ブログトップ

candy&sarry&・・・

あったか♪鶏ポトフ

最近ホント寒いですね! 朝布団から出るのがつらくなってきました。
そんな寒い日には、温かい煮込み料理や鍋物が恋しくなります。

d0122397_23475483.jpg


コンソメやブイヨンは使用せず、シンプルに味付けは塩のみで、素材の味を最大限に引き出しました。
2種類の塩を用い、また骨付きの肉を使うことで、より一層旨味が引き立ちます。

塩が決め手の料理レシピ
塩が決め手の料理レシピ


【鶏肉のポトフ】 2~3人分

◆材料◆
d0122397_2350431.jpg鶏骨付きぶつ切り肉・・・300~350g
じゃが芋・・・2個
人参・・・1/2~2/3本(80g)
玉ねぎ・・・1個
ブロッコリー・・・1/3株
ローリエ・・・1枚
白ワイン・・・50cc
バター・・・10g
あらびきブラックペパー・・・適量
伯方の塩 焼塩・・・適量
フルール・ド・セル(塩の花)・・・小さじ1/2~1
あらびきマスタード・・・適量

◆作り方◆
① じゃが芋、人参、適当な大きさ(鶏肉に合わせ、大きめ)に切り、煮崩れを防ぐため面取りしておく。
  玉ねぎは皮を剥いて、6~8等分のくし型に切る。
  ブロッコリーは小房に分けて、塩少々を加えた湯で、茹でておく。
d0122397_23483548.jpg

② 厚手の鍋にバターを熱し、しっかり目に塩(焼塩)こしょう(ブラックペパー)した鶏肉の表面を中火で焼き付ける。
  表面に美味しそうな焼き色がつけば、一旦鍋から取り出す。(中まで火が通らなくて可)
d0122397_23484475.jpg

③ ②の鍋で人参とじゃが芋を炒め、全体に油がまわってじゃが芋の表面が少し透き通る感じになれば、鶏肉を戻し入れる。
d0122397_23485364.jpg

④ ③の鍋に白ワインと400ccの水、ローリエを加え、沸騰したらアクをとり、フルール・ド・セルを加えて蓋をして10分ほど煮る。
d0122397_2349292.jpg

⑤ 玉ねぎを加え、さらにじゃが芋と人参、玉ねぎが柔らかくなるまで煮て、火を止める直前にブロッコリーも加えて温める。
d0122397_23491070.jpg

⑥ 器に盛り、フルール・ド・セルをふりかけ、あらびきマスタードを添える。
d0122397_23491893.jpg

最後(いただく時)にフルール・ド・セルをふりかけるので、煮込みの際の味付けは薄めに仕上げてください。
(煮込んでる途中に水分が少なくなった場合は、水を足してくださいね。)
ローリエは、そのままより半分に折ってから加えると、より香りがたちます。(食べる時には取り出してくださいね!)

私はこれを作るのに保温鍋を使いました。なので、沸騰してから火にかけた時間は、実はたったの5分程。
後は、2~3時間程放置しておくだけで鶏肉もほろっと骨からとれるくらい、じっくり煮込んだみたいな仕上がりに(^m^) 
火にかけているわけではなくので、ついておく必要もなし。
時間はかかりますが、冬場なら朝、仕込んで、そのまま保温鍋に入れて仕事にいけば、帰ってくればまるでじっくり煮込んだみたいにトロトロに仕上がりに。それでいて、保温鍋なら野菜が煮崩れる心配もなし。
逆に、時間がない時は圧力鍋が便利。 さらに、併用すればもっともっと便利。
でも、鍋でコトコト時間をかけて、様子を見ながら煮込むのもいいもの。
その時々によって、色々使い分けてます^^

d0122397_23482347.jpg


レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2013-12-15 23:52 | Cooking