ブログトップ

candy&sarry&・・・

月ヶ瀬のひげ茶de茶葉ふりかけ

先日の月ヶ瀬梅渓で買ってきたひげ茶(茎茶)と月瀬福(梅大福)で、早速お茶することに(*^o^)

d0122397_23284626.jpg


月瀬福(先日のピンクの包みの箱)は、抹茶入りの求肥に白あんと青梅が丸ごと1つ種ごと入った梅大福で、上品なさっぱりとした甘さで美味しい~♪

d0122397_23355238.jpg


ひげ茶とは、茎茶のことで、通常のお茶は茶葉を用いますが、主に葉というより茎の部分が主体のお茶。
月ヶ瀬では、このひげ茶がたくさん売られてます。
通常の茶葉よりずっと安価で、現地ではどのお店も100g100円くらいで売られていました。
私が購入したもの(→)で300gです。
300gって、一見かなり量が多いように思いますが、一度に使う量も通常の茶葉よりずっと多く、そんなに入れて大丈夫?ってくらい、びっくりするくらいの量を入れます。

d0122397_23404750.jpg


↑使用前(左)、使用後(右)って感じですが、お湯を入れる前後。
ホント一度にたくさんの量を使うので、茶がらもそのまま捨てるのがもったいない感じ。
それに何だかとっても美味しそうでしょ?!(^m^)

なので、お茶をいただいた後の茶がらを使って、ふりかけを作ってみましたよ(^-^)/

d0122397_234827.jpg


茶殻をごま油で炒め、ある程度水分がとんだら、白胡麻、とろろ昆布、かつお節も加えてさらに炒め、醤油と酒、みりん(全て同量)で味付けし、焦がさないようにさらに水分をとばして出来上がり。
分量はちゃんと量ってませんが、アバウトでOK。
ちりめんじゃこを加えてもいいと思います。

これが、また簡単だけど、とっても美味しい。
白いご飯にはもちろん、おにぎりやそのままお酒のおつまみなんかにしてもいいですよ。
お弁当にも大活躍です。

普通の茶葉だと一度に使う量が少ないかもしれませんが、出がらしと言えども茶葉には栄養がたっぷり残ってます。
そのまま捨てたりせず、是非一度、作ってみてくださいね!

***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2014-03-25 23:58 | Cooking