ブログトップ

candy&sarry&・・・

女子会にいかが? 女子が喜ぶ女子好みな簡単メニュー♪

さてさて、前回(→)の“やさしくさわやかな風味が特徴の低アルコール清酒「花の香」”に合わせたお料理のご紹介です(*^-^)

d0122397_2227411.jpg


まず、↓右上の「花の香」ですが、(前回の記事も合わせてみていただければよいのですが)簡単にご説明^^

【花の香701】
今までにない爽やかな風味が特徴の低アルコール日本酒
【花の香702スパークリング】
フルーティで微炭酸の刺激が心地よい低アルコール、スパークリング日本酒

本来、日本酒と言えば、やはり和食に合わせるものというイメージですが、この「花の香」はどちらも軽い口当たりで飲みやすく、和洋中問わず、お食事と一緒に愉しめるとのことでしたので、あえて和食にせず、↓こんな感じのメニューにしましたよ^
どれも簡単なものばかりです。

d0122397_22284278.jpg


【オードブル風の3種盛り合わせ】(↑左上)
・さつま芋のはちみつレモンバター煮
   レシピはこちら→ 今回は、これにバター10gを追加して煮ました。
・パプリカとピーマンの三色マリネ
   パプリカ(赤・黄)とピーマンをオリーブオイル、米酢、ハーブ岩塩、粗挽ブラックペパーで和えたもの。
・茄子入りタンドリーチキン
   耐熱容器にアジアン缶(→)のタンドリーチキンをあけ、乱切りにした茄子と共に、ふんわりとラップをして、レンジでチンしたものを盛り付けて、千切りにした青しそをトッピング。

【ミネストローネ風味のロールキャベツ】(↑左上から2番目)
 ロールキャベツを煮込んだスープには、「32種の野菜のとろ実」(→)とHouseスパイスクッキング「ミネストローネ」使用。
 今回のものとはスープが少し違うけど、ロールキャベツのレシピは、この時にも→

【ツナと舞茸の豆乳クリームパスタ】(↑右上から2番目)
 スパゲティを茹でている間に、バターで舞茸と玉ねぎを炒め、小麦をふりかけてさらに炒めて、豆乳とツナ(缶詰)を加えてトロミがつくまで煮てソースを作り、茹で上がったスパゲティーを加えてさっと絡める。

【ガーリックバケット】(左下から2番目)
 市販のバケットにバターを塗り、パパン「ガーリックトースト」をふりかけてオーブントースターで焼いただけ。

【コーンサラダ】(↑右下から2番目)
 レタス、キャベツ、きゅうり、プチトマト、コーンのシンプルなサラダ。自家製イタリアンドレッシングまたはマヨネーズで。

【2種の丸パン】(↑左下)
 ほうれん草のパンと、玄米のパン(どちらも近所の焼きたてパン屋さんで購入したもの。(ちなみに、バケットも同じところで購入。)

【ジャーマンポテト】(↑右下)
 レシピはこちら→ 
 今回は、マジックソルトではないハーブ岩塩を使用し、最後にパプリカパウダーもふりかけました。

いかかですか? どれも簡単でしょ?!
ロールキャベツは前日に煮込んでおき、トロトロの仕上がりに。パプリカのマリネとさつま芋のはちみつレモンバター煮も前日に仕込んで、冷蔵庫で寝かせておきます。その方がどれも味が染みて美味しいし、当日は他のものをささっと作ればいいだけなので、手間も軽減できて◎

d0122397_23322790.jpg


「花の香」は、日本酒でありながら、オレンジのような華やかな香りで、シャンパンや白ワインに似た味わい。
なので、思った通り、こんなお料理とのマリアージュも最高!
「花の香」は、冷酒やワインが大好きな私好みの清酒でした。まさにツボで、また飲んでみたいと思わせるお酒です。
どちらも、ハーフボトルサイズの375mlじゃー足りないくらい(^^; 特に女子会でわいわいって時には、乾杯だけで、あっという間になくなってしまうので、もっと大きなサイズ(フルボトル)があれば嬉しいかも?!

花の香酒造MONIPLAファンサイト参加中

ちなみに・・・明日は待ちに待ったボジョレー・ヌーヴォの解禁日でもありますが、今回の「花の香」のために作ったお料理は、もちろんボジョレーのような軽めのワインにもぴったりですよ。

***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2014-11-19 23:50 | Cooking | Comments(0)