ブログトップ

candy&sarry&・・・

免疫力UP!金柑の甘露煮

今日は節分でしたね。
・・・と言っても、仕事で帰りが遅くなったこともあり、我が家では恵方巻きも豆まきも何もなし。
福豆はあらかじめ買ってあったので、とりあえず年の数だけ、豆を食べましたが・・・ね(^^;

なので、今日はモニターに追われ、UPしそびれていた↓こちらを(*^-^)

d0122397_2259278.jpg


シンプルな材料で作ってみました^^

【金柑の甘露煮】

◆材料◆
金柑・・・240g
三温糖・・・100g(重量の約50%)
米酢・・・20cc

◆作り方◆
① 金柑は綺麗に洗ってヘタをとり、包丁で縦に4~5箇所切れ目を入れる。
d0122397_22593171.jpg

② 金柑とひたひたの水を鍋に入れ、沸騰してから3分程茹でる。
d0122397_2259567.jpg

③ 茹でた金柑を冷水にとり、1時間程水に浸してアクをぬく。
  ※ ここで切れ目に竹串を入れ、種を1つ1つ取り出しておくと食べやすい。
d0122397_230777.jpg

④ ③の水気をきって鍋に入れ、ひたひたの水と酢、砂糖を入れて煮る。
d0122397_2301691.jpg

⑤ 煮汁がとろっとしてきて、金柑が柔らかく煮えたら火からおろす。
d0122397_2302460.jpg

⑥ ⑤が熱いうちにシロップ(煮汁)ごと密封瓶に詰め、そのまま冷ます。
  ※ 長期保存したい場合は、煮沸消毒した瓶にぎりぎりまで詰め、蓋をしてさかさにし、そのまま冷ます。
d0122397_2303469.jpg


金柑は、古くから咳止めやのどの痛みを抑える薬用にも用いられてきましたが、栄養の面でも非常に優れた柑橘類です。
とくに皮の部分には、ビタミンCやカルシウムが豊富で、実の部分にもビタミンA(カロチン)B1、B2、C、カルシウム、カリウム、ナイアシンなどが含まれているそう。
カルシウムが含まれている果実なんて、他にはありませんよね?
ビタミンAとCは、共に粘膜を強くする作用がありますので、風邪で荒れたのどを治すほか、粘膜の抵抗力を高めますので、風邪の症状がなくても常食していれば、風邪の予防にも効果バツグン。
また、動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病の予防に役立つビタミンEもたくさん含まれているそう。

あんな小さな果実の中に、こんなにもたくさんの栄養と効果があるなんて、驚きですよね?!
皮も果実も丸ごと全部いただいちゃいましょう!(^o^)/

d0122397_2324269.jpg


ちなみに、今回の金柑は、年末に職場のグランドになってるのをいただいてきたものだったりします。(→
↓大きなレモンと小さな金柑。 なおさら金柑が小さく見えますね(^m^)

d0122397_23214935.jpg


金柑と言えば、先日レシピブログさんで金柑シロップがご紹介されていました。
もう少し早ければ、そっちを作ってみたかったかも?!
ちょうど、この甘露煮を作った少し後くらいだったので・・・残念!

***
レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2014-02-03 23:29 | Sweets & Bread