ブログトップ

candy&sarry&・・・

ほんのりピンク色♪ 苺の冷製スープ

KUKKUストロベリーパウダーを使って、今日はやさしいピンク色のスープを作ってみました (´∀`)

d0122397_23305511.jpg
 

【苺の冷製スープ】 2人分
d0122397_013071.jpg
◆材料◆
ストロベリーパウダー・・・大さじ2
玉ねぎ・・・1/4個
牛乳・・・200cc
水・・・100cc
バター・・・10g
薄力粉・・・小さじ2
顆粒コンソメ・・・小さじ1
塩、こしょう・・・適量
パセリ(ドライ)・・・適量

◆作り方◆
① 玉ねぎは粗みじんに切り、バターで弱火で焦がさないように炒め、しんなりしたらさらに薄力粉も加えて炒める。
② ①にストロベリーパウダー(全部)と牛乳(100cc)を少しずつ加えて木べらでのばすように混ぜ合わせる。
③ なめらかなクリーム状になったら、さらに少しつづ水を追加して同様にダマにならないようにのばしていく。
④ 残りの牛乳も一気に加え、顆粒コンソメ、塩、こしょうで少し控えめに味を整える。
⑤ フードプロセッサーで、玉ねぎをつぶしなめらかなスープにし、さらに足りなければ塩、こしょうで味を整える。
⑥ 冷蔵庫で冷たく冷やして、器に盛り、ストロベリーパウダー(分量外)とパセリを散らす。

d0122397_2342445.jpg


このスープは、もちろん温かくしていただいても美味しいですよ。
冷製の場合は、あればフレッシュな苺を4等分くらいに切ったものを1個分浮かべるとさらにいいかも?(^m^)

言われなければ気づかないかもしれませんが、ほんのり苺味。 でも・・・正直、玉ねぎの味の方が勝ってる気がします。 もう大さじ1ほどストロベリーパウダーを増やしてもいいと思います。(個人的にはもう少しストロベリーパウダーを増やしたいところだったのですが、今回モニターでいただいた分がもうほとんど残ってなくて・・・。)
もう少し時間と量があれば、他にも苺のピラフなんて作ってみたかったりしたのですが・・・ね(^^;

d0122397_2331731.jpg


そうそう、先日のストロベリーヨーグルトソースの残りは、こうして湯剥きして一口大にカットしたトマトにそのままかけるだけでも、ちょっとオシャレな感じになると思いませんか?

d0122397_032952.jpg


こちらは和風献立でいただきました。 
ちょっとしたことですが、ピンクのソースがかかったトマトがかわいいでしょ?! もちろん、味も◎
普通のトマトがフルーツトマトのように、フルーティにより甘くなります。このソーススティックサラダのディップとしても、生野菜にも温野菜にも合うと思います。
  
さらにこれでまたほんの少しだけ残ったソースは、わかりづらいかもしれませんが、オリーブオイルをプラスして↑の苺のスープと共にいただいたパスタに絡めて使いきりましたよ(^m^)
あっ!↑のメインのお料理は、また別のモニター品を使ったので、明日レシピご紹介させていただきますね!

d0122397_03479.jpg


以前はフルーツを食事に使っているものって、ちょっと苦手だったりしたのですが、色々なモニターをさせていただいてるうちにだんだんとそうではなくなり、最近すごく美味しいと感じるようになりました。 思えば、フルーツブランデーのお陰だったりするかもしれません。
このフルーツを使ったお料理って、お砂糖や甘味料とは違ったフルーツにしか出せない甘酸っぱさや香りがいいんですよね! 最近それがよくわかってきました。。。

これからは、フルーツも積極的にお料理に使いたいと思います。
このパウダーは、また改めてそう感じさせてくれるものでした。 今回のモニターでのお題が「パンやスイーツではなく、甘くないお料理」だったことに、感謝・・・かな?!^^
パウダーフーズフォレスト株式会社さん、このような機会を与えてくださり、本当にありがとうございましたm(_ _)m

【無添加パウダー・クック】無添加の製菓・料理用パウダー
パウダーフーズフォレストファンサイトファンサイト参加中
[PR]
by candy-sarry | 2013-07-12 23:59 | Cooking | Comments(0)