ブログトップ

candy&sarry&・・・

涼を求めて・・・奈良の天川村へ

梅雨が明けてから猛暑日が続く毎日。こんな日は外に出たくない・・・と言っても、いいお天気の休日に家でゴロゴロしているのももったいない! と言うことで、少しでも涼しいところへ行きたくて、先週の土曜日に出かけた先は、霊峰・大峯山系などの標高1000~2000m級の山々に囲まれた奈良県吉野郡天川村。天川村は、豊かな自然が残る関西の秘境で、夏の平均気温が22~23℃という絶好の避暑地。

水が冷たくて、とっても綺麗! 
日差しは強いものの、足を水に浸けると、す~っと暑さもひき、ヒンヤリと冷たすぎてじっとしていられないくらい。

d0122397_17355050.jpg

d0122397_1736093.jpg

d0122397_17352937.jpg


近くには、古くから大峯山の登山者用に利用されていた洞川温泉もあり、古い旅館が立ち並ぶのどかなところです。

d0122397_17464053.jpg


川で遊んだり、少し辺りをブラブラして、お昼は鍾乳洞へ向かうモノレール乗り場のすぐ近くにあるお蕎麦屋さんへ。
ここのお蕎麦は、信州や北海道の風味豊かなそば粉と天川村の名水、ごろごろ水(日本の名水百選にも指定されている洞川湧水群の1つ)で打ったそばで、手打ちならではのコシと喉ごしのよさが特徴なのだとか。

d0122397_17523711.jpg


ほんと、コシの強い蕎麦でした。もちろん蕎麦も美味しかったけど、この名水で作った豆腐もなかなかでした。
あと、奈良と言えば柿の葉寿司も外せませんよね? 柿の葉寿司はというと、こちらはかなり塩分強めの鯖でした。(この暑い季節だから余計かな?)

さて、腹ごしらえも済んだところで、お目当ての鍾乳洞へ。
鍾乳洞へはモノレールで向かいます。もちろん歩いていくこともできるですが、結構な急斜面で、この暑い季節にはとてもとても・・・(苦笑)。 なので、帰りだけ歩きましたよ。

d0122397_1864312.jpg

d0122397_186494.jpg


標高820mの山の中腹に広がる鍾乳洞の中は、なんと年間気温8℃の極寒。
1周約280mの洞内には、ストロー状のものなど、珍しい鍾乳石が多く、県の文化財にも指定されているそう。
鍾乳石は1cm伸びるのに、約10年かかると言われているんですよ。

d0122397_18272562.jpg


ほんと、涼しい・・・というか、寒い! 私達が行った時、洞内の温度計はちょうど10℃をさしていました。

この後、温泉に入って帰ろうか少し迷ったのですが、結局入らずに、産直で野菜をたくさん仕入れ帰宅の途へ。
でも、今回はそれが正解だったのかも?
・・・というのは、帰宅途中でのこと。 大淀町にさしかかると、夜店が出て人だかりができていました。 ゆかたの人もいっぱい! これは何かある?と通りがかりの信号で、車中からガードマンに訊ねたところ、花火大会があるもよう。 臨時駐車場も無料で完備されている。・・・となれば、これは寄っていくしかないでしょう!(^o^)/

d0122397_18403622.jpg


ゆるキャラのよどりちゃんは梨をイメージ? 
川原で打ち上げられた花火は、今年ちょうど10周年を迎えるとかで、豪華版の2000発。
ごく真近で見ることができ、なかなかの迫力。ハート型の花火なんかもありましたよ。
見るのに夢中で、写真は綺麗に撮れませんでしたが、スマホの動画は、臨場感あふれる音まで入ってバッチシ(^-^)v

これだけの花火でも田舎なので、帰り道が渋滞することもなく、とっても素敵なサプライズでした。

大阪は今日は天神祭りですが、きっとすごい人混みだったのでしょうね?!
数年前に一度行ったことがありますが、本当に人が多すぎて・・・人ごみにどっと疲れて帰ってきた覚えがあります・・・。

***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2014-07-25 21:36 | その他 | Comments(0)