ブログトップ

candy&sarry&・・・

冬のおもてなしに♪牡蠣尽くしはいかが?

何だかホント急に寒くなりましたよねぇー(><) いきなり夏から冬って感じ。。。

鍋や煮込み料理が恋しくなる季節です。
特に人が来た時なんかは、皆でワイワイ鍋を突くのも楽しいし、用意する方も楽でいいですよね?!
でも、鍋だけではちょっと・・・って時は、もう少しだけ頑張って、牡蠣尽くしなんていかがですか?

d0122397_0243432.jpg


酢牡蠣でもいいのですが、私は生が少し苦手なので・・・
まずは、「牡蠣の酒蒸し」をつきだしに、鍋が出来るまで「牡蠣フライ」をつまみつつ、メインはやっぱり「牡蠣の土手鍋」、そして〆は牡蠣めし、という具合(*^-^)

少し長くなりますが、簡単にレシピとポイントをご紹介しますね!

【かきの酒蒸し】
洗ったかきを小鍋に入れ、ひたひたの酒を加えて中火にかけ、蒸し煮にする。(かきの身がしまってぷっくりと丸くなったら火を止める。)
器に白髪ねぎを入れ、その上に蒸し煮にしたかきをのせ、5mm位の長さに切った三つ葉を散らし、ポン酢と一味唐辛子をかける。(お好みでごま油もほんの少し落としても良い。)
※ 煮汁はとっておき、ご飯に使用するとよい。
d0122397_022414.jpg


【かきフライ】
洗ったかきに小麦粉+卵(または水)を溶いた衣をつけ、パン粉をつけて、サラダ油で揚げる。
キャベツの千切りとレモン、タルタルソースを添えていただく。
d0122397_0341132.jpg


【かきの土手鍋】
土鍋のフチに味噌を土手のように塗りつけ、そっとだし汁+酒を注ぎいれる。
かきと野菜(白菜、三つ葉、白ねぎ、もやし等)やきのこ類(椎茸、しめじ、えのき等)、豆腐を入れて味噌の土手を崩しながら煮る。
お好みで一味唐辛子をかけていただく。
d0122397_0364584.jpg


牡蠣めしだけは、ちょっとわかりづらいと思うので、詳細に・・・。

【かきめし】 2~3人分
d0122397_0514560.jpg
◆材料◆
米・・・1.5合
かき(小粒)・・・150g
海の精「炊き込みごはんの味」(→)・・・1袋
酒・・・大さじ1
三つ葉・・・適量
大根おろし・・・1/2カップ(かきを洗うためのものなので、なくても可。)

◆作り方◆
<下準備>
① 米は炊く30分位前に研ぎ、水に浸しておく。

② かきに大根おろしを加えて手で混ぜ、かきをつぶさないようにそっと軽くもむようにして、かきの汚れを大根に移す。
  大根おろしが灰色になれば、流水でかきを洗って大根おろしを落とし、ザルにあげて水気をきる。
  大根おろしを使わない場合は、海水くらいの塩水でふり洗いをし、最後は同様に流水で洗い水気をきる。

③ 三つ葉は、洗って長さを1cm位に切る。

<かきの下煮>
① 小鍋にかきと酒、炊き込みごはんの味を入れて中火にかけ、かきの身がしまってぷっくりと丸くなったら火を止める。
d0122397_0125924.jpg

② ザルにあげ、煮汁とかきを分けておく。
d0122397_0133884.jpg


<炊飯>
① 米はザルにあげて水気をきり、炊飯器に入れる。
  かきの煮汁に水を足して270ccにして、炊飯器に加え、普通に炊く。
d0122397_0171731.jpg

② 炊き上がったら、かきを加えて10分程蒸らす。
d0122397_0153887.jpg

③ しゃもじで全体をさっくりと混ぜ、茶碗に盛り、三つ葉を散らす。
d0122397_0553928.jpg

今回は、簡単に「炊き込みごはんの味」で作りましたが、普段はかきの下煮と炊飯時で2段階にわけて、それぞれ調味料で味付けしています。
◎参考までに・・・  
 <かきの下煮用> 酒・・・大さじ1、みりん・・・大さじ1強、しょうゆ・・・小さじ1
 <炊飯> かきの煮汁+しょうゆ(小さじ1)+酒(大さじ1)+塩(小さじ1/4)+だし汁で270c 

海の精 炊き込みごはんの味 ショップページ
海の精ショップファンサイト参加中

***
ここで、ちょっとしたポイントを(^-^)

※ かきは、まとめて洗ってある程度大きさ別に分け、大きなものから順に鍋用、フライ用、酒蒸し用、ご飯用とする。
  あまり大きなものがない場合は、フライ用より酒蒸しに大きなものを使用し、フライは2つずつくっつけて衣とパン粉をつけて揚げるとよい。
  逆に、小さなものがない場合は、ご飯用は下煮後に適当な大きさに切って混ぜ込んでもよい。

※ かきめしに、かきの下煮の煮汁と合わせて、かきの酒蒸しの煮汁も使用する。(その分、水またはだし汁を減らす。)

※ だし汁は、炊き込みごはんの味を使用しない場合、ご飯用と鍋用まとめて先に作って冷ましておく。 

※ 三つ葉は、酒蒸し用、ご飯用を先にとりわけておき、残りを鍋用として、それぞれ長さを切り分ける。

※ 白ねぎは、なべ用にカットする前に酒蒸し用に5cm程切り、縦に切り目を入れて芯を取り除き、開いて端から細く切り、白髪ねぎを作る。残った芯の部分も鍋に使用。 

d0122397_0445848.jpg
 

いかがでしたか? 鍋だけより、やはり頑張った分、おもてなしっぽくなりますよね?!
これからの季節に是非・・・(^o^)/

***
そうそう、余談ですが・・・
今回一緒にいただいた↓このお酒美味しい~♪  
発泡性の清酒で、ちょっと甘いのですが、もともと冷酒やワインが好きなので、スパークリングワインやシャンパンっぽい感じもして、ツボでした。 職場の女性が奨めてくれたのですが、清酒にしてはアルコール度数も5度と低く、ホント女性好みのお酒だと思います。

d0122397_174967.jpg


レシピブログのランキングに参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーもポチっとしていただけたら嬉しいです。


    
[PR]
by candy-sarry | 2013-11-12 23:55 | Cooking | Comments(0)