだけでも美味しいんですよぉ~^^

d0122397_073284.jpg

d0122397_074234.jpg


水ゼリーはそれ自体には何の味もついてないので、トッピングや混ぜるものによって、色々な味を楽しむことができます。
人が集まる時なんかにも、水ゼリーは話題性があっていいですし、色々トッピングを用意しておけば、お好みに合わせて味や甘さを調節できていいですよね?!

今までは、ゼラチンにしろ、アガーにしろ、ゼリー自体に何かしら加えて、水だけでゼリーを作ろうなんて思ったこともなかったのですが、実際やってみると、なかなか奥が深く、面白いです(^^♪
皆さんも一度作ってみてはいかがですか? ゼリーの認識が変わりますよ(^m^)
たかが水!と言っても、ゼラチンやアガーの量を調節すれば、固さや食感も自由自在。水だけで作れば、調節もしやすく失敗することもないし、是非お好みの分量を見つけてくださいね!

***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2016-03-18 23:59 | Sweets & Bread | Comments(0)