ブログトップ

candy&sarry&・・・

使い切り!柚子活用法<その3>柚子茶から2種のジャム(マーマレード)

使い切り!柚子活用法として、<その1>ではまず皮の黄色い部分のみお料理用にそぎ取り、果汁でポン酢を作り、種からはペクチンを抽出しました。(→
<その2>では、残った皮の白い部分と内袋で柚子茶を作りました。(→

そして、今回の<その3>では、柚子茶からのジャム(マーマレード)作り。
ジャムは毎年作ってますが、一旦柚子茶を作り、そこからさらにジャムを作るのは初めてです。
柚子茶とジャム(マーマレード)の違いについては前回<その2>で書きましたが、要は火入れをするかしないかなので、柚子茶からのジャム作りとは・・・すなわち、柚子茶に火を入れたら、ジャムになるというわけです(^^;
柚子茶から作ると、火入れの時間をぐっと短縮できますよ。

d0122397_23492585.jpg


本来、柚子ジャムは柚子を丸ごと使って作る方が、断然美味しいに決まってます。
皮の黄色い部分も加えた方が色味も香りもよく、果汁(果実)を加えた方が酸味も加わり風味豊かに仕上がります。
でも、私は欲張りなので、フルブラ(→)に始まり、あれもこれも作りたいということで、たいがいは最終的に残った白い皮と内袋だけで作ることになります。
ですので、正確にはジャムではなく、マーマレードなのですが・・・ね。

d0122397_2350473.jpg


今回はそんなマーマレードですが、2種類作ってみましたよ。
1種類目(↑真ん中とtopの画像)は果汁が入ってない分を、市販のオレンジジュースで補い、もう1種類(↑右端)は紅茶で風味づけしてみました。
前回、柚子茶を作ったときに紅茶に柚子茶を入れて飲んだら美味しかったので、今回は逆に柚子茶に紅茶をいれてみた次第です。
いつもは香りづけの洋酒等も何かしら加えるのですが、既に柚子茶にはフルブラが入っているので、ここでは必要ありません。
そして、前回の柚子茶(↑左端)と違い、こちらは火入れするためアルコール分は飛んでますので、お子様やアルコールの弱い方でも大丈夫です(^ー^)v

【2種の柚子マーマレード】 それぞれ小瓶2本分

◆材料◆
柚子茶(→)・・・800g(400g+400g)
濃いめに淹れた紅茶・・・80cc
100%オレンジジュース・・・80cc
ペクチン抽出液(→)・・・100cc(50cc+50cc)

◆作り方◆
① 鍋を2つ用意し、それぞれ柚子茶を400g、ペクチン抽出液を50ccずつ入れ、一方にはオレンジジュース、もう一方には紅茶を加える。
d0122397_2333488.jpg

② ①を火にかけて弱火で時々かき混ぜ、底が焦げ付かないように15~30分程煮込む。
d0122397_23342434.jpg

③ ②が熱いうちに、清潔な瓶(できれば煮沸消毒したもの)にギリギリいっぱいまで詰める。
d0122397_23331991.jpg

④ フタをして逆さまにし、冷めるまでそのままおく。 
d0122397_23333892.jpg


冷めるとさらにトロミがつくので、かなりゆるいかな?と思うくらいで火を止めても大丈夫です。
瓶に詰める際は、火傷しないように気を付けてくださいね!

d0122397_2359225.jpg


柚子茶は火入れしていない分、マーマレードに比べると柚子のフレッシュ感がありますが、マーマレードは火入れしているので柚子茶より日持ちもし、糖分を減らすこともできます。
(今回は柚子茶から作っているので、柚子茶としては日持ちさせる意味ではもう少し糖分を多くして、逆にマーマレードはもう少し減らしても大丈夫です。)
そのあたりは、お好みでどうぞ。

d0122397_23584537.jpg


柚子茶やマーマレードは、リプトン イエローラベルの紅茶と共に、朝食のパンやヨーグルトに添えて(^^♪
紅茶に入れて飲んでも美味しいですよ。

d0122397_015496.jpg


ひらめき朝食の料理レシピ
ひらめき朝食の料理レシピ


***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2016-01-15 23:59 | Sweets & Bread | Comments(0)