ブログトップ

candy&sarry&・・・

野菜だしdeころころポテト&即席きのこスープ

おつまみにも、お子様のおやつにもお奨めの「ころころポテト」。 またお弁当のおかずにもどうぞ^^
ハロウィンには、じゃが芋をかぼちゃに代えて作ってもいいですよ♪

d0122397_21561063.jpg


熱々をほおばると、中からはチーズがとろ~り♪

d0122397_2157882.jpg


そんな「ころころポテト」の味付けには、モニターとしていただいた株式会社エース様の「キタノセレクション 国産 野菜だし」を使用しています。

d0122397_2284574.png
セロリ、にんじん、たまねぎ、にんにくの4種類の国産野菜の甘み・うま味をバランス良く配合し、それぞれの野菜の持ち味を十分に引き出した深いうま味とコクのある「野菜だし」。
動物性原料、化学調味料、保存料不使用なので、体に優しく、さっぱりとした口当たりの上品な料理に仕上がります。

■だしの取り方
1,約400ccの水を入れた鍋の中に野菜だしを1袋入れます。
2,沸騰したら中火にして、約3~4分間煮出し、だしパックを取り出します。

だしそのものにしっかりと味がついているので、ブイヨンベースとしても、また、パックを破って調味料としてもお使いいただけます。

 ※ 詳しくはこちら →キタノセレクション 国産 野菜だし

中は↓こんな感じで、使いやすいサイズのお茶のような紙パックになっており、そのまま鍋に入れてダシをとって簡単に取り出せる上、パックを破れば調味料としても、用途に応じて2通りの使えるなんて、とっても便利ですね(^o^)/

d0122397_2235756.jpg


何だかダシをとるだけでは勿体ない気がして、今回はパックを破って使ってみました。
↓中を開けると、ところどころに人参と玉ねぎの粒が見えます。セロリとにんにくは粉末(微粒子)になっているよう。 
少し指につけて舐めてみると、それぞれの野菜の風味と共に、結構塩分が感じられます。

d0122397_2222172.jpg


なので、他の調味料は使わずに、ダシと味付けは野菜だしonlyで・・・。

【ころころポテト】 8個分

◆材料◆
じゃが芋・・・2個(200g)
ベビーチーズ・・・2個(30g)
牛乳・・・大さじ1
野菜だし・・・2/3パック
小麦粉・・・適量
サラダ油・・・適量

◆作り方◆
① じゃが芋は柔らかく茹でて皮を剥くか、レンジでチンしてマッシュし、パックから取り出した野菜だしと牛乳をよく混ぜ合わせる。
d0122397_21545431.jpg

② 4等分(x2)に切ったベビーチーズを①のじゃが芋で包み、ピンポン玉くらいの大きさに丸める。
d0122397_2155570.jpg

③ ②に薄く小麦粉をまぶし、多めに油を敷いたフライパンで、転がしながら表面にまんべんなく美味しそうな焦げ目がつくまで揚げ焼きにする。
d0122397_21551469.jpg


そして、残った野菜だしで、簡単「きのこスープ」も(^-^)/

d0122397_220289.jpg


こちらは、「ころころポテト」でパックを開けた野菜だしの残り1/3を使ったもの。
鍋に150ccのお湯を沸かし、パックから取り出した野菜だしと適当にカットしたきのこ類(今回は椎茸とえのき)を加えて、再度沸騰させただけ。きのこ類に火が通れば出来上がり! 溶き卵なんかを加えてもいいですね。 野菜だしにしっかり味がついてるので、味付けはこれだけで十分ですが、器に入れて、アクセントにブラックペパーをガリガリとしました。

こうしてパックを破ってスープにすると、人参と玉ねぎのドライ粒が戻された感じで、野菜そのものであることがよくわかります。
パックを破かずにダシをとれば、透明な澄んだ上品なスープが出来上がりますが、こうしてパックを破いて野菜そのものを味わうのもまたいいのではないかと思いました。

また、ポテトは簡単にごく普通のフライドポテトを作って、塩の代わりにこの野菜だしを直接まぶすだけでも美味しいのではないでしょうか? 
他にはオムレツや卵焼き、グラタンやシチュー、ピラフなんかに使っても美味しそう。
洋風のおダシ兼調味料として・・・本当に使い勝手がよく、様々なものに応用できそうです。

北野エースファンサイトファンサイト参加中


[PR]
by candy-sarry | 2013-10-16 23:08 | Cooking