ブログトップ

candy&sarry&・・・

ふきのとう

今年はすっかり時期を逃してしまいました。
d0122397_0273864.jpg

と言いつつ、この画像は?って? これはまだサリーがこんなことになるなんて、思ってもいなかった2月初旬のもの。 
早々と見つけました。でも、これだけだったので、天ぷらにしてあっという間になくなっちゃいました。
で、まだこの後あるだろうと思ってたので、今度でいいやとUPもしてませんでした。
ところが、それどころではなくなり・・・(ToT)





d0122397_0342228.jpg
で、先日(と言っても1週間ほど前です)、もうおしまいってことでギリギリ行って来ました。
すっかり開いて大きく伸びてしまってるものがほとんどでしたが、探せばあるものですね。
こんなの(この画像ではわかりづらいですが)でも、天ぷらには向かなくても、咲いた花や茶色くなったところを取り除き、いいところだけ刻んでしまえば使えば大丈夫!
(画像は既に取り除き済み)



花の部分がダメでも、開ききった葉っぱや伸び切った茎の部分は使えます。
葉や茎より、特に花(つぼみ)の部分が一番苦みが強いので、今回みたいにするには逆にいいかもしれません。
d0122397_0402013.jpg
これをさっと湯がいて、3時間ほど水にさらしておき細かく刻み、今年は味噌ではなく佃煮風に^^
水にさらしてる間にじゃこと昆布(小さく切ったもの)を砂糖、みりん、酒、醤油で味付けし柔らかくなるまで煮込んでおきました。
そこに、先のふきのとうの水気を絞り胡麻油で炒めたものを投入し、後はさっと煮るだけで出来上がり。
水にさらず時間はお好みで。(よくさらすほど、苦味が抜けます)


佃煮風と言っても、↓見た目からもおわかりの通り、そんなに佃煮ほど味は濃くしてません。
だから、あまり日持ちはしないけど、また味噌とは違ってたまにはこんなのもいいですよ。
d0122397_0462071.jpg

出来立てより、2~3日おいた方がより味が馴染み、美味しくなります。
[PR]
by candy-sarry | 2010-03-30 01:04 | Cooking