ブログトップ

candy&sarry&・・・

アメリカ旅行記 ~ シェーカー・ビレッジ ~

マサチューセッツ州にある「ハンコック・シェーカー・ビレッジ」に行ってきました。

d0122397_16592822.jpg


ロックウェル(→)同様、予備知識が何も無かったので、日本に帰ってから調べました(^^;

【ハンコック・シェーカー・ビレッジ(Hancock Shaker Village)】

共同生活を送るキリスト教の一派で、今では数が少なくなってしまったシェーカー教徒の生活様式を再現した野外博物館。
ピッツフィールドにあるビレッジは19世紀に実際にあったコミュニティのひとつで、20の建物、農場、ハーブガーデンなど、往時の生活そのままで保存されています。
収穫祭や工芸品のワークショップ、織物、伝統的な食事など、さまざまなイベントも実施。
併設のショップでは、収穫された農作物の加工品や工芸品、家具、織物製品など購入することができます

シェーカー教は、アメリカボストンのマサチューセッツ州(ニューヨークの北側)で、マザー・アン・リー率いるキリスト教から1747年に分離した宗教です。
そもそもこのシェイカーはシェイク(SHAKE)から来ており、礼拝時に身体を揺らして独特な踊りをするそうです。
共同生活、男女平等、禁欲、独身主義、勤勉、質素を心がけ、建物も含め、ほとんどすべてのものは手作りでつくられていたそうです。


昼から行ったのですが、中はとっても広くて、駆け足で廻りました。 
朝は雨だったにもかかわらず、昼からはとってもいいお天気で暑くて・・・汗だく(^^;
d0122397_17261811.jpg


一番真ん中の石造りの目立つ建物は、農機具庫? 実際に農作物もたくさん作られてました。
d0122397_17281655.jpg


糸を紡いで布を織り、織物製品を作るところ、イスや靴、ほうき、カゴ等の工芸品を作るところ・・・
ほとんどすべてのものは手作りでつくられているというだけあって、本当に様々な作業場がありました。
d0122397_1729283.jpg


共同生活の場や・・・
d0122397_17292460.jpg


車庫とこんな古い車も。
d0122397_1729515.jpg


学校もありました。
d0122397_17302127.jpg


家畜もたくさん^^ 他には、にわとりやターキーなんかもいました。  
ひよこや鴨のヒナがかわいい♪ (ちなみに、↓コレは私の手じゃありませんよぉ^^;)
d0122397_17304363.jpg


ひよこ、触らせてもらいました(*^-^)
d0122397_17312429.jpg


ガイドさんがいたり、英語で色々な説明もあったのですが、私にはちんぷんかんぷん(><)
でも、見てるだけでもまぁー何となくわかりましたよぉ。
[PR]
by candy-sarry | 2013-06-11 17:50 | その他