ブログトップ

candy&sarry&・・・

「サントネージュワイン」に合うレシピ

レシピブログさんのモニター企画サントネージュワイン(グランデ 赤 1L 紙パック)をいただきました。
そこでタイトルのお題ですが、こんなところでいかがでしょうか?
d0122397_21295969.jpg

***牛肉とじゃがいもの重ね焼き(2人分)***

d0122397_2223692.jpg 牛バラ切り落とし・・・150g
 じゃがいも・・・中2個
 玉ねぎ・・・小1/4個
 にんにく・・・1片
 クリームチーズ・・・100g
 トマト水煮・・・大2/3缶
 牛乳(あれば生クリーム)・・・150cc
 バター・・・小さじ2
 ハーブ岩塩・・・少々
 ブラックペッパー・・・少々
 コンソメ(顆粒)・・・適量
 粉チーズ・・・適量
 パン粉・・・適量
 パセリ(ドライでも可)・・・適量

① じゃがいもは皮を剥き、半分に切ってから薄切りにする。玉ねぎ、にんにくも皮を剥き、薄切りに。
② バター(小さじ1/2)でにんにくと玉ねぎを香りが出てしんなりするまで炒め、ハーブ岩塩で味付けし取り出す。
③ ②のフライパンにバター(小さじ1/2)を足し、牛肉を炒め、同様にハーブ岩塩とブラックペッパーで味付けし取り出す。
④ ③のフライパンにバター(小さじ1)を足し、じゃがいもを炒め、油がまわり透明感が出てきたら②を戻し入れ、
  牛乳、コンソメを入れ少しトロリとするまで煮込み、ハーブ岩塩とブラックペッパーで味の調整をする。
⑤ バター(分量外)を塗った器に④の1/4量を入れ、その上に③の1/4量を重ね、クリームチーズ(25g)をちぎって
  散らし、トマト1/4も散らす。それを2回繰り返す。(同様に器2個作成。1つで大きく作っても可)
⑥ 最後にパン粉、粉チーズをたっぷりふり、刻んだパセリを散らして、オーブントースター(又はオーブン)で
  焦げ目がつくまで焼く。

* 今回は牛乳使用ですが、あれば牛乳を生クリームに代えるとより一層コクがでます。 
* ここで使用したハーブ岩塩は、ずっと前にも1度ご紹介させていただいてますが、ドイツのアルペンザルツの岩塩に
  ハーブがブレンドされたもので、パセリ、セロリ、オニオン、バジル、ディル、マジョラム、ベイリーフ、ローズマリー、
  オレガノ、タイムが入っています。
* 最後に散らしたパセリは焦げてしまうので、焼いてから散らした方が彩りが綺麗でいいかもしれません。
  こちらもあればイタリアンパセリなら尚可。

パセリ、ほんと思いっきり焦げちゃいましたが、味は良かったので、よし!としましょう(^^;
でも、見かけが悪くなるので、皆さんは気をつけてくださいね。(その見かけ最悪のものをUPする私・・・><)
d0122397_229544.jpg               
               レシピブログの、サントネージュワインモニターへ参加中♪

ワインはやや辛口のライトボディということで、スッキリした味わいでした。
このまま飲むより、私は料理に使いたい感じかな?
甘口より辛口の方が料理には使いやすいし、お手頃価格なのもいいですね。
[PR]
by candy-sarry | 2009-11-10 22:21 | Cooking | Comments(0)