ブログトップ

candy&sarry&・・・

ザ・ホテル・カレー&ハヤシdeプチ贅沢なひととき♪

突然ですが・・・夏場の暑い時って、何だか無性にカレーが食べたくなりませんか?

d0122397_051176.jpg


ちょうどそう思ってる時に、グッドタイミングで届いたハウス食品様の「ザ・ホテル」シリーズ。
“まるで伝統ホテルで味わうかのような特別な時間をお届けします。”というこのシリーズは、どれも“約1/6になるまで炒めた”という玉ねぎが入った艶のあるなめらかソース。

d0122397_044861.jpg


↑top画像は、この中から一番にいただいた“煮詰めた赤ワインの奥深いコク”の「芳潤ワイン仕立て」(赤い箱のもの)。
ターメリックライスに、有り合わせの野菜(じゃが芋、茄子、いんげん豆)をオリーブオイルで焼いてトッピングました。
私も家でカレーを作る時には、その時々に応じたっぷり赤ワインを入れますが、コクがでて美味しいんですよね?!
これも食べる前にイメージした通り、煮詰めた赤ワインと、じっくり煮込んだブイヨン、約1/6になるまで炒めたという玉ねぎの甘みも感じられ本当に奥深い味わいとなっています。

d0122397_0243024.jpg


↑そして、こちらは“焙煎したスパイスの豊かな香り”の「芳香スパイス仕立て」(青い箱のもの)。 
黒米入りご飯に、目玉焼きと産直の甘いトマト、我が家のプランターのイタリアンパセリをトッピングして。

d0122397_0254769.jpg


半熟の卵をくずしながら一緒に食べると美味しい♪ トマトの甘さやパセリの風味もよく合います。
スパイスの香りと辛みが一番カレーらしさを感じさせます。
私はあまり辛すぎるカレーは苦手なのですが、このシリーズは玉ねぎのせいか、中辛と言いつつも、結構甘めな感じがします。その中では、これが一番辛みもあるかな?

d0122397_0423814.jpg


↑お次は“バターと生クリームの濃厚なコク”の「まろやかリッチ仕立て」(緑の箱のもの)
こちらは、少し遊んでみました^^ ご飯をおにぎりを作るように丸め、目や鼻は海苔で貼り付けて白くまちゃんのカレーに。
なかなかかわいくできて、テンションUP。 完全に自己満足の世界(^^;
このシリーズは、大人のためのカレーということですが、そんなに辛くないし、こんな風に盛り付ければ、女子だけでなく、きっと子供さんも喜びますよね?!
同じ要領で、うさぎやパンダなんかも作れそう!

d0122397_0312772.jpg


↑そしてそして、最後は“特製デミグラスソースと焦がしバターの濃厚なコクと香り”の「ハヤシ」
こちらはご飯ではなく、パスタにかけていただきました。
粉チーズと実家の庭からいただいてきた大葉(青しそ)を千切りにしてトッピング。

d0122397_035985.jpg


これはホント大人のためのハヤシライスソース(オレンジの箱のもの)。
ブランデーと赤ワインで香りづけしたというデミグラスソースに、焦がしバターの風味が何とも贅沢な一品です。
個人的にはマッシュルームもたくさん入っていて嬉しい(*^-^)
合わせた粉チーズや大葉の風味もマッチして絶品でした!

***
こういう1人分のソースって、残業で遅くなったときやお1人様ランチにとぉ~っても重宝するんですよね?!
(1人分と言いつつも、このソースは1箱200gと、かなり多めな気がします。そこも嬉しいポイント?)
これっ、本当は、ふたりで2種類のソースをシェアすることができる"合いがけカレー"などいかがでしょう!ってことだったのですが、結局1人で全部いただいちゃいました(><)
家でカレーを作るとどうしても一度にたくさん作ってしまうので、4種類の色々な味がいただけ、カレー自体は温めるだけでもいいのですが、こうして色々トッピングしたり、ご飯を変えてみたりとアレンジ・・・ これぞ、プチ贅沢ですよね?!

家で作るカレーとはまた一味違って、色々と楽しませていただきました♪



***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2014-07-05 01:15 | Cooking | Comments(0)