ブログトップ

candy&sarry&・・・

秋の味覚♪ 栗おこわ

そろそろ新米が出回ってますね!
秋の味覚である栗と新米に、ちょっとこだわりの塩を使って、シンプルなおこわを作ってみました。

d0122397_13412728.jpg


【栗おこわ】3~4人分

◆材料◆
うるち米・・・1合
もち米・・・1合
栗(皮つき)・・・300~350g
塩・・・小さじ2/3
酒・・・大さじ1
水・・・270cc
黒ごま・・・適量

◆作り方◆
(下準備)栗は一晩水につけておき、皮を剥き、大きければ半分くらいに切る。
d0122397_13431488.jpg


① うるち米ともち米を合わせて研ぎ、分量の水に30分~1時間ほど浸しておく。

② ①に塩と酒を加え、栗をのせて炊飯器で普通に炊く。
d0122397_1342560.jpg


③ 栗をつぶさないようにさっくりと混ぜ、茶碗に盛り、黒ごまを散らす。
d0122397_13412728.jpg


今回使用したこだわりのお塩「二千年塩」

「二千年塩」は、久米島の海洋深層水100%を天日干しにした昔懐かしいニガリをたっぷりと含んだお塩です。現代人に不足しがちなミネラル豊富でまろやかな甘味のある天然塩で、塩分濃度が控え目なので、高血圧の方にもおすすめなんだとか。

d0122397_13463690.jpg


二千年の歳月を地球規模で循環している久米島海洋深層水。久米島沖合の深海612mの深さから取水した海水をそのまま凝縮し、天日干しにした、コクがあり味わい深くまろやかな上質の塩。
そう聞くと、何だかとってもありがたみを感じるようなお塩ですね!

d0122397_13464792.jpg


ebipファンサイトファンサイト参加中

なので、あえて今回は、季節の素材に味付けは塩のみというシンプルさで、とっても美味しいおこわができました^^

栗を剥くのがちょっと大変ですが、頑張る価値はありますよね?!
栗は一晩水につけておくと少し皮が柔らかくなるので、剥きやすいです。
また、すぐに使わない場合は、ひたひたの水から火にかけて沸騰後10分程にてそのまま冷めるまでおき、冷凍保存可能です。
栗ご飯(おこわ)に使う場合は、自然解凍してから同様に皮を剥きます。実は、こうして一度冷凍してからの方が渋皮がきれいに剥きやすかったりもしますよ。
一度お試しくださいね。

d0122397_13411697.jpg


栗は先日、奈良で買ってきた格安のもの。→
半分は上記の方法で冷凍してあります。
一緒にいただいたサラダの柿もその時のものですが、こちらのレシピは既にご紹介済です^^→

***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2015-10-12 14:10 | Cooking