ブログトップ

candy&sarry&・・・

緑のお次は・・・赤いソースで?!

一見、ごく普通の鶏唐揚げ? ・・・ですが、実はこれにはある珍しい調味料が使われてます^^

d0122397_23134017.jpg


それは、マキ屋フーズ様の琉球チリソース「紅コク」

d0122397_2230521.jpg


「紅コク」は、沖縄伝統発酵食品「とうふよう」の製造技術を応用して作られたものだそうです。
「とうふよう」は、豆腐を紅麹、黄麹、泡盛、塩などの漬け汁に漬け、発酵・熟成させますが、「紅コク」は、その漬け汁に豆乳を加え、やんばる産の島唐辛子を漬け込みます。約2週間ほど発酵・熟成させた島唐辛子は辛みに丸みが帯びてきて、さらに豆乳を加えたことで旨味成分であるアミノ酸が加わり、辛さの中にもまろやかな旨味が味わえる「辛旨調味料」に仕上がりました。とのこと^^
このキレイな赤い色は、紅麹の色なんですねぇー。

今回は、そんな「紅コク」を使ってレシピ考案するのではなく、同封されていた“紅コクおすすめレシピ”を実際に作ってくださいというもの。
なので、同封されていたレシピより、まずは↓こちらの【鶏のから揚げ ~紅コク風味~】をセレクトして作ったものが、top画像の唐揚げってわけです(^-^)v

d0122397_23111629.jpg


レシピ通り、紅コクに醤油、みりん、ごま油、おろしにんにく、おろし生姜を加えた漬けタレに、鶏肉を一晩漬け込んでから、片栗粉をまぶして揚げてます。

d0122397_23202692.jpg


漬けタレは、分量通りでは少し多くてもったいない気がしました。そんなにしょうゆやみりんを使わなくても保存袋で揉みこむようにして絡め、一晩おけば十分味がしみます。
レシピに書かれている半量でもOKです。ただ、しょうゆやみりんは減らしても(お好みですが)「紅コク」は思ったほど辛くはないので分量通りでいいと思います。
それでも、食べるとほとんど辛みは感じられませんでしたので、お子様でも大丈夫だと思います。
(逆に辛いのがお好きな方は、これにレッドペパーを少し加えてもいいかもしれません。)
紅コクは塩糀などと同様、発酵食品なので、コクと共に漬け込むことでお肉が柔らかくなる効果もあります。
広告品のお安い鶏肉でも、美味しくいただくことができました^^

d0122397_23315619.jpg


そうそう、唐揚げに添えてあるのは、「紅コク」と一緒にいただいたシークヮーサーですよ♪
シークヮーサー、だぁ~い好き(^3^)/
これまたこちら(関西)ではなかなか手に入らない貴重なものなので、とっても嬉しいです。
マキ屋フーズ様、ありがとうございましたm(_ _)m

マキ屋フーズファンサイト参加中

レシピブログのランキングにも参加しています。
励みになりますので、↓下記バナーをポチっとしていただけたら嬉しいです。


[PR]
by candy-sarry | 2013-09-24 23:43 | Cooking