ブログトップ

candy&sarry&・・・

かぼちゃパウンドと煎酒

やさしい色合いのかぼちゃパウンド♪ 
d0122397_20592567.jpg

d0122397_20595931.jpg
私が作ったもの・・・と言いたいところだけど、お友達のIちゃん作です^^
先日、友人宅にお邪魔したときに、頂いてきたものです。
かぼちゃたっぷりで、しっとりとしていて美味しかったです。





例の女3人、真昼間からのワインパーティ第2弾です。(第1弾はこちら→
ほんとはもう一人来るはずだったんだけど・・・あいにく急なお仕事で来れず。残念!
そして、今回も持ち寄りのはずが、結局全てIちゃんのお手製料理ということになってしまい、
私ともう一人の友人でワインとチーズ、ケーキを買っていっただけ(><)
Iちゃんはタジン鍋の蒸し料理他、たくさんのお料理を用意してくれてて、最後にはおもたせのケーキとコーヒーまで頂き、おなかも心もいっぱいになった私達。
Iちゃん作のパウンドケーキは、ずうずうしくもお持ち帰りさせていただいたのでした(^^;

でね、そのお料理の中で、めずらしい調味料に興味津々だった私。




その調味料とは「煎酒(いりざけ)」というもので、友人宅にあったのはコレ

帰って早速ネットで調べてみました。
煎酒とは、日本酒に梅干を入れて煮詰めて作られたものらしい。江戸時代の古い液体調味料で、醤油の普及と共になくなっていったのだとか・・・。
案外簡単に作れることを知り、どうしても作ってみたくなりました(^^;

d0122397_21272865.jpg
そこで作ったのが、こちら→

基本的には、先にも述べたように「日本酒に梅干を入れて煮詰める」のだけど、調べてみると色々なレシピがあり、梅干を焼いてから入れるだとか、煎り米を入れるだとか・・・
う~ん・・・どれがいいんだろう?ってことで、どんなものかもよくわからないまま、無謀にもいきなり自己流レシピで作成(><;)

その無謀なレシピとは・・・
・梅干(塩と紫蘇だけで漬けたかなり塩っ辛いもの使用)・・・6個
・日本酒・・・400cc
・昆布出汁(水に一晩昆布をつけてあったもの)・・・100cc
・鰹節・・・一握り

日本酒に梅干を入れ(味がよくでるよう、お箸でつぶして)火にかけアルコール分をとばしてから昆布出汁も投入し、2/3~1/2くらいになるまで煮詰めてから、鰹節を入れさらに10分ほどして火をとめ、そのまま冷めるまで放置(左下の画像)
冷めたら、ザルにキッチンペーパーを敷いて、こしたら出来上がり(右下画像)
d0122397_21341778.jpg

これをペットボトルに移して、冷蔵庫で保存。(出来上がりは、ちょうど300cc程でした)

d0122397_214989.jpg
1日置いて、味見にざく切りにしてレンジでチンしたキャベツにかけて頂いてみました。
トッピングは、こした梅と鰹(何となく勿体なかったので梅干の種を取り除き細かく刻んで使用^^;)
さっぱりとした即席浅漬けのようで美味しかったですよ。

どう表現していいのかわかりませんが、梅風味の白出汁って感じでしょうか?


その後、温奴にかけたり、昨夜はオリーブオイルと醤油とブラックペッパーを混ぜてサラダのドレッシングにもしてみました。(↓下の画像。ペットボトルの一番安物ボージョレヌーボと共に。。。^^)
d0122397_2202485.jpg

そもそも煎酒ってこれでいいの?・・・かは、おいといて・・・(苦笑)結構何にでも使いやすいです。
でも、やっぱり頂いたものとは全く別物なので(当たり前~!)今度は一度、本物(?)を購入してみたいと思います。
[PR]
by candy-sarry | 2010-11-20 22:08 | Cooking | Comments(0)